CANAAN 第3話「阿断事」

息遣いだけで魅了する能登ヴォイスは、もはや殺人兵器。


いきなり変な話から入りますが、名作・良作揃いの今期アニメの中でも、トップクラスのクオリティを誇る「CANAAN」と「化物語」。どちらも作画や演出、ストーリー構成といったアニメーションの骨格部分の質が高いというだけでなく、言葉、というものを非常に重視しているという共通点があるというのも特徴ですね。これは何かの偶然なのか、それとも今という時のもたらした必然なのか。21世紀の最初の10年がまもなくすぎ去りゆこうとしている中、アニメーションも次の10年へ向けての新たな展開の種子が、意図的にしろ無意識にしろ、さまざまなカタチで各作品の中に内包されている時期が今だと思います。「言葉」の持つ力に注目しているように映るこれら二つの作品が、今後のアニメーションにどのような影響を与えることができるのか、またそれにふさわしい作品であるのかどうか。ひとつそうした点に注目しながら、視聴をしていこうと思っています。



さて「CANAAN」第3話は、タイトルの「阿断事」という言葉が、見終わった後に鮮烈な印象を持って響いてくる回だった。

”あだごと”(徒事)というのは、実のない、つまらない事柄という意味。しかし当て字で”断”の字を用いることで、人の命を奪うという、カナンにしてみれば日常的でなんでもないはずの行為が、友情に決定的な断絶をもたらすことを予言するタイトルだったということが判明することになる。

これまでマリアとカナンの友情をじつに素敵な雰囲気で描いてきていただけに、このたった3話のうちに我々は、この二人の友情に決裂はありえないと思い込まされていて、だからこそマリアの拒絶が大変なインパクトを持っていたのだが、そこで「阿断事」という言葉の持つ意味とその重みを突き付けられることになる。

カナンなら殺さない、そう無邪気に信じていたマリア。その願望を、躊躇なく、というより完全に無意識のうちに踏みにじってしまったカナン。殺人というひとつの行為が、二人にとってここまで決定的に捉え方の違うものであったということが判明したその瞬間に、「徒事」は「阿断事」と化したのであった。


また「あだごと」は「仇事」とも取ることができる。これは前回殺された老人の弟が、その仇を討ちに来るという意味が込められているのかと当初は考えていた。ところが実際見てみると、弟の行動原理がよくわからない。殺す気のないマリアを捕え、あからさまにカナンを逆上させて、自らカナンに撃ち殺されるように誘導してたようにしか見えなかった。少なくともカナンを殺そうとするには不可解な点が多すぎて、単純な復讐劇には見えない。

彼は自身やカナンの身体能力に関わる重要なセリフを吐いていたが、あえて深読みするなら、カナンの真実をマリアに教えることで、二人の友情に亀裂を生じさせようとしたのか。マリアがお人よしにもカナンの人間性をずいぶん高潔なほうに考えていたのは間違いなく、劇中の描写を見ても、二人はそこまで長い間を共に過ごした親友というわけではなかったようで、むしろ初めて純粋に友人としてデートを楽しんでいたようだったので、今まではマリアの態度からして二人はもう無二の親友なのだと思っていたのだが、実際はこれから友情を構築していこうという段階に過ぎなかった。そして少なくとも、マリアの思っていたカナンの人間像は明らかに美化されすぎていた。弟がどういう意図で動いていたのか(自身の意思か、命令があったかも含めて)がまったく不明ではあるのだが、少なくとも二人の友情の未熟さを暴いて見せる役回りをしていた。

そうなると「あだごと」を「仇事」と取った場合、仇が生じるのはカナンとマリアの関係性においてかもしれない。これは、次週以降の展開で明らかにされるだろう。




今回は辞書を片手にタイトルを深読みしまくってみましたが、これが当を得た推論かどうかは、はなはだ自信がありません。まぁ想像するのは自由だし、いいよね。


もうちょっとビジュアル面に注目してみると、ハッコーの美貌とミノさんのアホ面ばかりが印象に残るww
ハッコーって、薄幸美人っぽいからはっこー?いや、関係ないかなww サンタナのお店のカオスっぷりとか面白かった。アクションシーンは、相変わらず空間と時間の使い方が上手い。カナンたちのずば抜けた身体能力設定を活かせるアクションをやらせていて、とにかく引き込まれますね。今回はどちらかというと会話メインだったけれど、それでも十分魅力的なシーンだった。


今回、原画や演出、作監に外人を起用してたけど、まったく遜色ない出来映えだったと思う。「true tears」でも外人の原画回は決してレベル下がるわけでもなかったので、もう今の時代あまり国籍関係ないんですかね。よく知らないけど。それとも、やはり日本人スタッフがきちんとリードして、クオリティの高さを維持してるとかあるんでしょうか。


それから、EDと次回予告の間に流れた、ED曲のCM。「エンディングを見逃した方へ」って、誰が見逃すかwww



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック