妄想詩人の手記

アクセスカウンタ

zoom RSS 異国迷路のクロワーゼ 第3話「日本迷宮」

<<   作成日時 : 2011/07/19 18:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 34 / コメント 0

木と紙の迷宮にわらの絨毯か。面白い言い草だなぁ。”音”を楽しむ心なんて、日本人がとっくに忘れてしまった文化でしょう。



ほんの100年とちょっと昔のことなのに、とても新鮮に映る日本迷宮。少しづつ湯音のことが語られるようになる中で、改めて、古き日本の姿を訪ねる今作のスタンスが実感できる。温故知新という言葉が、よく似合う作品と言えよう。


自分自身のことだって、比較を介さなければうまく伝達することはできない。日本がどんなところかと聞かれたときに、湯音の代わりにオスカーが様々な特徴を紹介し、一方で外国のことをほとんど知らないクロードがまるきり見当違いの空想を繰り広げる様子は、異文化コミュニケーションの難しさや面白さを端的に表現してくれている。それでも今回は、「音」というファクターを通じて、東西の対極にいるクロードと湯音がお互いの理解を深めることに成功した。


傘の音を楽しむ、という発想は、現代人にはなかなか思いつかないだろうなぁ。でもビニール製の傘でさえ、雨の奏でる色々な音を楽しむことはできる。おりしも今日(7月19日)は台風6号の影響が関東にもようやく出始め、豪雨どころの騒ぎではないまるで滝のような雨が降り注いだわけだが、ずぶ濡れになって大変な目に会いながらも、傘や街の建物を打つ雨の音は爽快で胸が躍る。ましてや湯音の持っていた紙製の傘であれば、雨はきっとより豊かな音を奏でるだろうし、そこに下駄が石畳を叩いたり砂利を踏みつけたりするときの足音が入り混じったりすれば、さながら自然と人間の生活が織りなす小さなオーケストラのような心地がするだろう。


これは自分の実体験なのだが、かつて冬の雑木林を歩いていたとき、降り始めた雪が落ち葉の上に降り積もるときのかすかな音が重なり合って、サラサラというか、チリチリというか、なんとも表現しがたいとても神秘的な音色を響かせていたことがあった。この音を意識してちゃんと聞いたのは人生の中でもこのただ一度きりなのだが、きっと昔の人々はこうした自然の音を様々に聞き分けて楽しんでいたのだろうと思うと、じつに羨ましい気分になる。湯音は、そうした日本人の豊かな感性を、アニメーションを通じて我々に教えてくれる存在である。またそんな湯音が、日本ではなくパリに暮らし、湯音らしい感性でこの街の姿を新しい角度から切り取っていくというのは、とてもエキサイティングだ。だからこそ、さして起伏や驚きの無い地味なはずのドラマが、こんなにも魅力的に感じられるのだろう。


----


今回、日本が大好きな少女・アリスが登場し、次回の彼女と湯音の邂逅が俄然楽しみになってきた。意外と知られていないことだが、ヨーロッパではかなり早くから日本に大きな関心を払っており、とくに日本製の家具や美術品は、貴族や富豪たちの間で大いに持て囃されていた。例えば19世紀中ごろのフランスを舞台にしたデュマの『モンテ・クリスト伯』を読むと、大きな富や権力を手にしている人物の邸宅には、かならずと言っていいほど日本製の調度品などが登場し、それがトルコや中国のものと同等か、それ以上に価値のあるものとして、貴族や富豪たちのステータスを表す重要なモティーフとして描かれている。あるいはペリーの来航にしても、米海軍の1/4もの艦隊を投入した一大事業であったし、そのペリー艦隊の動向は、ライバルの英国では逐一新聞に報告が掲載され、アジア交易に関心のある人々が皆固唾をのんで見守ってるという状況だった。


今回、街中を歩く湯音をパリの人々が怪訝そうに眺めている様子が描かれ、湯音のような異国人がそう簡単には受け入れてもらえない様子が描かれていた。またクロードも湯音と出会ったいまでさえそれほど外国に興味を持ってはいないことから、庶民の間では、日本のような遠隔地のことなどどうでもいいというのが本音だろう。だが、成長著しいブランシュ家のお嬢様であるアリスがやたらと日本びいきなのは、それが当時の流行のひとつであったことに加えて、おそらく成金であるがゆえにいち早く上流階級らしいステータスを身に付けたいという欲求の表れかもしれない。そんなアリスが、湯音と出会うことでどのような心境を持つことになるのか。また彼女の登場で、経営難であるギャルリ・ド・ロアにもひと波乱ありそうで、そちらのストーリー展開のほうも楽しみにしておきたい。




ちなみに、日本の風景を教えてもらったクロードが、「日本は恐ろしいところだ」などと言っていたが、そんな遠方の未開な島国がこれからわずかのうちに、清国やロシア帝国を打ち負かし、欧州勢と肩を並べる列強にのし上がろうとは、このとき誰が予想できたことだろうか。とくに、かのナポレオンがその絶頂期にロシアの大地に足を踏み入れ没落していった事実をまざまざと見せつけられていたフランス人には、おなじく極寒の地を後退するロシア軍を追って、危ういながらも勝利を収めた日本人の力量に、文字通り恐ろしさを感じたのではないか。そんな想像をすると、日本の食器を見てまるでおままごとだ、おもちゃの国だと評価したクロードの発言は、歴史の不可思議さを感じさせる興味深いものに思えるのではないだろうか。



----


それでは、今回は以上です。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえると嬉しいです^^






異国迷路のクロワーゼ(2) (角川コミックス ドラゴンJr. 111-3)
富士見書房
武田 日向

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 異国迷路のクロワーゼ(2) (角川コミックス ドラゴンJr. 111-3) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(34件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
異国迷路のクロワーゼ #03 日本迷宮 Labyrinthe du japon
優しすぎる「音」のループ。 ...続きを見る
在宅アニメ評論家
2011/07/19 18:21
異国迷路のクロワーゼ 3話 日本迷宮 感想
日本迷宮、一体なんぞぞれは? ...続きを見る
KAZUの暮らし
2011/07/19 18:31
異国迷路のクロワーゼ 第3話 日本迷宮 Labyrinthe du japon
湯音とオスカーに日本の事を聞くクロードですけど、そのイメージは… まぁ、実際に見た事のない物を正確に想像する事は難しいですけどね。 クロードに仕事が入りますけど、気にい ... ...続きを見る
ゲーム漬け
2011/07/19 18:34
異国迷路のクロワーゼ The Animation #03 「日本迷宮」
 オスカーのナンパ術…… ...続きを見る
つれづれ
2011/07/19 18:35
異国迷路のクロワーゼ第3話日本迷宮
第3話「日本迷宮」湯音、アイロン、アイロン!押し付けたまま( ゚д゚)っ!オスカーおじいちゃん、日本では巨人(^o^)クロードの頭の中の日本が凄いw言葉だけで、異文化を説明するの... ...続きを見る
帰ってきた二次元に愛をこめて☆
2011/07/19 18:45
【異国迷路のクロワーゼ】3話 次回からお嬢様キャラが登場するのか
異国迷路のクロワーゼ The Animation #03 日本迷宮 Labyrinthe du japon ...続きを見る
にわか屋
2011/07/19 19:56
『異国迷路のクロワーゼ 』 第3話 感想
日本人は音を楽しむモノ。 確かにこのアニメの音は聞いているだけで癒されますね。 ...続きを見る
シュミとニチジョウ
2011/07/19 20:09
異国迷路のクロワーゼ 第3話「日本迷宮」 感想 心がほっこりする
異国迷路のクロワーゼの感想に参りましょう。 ...続きを見る
√Fの俯瞰者席
2011/07/19 20:29
異国迷路のクロワーゼ 第3話「日本迷宮 Labyrinthe du japon」
一挙一動がとっても可愛い湯音ちゃん。 おしごとなくなっちゃってしょんぼり(ノ_・。) お菓子食べてパアアアアアアアア☆彡 お手手ちっちゃ〜いо(ж>▽<)y ☆ とてとて歩く湯音ちゃんたまらん(≧▽≦) ...続きを見る
のらりんすけっち
2011/07/19 20:46
異国迷路のクロワーゼ 第3話 「日本迷宮」 感想
異文化交流― ...続きを見る
wendyの旅路
2011/07/19 20:47
異国迷路のクロワーゼ The Animation 第3話
異国迷路のクロワーゼ The Animation 第3話、「日本迷宮」。 ...続きを見る
おちゃつのちょっとマイルドなblog
2011/07/19 20:54
異国迷路のクロワーゼ第3話感想
#3「日本迷宮」 乾草の絨毯。なるほど畳だったwww紙と木の迷宮も、井戸も、ハダ ...続きを見る
うたかたの日々 でぼちん珠洲城遥万歳
2011/07/19 21:04
『異国迷路のクロワーゼ』 第3話 観ました
湯音ちゃんの衣装が毎日(作中の一日ごとに)変わっている事から、もしかして湯音ちゃんの実家ってそれなりの名家なんじゃと思っていたら、どうやらそんな感じだったようで…ってことは、彼女の渡航費用もオスカーが払ったのではなくて、湯音が実家のお金で払ってきている... ...続きを見る
「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」...
2011/07/19 21:35
異国迷路のクロワーゼ The Animation 第03話「日本迷宮 Labyrinthe du j...
異国迷路のクロワーゼ The Animation 第03話「日本迷宮 Labyr ...続きを見る
藍麦のああなんだかなぁ
2011/07/19 21:47
異国迷路のクロワーゼ 第03話「日本迷宮 Labyrinthe du japon」
木と紙の迷宮に干し草の絨毯 ...続きを見る
記憶のかけら*Next
2011/07/19 22:13
異国迷路のクロワーゼ 3話
ゆねっち「アイデア料として売り上げの一割な」クロ「マジすか」 というわけで、 ...続きを見る
アニメ徒然草
2011/07/19 22:35
異国迷路のクロワーゼ 第3話 感想「日本迷宮 Labyrinthe du japon」
異国迷路のクロワーゼですが、オスカーが日本について話します。日本の建物は木と紙でできており、草の絨毯までありますが、クロードは湯音を「苦労してたんだな〜」といたわります。頭に団子をのせた裸の男たち塩を投げ合って戦う競技もありますが、団子に塩をかけて食べるわけでもありません。 オスカーは大柄なので日本に行くと巨人になったようだと自慢しますが、白ヒゲのサンタクロースのわりには若いマドマゼルとデートしている艶福家でもあります。(以下に続きます) ...続きを見る
一言居士!スペードのAの放埓手記
2011/07/19 22:47
異国迷路のクロワーゼ 第3話 「日本迷宮」 感想
今回も湯音が可愛かったですね。 ...続きを見る
ひえんきゃく
2011/07/19 22:58
異国迷路のクロワーゼ 第3話「日本迷宮」
パリの音、日本の音。 国が違えば音も違う、 音を楽しむ日本人には なおさらですね。 湯音がパリに来たのは、パリが見たくて オスカーに頼んだからでした。 意外に大胆な行動力ですねw  ...続きを見る
SERA@らくblog
2011/07/19 23:15
異国迷路のクロワーゼ 第03話 『日本迷宮』
キーワードは「音」。新しい看板制作を請け負ったクロード。しかしそれは「出来上がって良かったら買う」というリスキーな物。ダメだったら全くの無駄。せめてデザイン画で決めて欲しい。従来のクロードならそんな仕事は突っ返していた。 それを受けなきゃならないのが店の現状みたいです。店を出るとギャルリ・ド・ロアはまるでシャッター街のごとく閉店ばかり。そりゃグラン・マガザン憎しにもなりますね。&nbsp; 湯音が手紙を書いている。取り上げたクロードには何が書いてあるか当然読めない。なのに「見ないでください!」... ...続きを見る
こいさんの放送中アニメの感想
2011/07/19 23:42
異国迷路のクロワーゼ チバテレ(7/17)#03
第3話 日本迷宮 湯音はアイロンでシャツのしわ伸ばし。日本にも同じようなものあり ...続きを見る
ぬる〜くまったりと
2011/07/20 00:01
異国迷路のクロワーゼ 第3話感想「日本迷...
日本とは-------------?アイロンをちょっとこわごわあてる湯音の姿を見て、日本にもこれに似た着物のしわ伸ばしがあると聞いたクロードは、日本はどんなところだと興味を持ったよう。... ...続きを見る
◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
2011/07/20 00:12
異国迷路のクロワーゼ 第3話 感想「日本迷宮 Labyrinthe du japon」
日本とは-------------? ...続きを見る
★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★
2011/07/20 00:12
異国迷路のクロワーゼ 第03話「日本迷宮 - Labyrinthe du japon」 感想
少しずつ築かれていく二人の信頼関係 まだまだ日本の独特の文化や風習に困惑を隠せないクロード。 しかし自分から積極的に学び理解しようという姿勢を見せる。 湯音の存在が彼に変化をもたらしたように湯音自身も少しずつ変わっていく。 互いに影響を与え合いながら一歩ずつ前へと進んでいく二人の関係。 湯音とクロードが二人でいるところを見ると和みますなぁ。 ...続きを見る
日刊アニログ
2011/07/20 00:22
異国迷路のクロワーゼ 3
第3話 「日本迷宮」 OP前のフランス語ナレーションって毎回同じなんですね。 まあOP前のの一部と思えばいいが、ここは出来れば毎回変えて欲しかった。 湯音もすっかりこちらでの生活に慣れてみたいで。 今回のサブタイの迷宮とは、長崎の街並みのことを指しているのね。 てか、ヒゲおやじの説明がややこしすぎ(笑) まあこればっかりは百聞は一見にしかずということで。 湯音が来てからクロードも少しづつ変わってきているようです。 彼から見たら日本食器は確かにままごと道具。 ... ...続きを見る
MEGASSA!!
2011/07/20 02:30
異国迷路のクロワーゼ #3
【日本迷宮】 ...続きを見る
桜詩〜SAKURAUTA〜
2011/07/20 11:35
異国迷路のクロワーゼ The Animation3話日本迷宮(Labyrinthe du japon
<感想>  湯音の故郷である日本についてさらにクロードが知りたがっていた。まあ、日本の習慣は違いますからねえ。湯音の名前の由来はお湯の音・・すなわち注ぐ音だったんですね。 一方、アリスは、お人形が大好きだったようです。あの湯音と会うことになるのですがどうなることやら・・。原作はたった10ページ弱でしたが、まあ、世界観が優先されて書いていたようです。 ...続きを見る
しるばにあの日誌
2011/07/20 12:22
異国迷路のクロワーゼ 第3話 【日本迷宮】 感想
ちょっとフランス語をそろそろ勉強したいと思っている昨今。 皆さんフランス語は得意ですか? 「日本ってどんなとこか?」 湯音の住んでいるところは長崎……へー。 今回も湯音が可愛いですね(≧∇≦)b 異国迷路のクロワーゼ The Animation 第1巻 [Blu-ray](2011/09/21)東山奈央、近藤隆 他商品詳細を見る ...続きを見る
キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬...
2011/07/20 16:05
異国迷路のクロワーゼ 第3話「日本迷宮 Labyrinthe du japon」 レビュー・感想
不思議の国『日本』に迷い込んだアリスならぬクロード  湯音のアイロンの話から日本に興味を持つクロード「日本ってどんなところなんだ?」 あっ、フリーズ・・・(笑) なん ... ...続きを見る
ヲタブロ
2011/07/20 23:01
異国迷路のクロワーゼ 第三回 感想
日本迷宮 ...続きを見る
飛び道グブロ具
2011/07/21 21:35
異国迷路のクロワーゼ The Animation 第03話感想
タイトル「日本迷宮」 ...続きを見る
サイネリア〜わたしのひとりごと〜
2011/07/21 22:21
始めて起こる摩擦 朝夕のあにめより
シュタインズ・ゲート 16話「不可逆のネクローシス」 花咲くいろは #16 異国迷路のクロワーゼ 3話 ...続きを見る
義風捫虱堂
2011/07/23 06:58
「異国迷路のクロワーゼ」3話の感想
「異国迷路のクロワーゼ」3話、観ました。湯音の考え方や日本の文化が気になり、いろいろオスカーに訊ねるクロード。ただ、聞いただけだと日本という国の情景は、クロードの想像の枠を超えたところにありました。しかし、湯音が書く日本の文字を見てその意味を知った時、クロ ...続きを見る
最新アニメ・マンガ 情報局
2011/08/02 08:55
「異国迷路のクロワーゼ」3話の感想
「異国迷路のクロワーゼ」3話、観ました。湯音の考え方や日本の文化が気になり、いろいろオスカーに訊ねるクロード。ただ、聞いただけだと日本という国の情景は、クロードの想像の枠を超えたところにありました。しかし、湯音が書く日本の文字を見てその意味を知った時、クロ ...続きを見る
最新アニメ・マンガ 情報局
2011/08/02 09:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文


opagenusをフォローしましょう

↓ランキングに参加中です。一日一回、クリックして頂けると喜びます
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

QLOOKアクセス解析

アニプレッション!!
 参加者絶賛募集中!!


メールアドレス

opage_nus@livedoor.com

異国迷路のクロワーゼ 第3話「日本迷宮」 妄想詩人の手記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる