バスカッシュ!第13話 感想

※ブログはじめたばかりですので、本タイトルの感想はこの記事が最初になります。

やっと?

嫁戦争、勃発か!?ww


バスカッシュ!第13話「シーユー・オン・ザ・ムーン」感想です。

なんか前に、監督交代するってニュースで流れてましたが、今回はまだ、前回と同じく連名で二人の監督名が並んでましたね。絵コンテも板垣さんだったし、このまま連名でいくのか、それとも交代は次回あたりからか。12話が、短編2本をまとめた特殊な回だったので、あそこがスタッフ切り替えのポイントなのかと思いましたが、違ったようです。それなら、OPもEDもショートバージョンで2回づつ流したのはやめてほしかったなぁ。本編のカット増やせよとw まぁスパンキーファンの私としては、1個目のED映像は眼福でしたけどww


今回はチーム・バスカッシュ対チーム・エクリップスの準決勝対決ということで、ダンとアイドル・レッドが本格的にいちゃいちゃする回でした。このアニメ、最初はミユキが、次はセラが正ヒロインなのかと思ってたんですが、彼女らと全然進展がないままルージュと急速に接近していったので、あれあれって思ってたんですが、ルージュはここでいったん退場と。そんで後から改造バージョンが出てきて死闘を繰り広げ、死んじゃったりなんかする悲劇のヒロインになるわけですね。なるほどなるほど。ルージュ好きだったんだけど、そういう展開が見えてしまった今回は大変ショックでした。ううう。。。
てかダン、アイドルむらさきってなんだ、むらさきってwww


それと私としてはスパンキーの出番が多かったのはうれしかった!このキャラ面白すぎるwww マクロスFで、ランカが持ってた気持ち悪い携帯電話も可愛くて面白かったんですが、このあたりのヘンなキャラは誰がデザインしてるのでしょうか。素晴らしい手腕だと思う。しかも、「らきすた」「マクロスF」「そらかけ」等の美少女役で大活躍、人気急上昇中の遠藤綾さんにこんなヘンテコな役をやらせるとか、GJすぎますね。遠藤さんはけっこういろんな声色を使い分ける演技派なのかしら。こないだ「いぬかみ!」を借りて見てたときも、遠藤綾さんの声は聞き分けられなかったです。スタッフロール見て初めて気づいた感じで。彼女の演技は今後どんな広がりを見せるのか、期待大ですね。


また、相変わらず、CGの作画と挿入歌の使い方が神懸ってました。さすが河森作品というか。1話で「moon passport」が流れたときもそうだったんですが、歌の使い方はホント上手いですよこの作品は。曲もそれぞれいい曲ですしね。ルージュの退場に際して、エクリップスの歌を劇中から流し始め、それをそのままEDに引っ張るというのはまぁ、割と誰でも思いつく演出ですが、その歌をダンのボールの音からオーバーラップさせていったのは見事だった。本編前半の複線がとても効果的でしたね。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村



TVアニメーション「バスカッシュ!」挿入曲 Running on
PONYCANYON INC.(PC)(M)
エクリップス

ユーザレビュー:
月の乙女の応援歌♪C ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック