プリンセスラバー!第1話「馬車と姫君」

これはなかなか良質なハーレムアニメ。

他の作品とかぶってて見れないかなと思ってたんですが、幸い火曜に視聴できそうです。事前にあまり注目してなかったので感想を記事にするか迷いましたが、1話見てみてかなり好感触だったので、書くことにします。


1話は主にキャラクター紹介と、アクションシーンによる見せ場を持ってきた手堅い回。

あの美人なお母さんと気さくなお父さんが殺されて退場しちゃうとか残念でならないのだけど、シリアスな設定が根底にあることをしっかりと見せることで、単なるラブコメハーレムものではないということを印象付けるという作戦なのだろう。パーティーの場面なんかも、あそこはもっと主人公にドタバタやらせて笑いをとるという選択肢もあったと思うが、あくまで仇を探すという動機づけで彼を行動させたのはそういう意図があると思う。

ヒロインとの邂逅を、ピンチを救う王子様的な展開で描くのは王道。ただし、主人公の行動が事件の解決に完全に役立ったかというと微妙で、暴漢は一人も倒せずにむしろやられそうになるし、軽傷で済んだとはいえヒロインが崖に落ちるのを助けられなかったりと、「あれ、おまえ結局何もやってないじゃん」と言われかねない展開なのは珍しい。執事のほうが目立ってたしね。ただここは、主人公が無敵ヒーローな描写よりもずっと親近感が湧くし、崖から落ちる場面も印象的だったのでよかった。

その馬車の場面もそうだし、後半のシルヴィアとの決闘シーンも、作画はなかなかハイクオリティ。スタッフも制作会社も馴染みがないのだが、標準以上の出来でまずは満足。


しかし一心さんいいわぁ。若本さんはやっぱこういう骨のある漢の役がいいですね。中身のかっこいい男性を描くというのは、意外と難しいことだと思うのだが、今作はこのあたり期待していいかもしれない。

キャラでいえばメイドさんとシルヴィアがいまんところお気に入りに入りそうな印象。メインヒロイン(?)のシャルロットは、見た目から想像してたのと性格がちょっと違いました。小悪魔系?ああいうのはハマれば恐ろしい破壊力があるのだけど、どうなのかな。1話時点ではあまり好きなタイプではないっす。


次回はよりラブコメ展開になりつつ、あまりしゃべらなかったシャルロットとか、まだ出てきてないヒロインが登場するのだろう。もう何話かラブコメに割いた後、本格的に仇探しとかのシリアス展開に入ってくれると、ストーリー的にはなかなか深みがあって面白い作品に化けそうだ。



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック