ティアーズ・トゥ・ティアラ 第17話「友のために」

戦火が激しさを増していく一方、アロウンはいまだこん睡状態、アルサルはブリガンテス族との難しい交渉に走る。
疲労が増していくゲール族に勝ち目はあるのか。非常に燃える展開になってきました。


なーんだ。秘密兵器って破城槌かよ。。。そんなもの、本来なら攻城塔にもついてるだろうし、別個のものにしても、材料運んで陣地で組み立てればいいじゃん。

なーんてことを考えてたら、なんかすごく大きかった。こりゃぁ迫力満点だ!!w


前回は士気をうまく高揚させたゲール族が優勢に見えていたものの、さすがに兵力の差は大きく、時間が過ぎれば過ぎるほど帝国側が有利になってくる。ゲール族も投石機を持ち出したりして(奪ったのか?)、うまく防戦してはいるものの、破城槌の到着によって形勢は明らかに傾きはじめた。


やっぱ前回、オクタヴィアとモルガンが部隊を放置して駆けつけちゃったのがよくないですよねぇ。せめて片方だけでも部隊に残り、帝国軍の後方を攪乱できればなぁ。このままだと、この部隊の出番って完全に忘れられちゃいそう。


さて跳ね橋を奪われ、破城槌が門に取り付いてから割と早い段階で、リアンノンは内城への撤退を決定。ここはもうちょっと粘ってもよかったかなとは思いますが。破城槌の真上にラスティ放り投げておけば壊せるんじゃね?って思ったりもするしw それでなくても、火炎壺を投げつけて火をかけるとかそういう作戦はとれたんじゃないか。見た感じ木の部分が丸出しで毛皮を貼ってなかったので、油かければ燃えると思うし。あの破城槌も1台しかないのだから、まずはなんとかしてあれを破壊する方向でなにか動きが欲しかったな。

それに、これはリアンノンたちには知るすべもないので仕方ないのだけれど、せっかくアルサルがブリガンテス族を率いて戻ってこうようというのに、わざわざ城壁を敵に渡してしまうのはもったいない。なんとか破城槌への破壊工作をいろいろと試してみたりして、もう1日でも第一城壁を死守できていれば、帝国軍はもっとも不利な地形でブリガンテス族の攻撃を受けなければならなくなったはず。リアンノンは援軍の存在を知らないから、少しでも守りやすいところで戦ったほうがいいと判断したのでしょうし、それは正しい判断なのだけど、このわずかなタイミングの差が戦局にどう影響するか。帝国軍が街の中に入ってしまった後にアルサルが到着しても、ろくな攻城兵器をもたない彼らが、城壁の内側に籠る帝国軍を打ち破ることができるとはとても思えないから、アルサルたちには一刻も早くアヴァロンに到着してほしいところ。



しかし今回の話はよかったなぁ。Aパートではアロウン、Bパートではアルサルにそれぞれスポットを当て、わりと王道の演出ではあるのだけど、それでもしっかりと魅力的に描けていた。アルサルもタリエシンも、男を上げたね。かっこよかったよ。次週はアルサルとガイウスの一騎打ちが見られそうで、すごく期待してしまう。そのガイウスも、皇帝の座を狙うと告白するシーンはとても印象的だった。また、軍事的成功によって名声と財力を手にし、その力をバックに権力の座を狙うというのも古代ローマの権力者の典型的な行動パターン。

ただ、ひとつ面白いなぁと思ったのが、たとえば「スター・ウォーズ」や「グラディエーター」といった、古代ローマをモチーフにした世界観を持つ有名どころの映画では、帝政(独裁政治)は悪であり、元老院を中心とした共和政が正しいあり方であるという論調で描かれているのに対して、今作ははなから元老院の腐敗を強調し、一人の有能な人物による独裁を良しとするようなスタンスで描かれているように見える。アメリカ人と日本人の差だとか、いまの日本の民主主義に対する幻滅のあらわれであると捉えるのは、考えすぎだとは思うのだけれど、ちょっと気になる部分である。


Aパートでのアロウンの内面世界で、プィルが、ともに王道をゆこうと誓ったとかなんとか言っていたが、「王道」と「覇道」の対比は、漫画版「風の谷のナウシカ」で、ユパがクシャナに対して語っていた話を思い出す。もともと中国の政治思想において持ち出される議論であるのだけれど、ここでの語り口から察するに、「ナウシカ」を読んで「王道」という言葉をセリフに取り入れたのではないかと推測。違ってたらごめんなさい。ただ「王道」という語には大変深い意味が込められていて、私も漠然としか分かっていない言葉なのだが、中国史を読んだことのある人ならまだしも、歴史とか政治思想に興味のない人間が聞いて理解できるのだろうか。

アロウンたちが目指す「王道」とはどういうものなのか、平易な表現で視聴者に伝えることができるのか。そこでスタッフの力量が問われることになるだろう。



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック