CANAAN 第2話「邪気乱遊戯」

衝撃の1話から早くも1週間。今回は冒頭から戦闘シーンが盛り込まれ、嫌でも盛り上がらずにはいられません。
第2話、感想です。


今回は、アクションシーンに次ぐアクションシーンといった感じで、その間のシーンに少しづつキーワードを入れてきたり、印象的な静寂を挿入した、メリハリの効いた回でした。相変わらず作画気合い入りまくり。

前回のクライマックスでカナンがいいところを見せたのだが、それ以上にかっこいいアクションを見せた冒頭のアルファルド。「自分の欲望を持ったら無敵」だと言われていたが、今回の描写ではまだ、欲望よりも目的を優先しているという描写。今後カナンと対峙するなかで、欲望暴走モードになっていくのだろうか?


しかしせっかくのアルファルドのかっこいいアクションも、二人のおっさん(中田譲治と麦人ww)に全部持っていかれてしまったw

カーアクション良かったぁぁ。マリアがタクシーを停めるシーンからずっと、画面にくぎ付けにされた。しかも、ただカッコいい、あるいは派手なアクションというだけでなく、しっかり笑いを取れる演出やセリフを絶妙のタイミングで入れてくるからずるい。こんなの見せられたら、もうハリウッドのアクション映画見れないんじゃない?

ちなみに、緊迫したアクションシーンの中に「笑い」の要素を入れるというのは、ジョージ・ルーカスなんかが好んで用いる手法。スター・ウォーズの戦闘場面が妙に賑やかなのは映像以上に「ギャグテイスト」の力が大きいと思う。


もちろん終盤、カナンと謎の老人の対決シーンも素晴らしかった。それまで飛び道具ばかりだったのが、ここでは長物を用いた描写を取り入れ、見る者を飽きさせない。弾丸がかすりもしないのは主人公補正がかかっているとはいえ、鉄棒をぐるぐると振り回しながら弾を避けていく動きのなんとかっこいいことか。ストーリーがまだやたら難解(というか伏線ばっかで話が見えない)なのだが、そんなの気にならないくらい、まずは映像で魅せていくやり方は、エンターテイメントとして正しい。この手の話は盛り上がるのにしばらく時間がかかるので、その前に作画でしっかりと視聴者を餌付けしておこうという作戦だろう。



ところで気になったので詳しい方教えて欲しいのですが、老人が街中で銃をぶっ放していて、バスとかに弾丸があたっているのに、バスの中の人たちに弾は当たらないのでしょうか?なんかイメージ的には、バスくらいの壁なら簡単に撃ち抜いてしまいそうなのだが。


あと、マリアの部屋が荒らされて血だらけになってましたが、いったい誰が殺されてたんだろう?たしか中盤、家探しの最中に誰か殺されてたように見えたのだが。それともあの赤い液体は、人の血ではない? アクションシーンにばかり気を取られて、こういうところが全然頭に入ってないんですがww


UAウィルス(?)とかいうのは、原作やってる人なら分かるのかね。彼岸花っぽいあざの正体とか。ああいうのはそれとも、原作やった人でもちゃんとテレビシリーズなりの謎解きが楽しめるようになってるのだろうか。まぁ、原作に手を出すつもりの毛頭ない私としては、アニメだけを純粋に楽しませていただこうと思います。



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

しゅん
2009年07月12日 17:08
はじめまして。

バスに弾丸貫通するかの件ですが、普通の車のドアなら貫通するのでたぶん貫通するのではないでしょうか。(何かのテレビ番組で検証実験していました。)あまり詳しくなくてすいませんが。
まあ、あの爺さんには少し落ち着けwと言いたいですね。

ストーリーが分かりづらいアニメはあまり見ませんが、これはアクションシーンがすごくて見てしまいますね。
カナンとアルファルドの対決が楽しみです。

おパゲーヌス
2009年07月12日 17:22
>しゅんさん
コメントどうもありがとうございます。
車に貫通するなら、バスも穴空きますよね。まぁあの場面は、中の人大丈夫かっていうのはどうでもよくて、バスに弾丸が当たっても傷ひとつ付かないのが、作画こだわってる作品なのにもったいないなぁと思いました。
ネット初心者
2009年07月14日 18:16
>弾丸がなぜバスの壁を貫通していないか
自分が見ているとき、その点に全く気付きませんでした(汗) あまり自信はありませんが、跳弾であること&入射角の問題なのではないかと。発射された銃弾をカナンが鉄パイプで芯を外しながら弾き(失敗したバントのように)、結果として入射角が浅くなり、バスに当たっても鉄板を貫くことなく跳ねていったのではないかと。水切り遊びのような原理で。もちろん、直角に近い角度でバスの壁に向かって撃ち込めば、簡単に貫通すると思います。パラベラム弾ならあの程度の鉄板を撃ち抜くことは造作もないはずです。
部屋一面の血の海は何だったのか、自分もよく分かりませんでした…。もしかしたら二人への警告、の意味で血みたいな絵の具(撮影によく使う)を撒いて行ったのかも!?本物の血ならすぐに黒くなる&固まるので。
おパゲーヌス
2009年07月14日 19:58
>ネット初心者さん
コメント&詳細な解説、どうもありがとうございます。そうか、入射角とかは重要かもしれませんね。文系はそういうところになかなか頭が回らないものでw
血がすぐ固まって黒くなる。これは言われてみればそうですが、たとえ写実的な描写を心がける作品であっても、血が凝固したものを描いている作品は少ないので(単に忘れてるだけか、それとも演出上の効果を狙ってか。)、今作も、固まってないから血じゃないと判断するのは早計かなと思います。次回なにかここについての説明というか種明かしがあればいいんですが、マリアたんとか普通に気にしてないっぽいし、実のほうはネコ娘に気を取られてそれどころじゃなさそうw
んでパラベラム弾ってのは何なのか。初めて聞く単語ですw

この記事へのトラックバック