咲-Saki- 第13話「微熱」

このアニメを見るためだけにあわてて麻雀ルールかじっただけの人間ですので、試合の展開についてはノーコメントでw

※ブログはじめたばかりですので、このタイトルは本記事が最初になります。

和と透華の対決に視点を徹底して向けていた今回。セリフが一番多かった透華は例によってアホ毛の動きにばかり目がいってしまうのだけど、透華も含め何人かのキャラに色っぽい描写があったのは、なんだか久しぶりな感じがして眼福眼福。

話の展開は、和の覚醒と、その強さを描くためだけの回という印象。微熱うんぬんの話とか、透華の努力の話とか、ここにきて挿入するのは、なんだか後付け設定ですって感じがしてちょっと残念。もっと以前にこれらの設定がちらっとでも紹介があったらよかったんだけどな。ただそれでも、後半に向けて徐々に盛り上がる雰囲気作りは上手く、しかも前半戦とはいえこれからオーラスに入ろうというとこで話を切ったのは、次回へ向けての段取りとしては悪くない。今回張られた伏線の中で、風越のコーチがいなくなったこと、ほとんどイイトコなしの鶴賀に何かありそうだというのをにおわせたのは気になるのだが、次回予告での透明人間の話(和の変態っぷりには吹いたがw)といい、そして次回タイトルの「存在」といい、この副将戦はただ和vs透華という構図だけではなく、もうひと波乱ありそうだ。もしかしたらこの副将戦は3話使うのかも。


展開自体はほぼ原作通りなのかもしれないが(知らないけど)、アニメ化に際して浦畑脚本の手堅さがうまく機能してるように感じる。今回も、試合経過をもう少し端折ることもできたはずだが、先の展開へ向けて上手く構成してくれてるように思う。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

2009年09月03日 22:20
和の覚醒はワロタwww透華と和のバトルシーンはちょっと見応えありましたな^^;次回は東横桃子のステルスモードにも目が離せないですなww

この記事へのトラックバック