咲-saki- 第16話「結託」

盛り上がってきた大将戦。天江の恐ろしさが少しづつ明らかに。しかし麻雀よく分からないので、なんとも感想が書きづらい回でもありますwww


さてここにきてようやく、4人全員にちゃんとセリフのある麻雀シーンになってきました。4人の中で一番影が薄いのが主人公という、今後のスポ根的盛り上がりを考えるならまずは最高の形で描けた前半戦だったのではないでしょうか。


デジタル打ちの中にオカルトが混じっていた副将戦にくらべ、もう最初からオカルト全開の大将戦のほうが、逆に自然な展開に見える。こういうものなんだ、という頭で見ることができるし、それに真面目に打ってる人がヘンな能力にやられてしまうよりも、魔王みたいな敵をコツコツと試行錯誤しながら突き崩して行くほうが、見てて燃える。池田は可哀そうなことになっていたが、加治木は健闘していて、やっぱ試合はこうでなくちゃ、と思いますね。そしてその努力もすべて無駄にしてしまいかねないラスボスの存在が熱い。次回は勇者が真の力を奮い立たせて、その次あたりで決着をつける、という展開かな?

もう半荘終わってしまったし、大将戦にあと全部の話数を割くというわけではなさそうですね。もう2話(3話?)は大将戦でいいとして、そのあとどうするんだろう?原作のほうでどんな展開があるのか分からないのでまるで想像つかないのですが、個人的には、百合色全開で遊びまわる水着回か温泉回がもう一回くらい見たいな。


しかし、海底撈月って、必殺技の名前にしてはいまいち音が映えないですねぇ。まぁそういう役なんだから仕方ないけど。嶺上開花は響きがかっこいいので、それにくらべてちょっと残念。海底は音の響きはともかく漢字はかっこいいのだから、文字をばーんと見せる演出とか欲しかったな。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック