大正野球娘 第6話「球は広野を飛び回る」

アンナ先生を欠いた桜花会は、とにかく実戦相手を探し始める。そうして見つけたのは小学生。これはいい練習相手と思いきや、まんまとボコボコにwww


いやーこれは面白い回だった。たった1話分の実戦でチームの実力が向上していく様は、ちょっと急ぎすぎ&都合よすぎる展開ではあったけれど、この作品でならまぁ許されるだろう。

前に、彼女らは小学生相手に練習すればいいのにとは思っていたけれど、その小学生に3連敗してしまうのは意外だった。けっこうシビアな描写だなぁ。しかしその中で、彼らに何が足りないかと分かりやすく伝えられていてよかった。もちろん川島乃枝の的確すぎる作戦立案があってこその展開なのだけど。しかしここに来て、ただ漫然と、かしましく球遊びをしていた桜花会が、明確な目的を持ってプレーする野球チームに生まれ変わる様子は、こんなにのんきな描写にも関わらず、胸が熱くなる。とくに3試合目で見せたダブルプレーはかっこよかったぁ。


いち野球ファンとして思うのだけど、野球を見てて何が一番かっこいいと感じるかといえば、それはHRでも奪三振でもなく、守備だと思う。高校野球にしろプロ野球にしろ、守備でいいプレーを見せてくれた時が、敵味方関係なく一番、心を動かされる。

今作は、今期のアニメの中では作画クオリティの低さが心配だったのだけど、まず今回に関しては試合シーンを丁寧に描けていたので大満足だ。



ところで、それぞれが一生懸命野球に打ち込んでいるキャラクター陣の中にあって、言いだしっぺの小笠原晶子が一番ダメダメなのが面白い。体力の無さは前回も散々描かれていたが、今回はそれに加えて、野球そのものに対する無知や持ち前のプライドの高さが、勝利を目指すチームにとって大きな障害となっていた。まぁ許嫁の何気ない一言を侮辱と受け取って暴走しちゃったようなキャラなので、聞きわけのいいお嬢様よりもこれくらいのじゃじゃ馬のほうがキャラとしては魅力的。彼女が、野球そのものを楽しんでプレーできる精神状態に成長してゆく様を、じっくり眺めて楽しむアニメでもあると思った。


それから、すず川の料理手伝い人のさぶろー君ですが、晴れて小梅とカップリング成立♪ 赤らめた顔が小梅より萌える男子ですね。この二人の幸せを全力で応援したいと思いますw


予告によると、次回は巴の回のようで。また無茶なことをやってそうだが、「ヒットならいくらでも打てる」と豪語する彼女の目を開かせるライバル投手は、果たして現れるのか。そちらの展開に大いに期待したい。

それと、晶子さん挑発に乗せられすぎww


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック