鋼殻のレギオス 感想

※ブログはじめたばかりですので、2009年春以前のアニメは、1話ごとではなく、シリーズ通しての感想になります。

土曜に最終話を視聴してからちょっと日にちがズレてしまいましたが、アニメ「鋼殻のレギオス」の感想です。

原作は未読。注目してなかったために事前になんの情報も仕入れずに視聴してしまったが、最初に世界設定や複線にとまどったものの、総じてキャラもドラマも魅力的に描かれていたので十分楽しめた。ただ原作との兼ね合いもあったとはいえ、せっかく2クールあったのに重大な謎をそのままにしたまま終劇してしまったのは残念でしたかね。ラストも原作者やそのファン向けのメッセージが掲げられ(ですよね?分からんかったけど)、結局、アニメからの人には原作の宣伝と受け取られてもおかしくない幕引きの仕方。1クールならそれでもいいと思うんですが、まぁこれがいまのアニメビジネスの在り方なんでしょうねぇ。これじゃシリーズ通しての感想って言ったって、お話のほうに考察が加えられませんw

そんなわけで全体のストーリー構成には不満があるものの、しかし1話1話の脚本は総じてレベル高かった。実力のある脚本家をそろえた布陣が見事に成功してたと思う。このあたりはアニメ化にあたっての気合いの入り方を感じさせますね。


キャラの作画は、デザインも良かったが、デフォルメされたフェリがいい味を出しまくっていたのが好印象。前半なんかはニーナの影が薄かったぶん、フェリが正ヒロインみたいな感じだったし。とくに花田十輝脚本の回でフェリの可愛さが強調されてた感じがした。個人的には弁当娘(名前忘れた!w)を応援してたんだけどなぁ^^

一方でアクションシーンはちょっと無難な印象。汚染獣はデザインも作画もグロテスクで素晴らしかったが、対照的に人間側の戦闘描写が甘かった印象が強い。ストーリー上の展開がなかなか熱いものだっただけに、もうちょっとがんばってほしかったところ。ただこのあたりは、「かんなぎ」や京アニの諸作品などの、人物描写に関してとんでもないクオリティを誇るアニメが時期的に印象強すぎて、相対的に「レギオス」の評価を下げざるを得なくなった感はある。とはいえ絵コンテ段階や演出上の技法でもっと魅力を増す工夫はできたはずだ。
たとえばOP映像などは、前半、無表情の主人公たちが大勢描かれるくだりの描写はたいへん面白くて魅力的だったのに、後半の戦闘シーンでがくっと魅力が下がったのはいい例だと思う。

音楽に関しては、ED曲、とくに「ヤサシイウソ」がじつにいい曲だった。男性ボーカルは艶があってのびのびとしたとても美しい歌声で、そこへキャラに扮した声優さんの歌声がかぶさったサビの部分は何度聞いても心を揺さぶられる。それを数バージョン用意して、シナリオに合わせて入れ替えてくる手法も面白かった。


うーん。。。ホントにただの感想ですねw まぁとりたてて突っ込んで考察加えるほどの作品ではないと思う(少なくともアニメだけの知識では)。エンターテイメントとして毎週非常に楽しめた、2期に期待、といったトコロでしょうか。



鋼殻のレギオスの4コマフェリの詩
楽天ブックス
角川コミックスドラゴンJr. 著者:双葉ますみ出版社:富士見書房/角川グループパブリッサイズ:コミッ

楽天市場 by ウェブリブログ

鋼殻のレギオスシークレット・サイド(第1巻)
楽天ブックス
あすかコミックスDX 著者:渡里出版社:角川書店/角川グループパブリッサイズ:コミックページ数:12

楽天市場 by ウェブリブログ

鋼殻のレギオスMISSING MAIL(1)
楽天ブックス
角川コミックスドラゴンJr. 著者:清瀬のどか出版社:富士見書房/角川グループパブリッサイズ:コミッ

楽天市場 by ウェブリブログ

この記事へのコメント

わほマン
2009年06月24日 00:50
見てないのでコメントできない…w
ブログがんばってください~

この記事へのトラックバック