亡念のザムド 第18話「そこから何が見えるか」

ナキアミ、ハル、アキユキ、そしてザンバニ号の面々を、相変わらずバラバラになったまま描いているものの、しかしこの停滞から抜けだす大きな一歩を踏み出そうという回。



今回は改めて野村祐一脚本の質の高さに圧倒された。サブタイトルでもある「そこから、何が見える?」という2度のセリフや、「”もう”恨んでいない」というクジレイカのセリフなど、そこで繰り広げられているドラマの核心を象徴的に突いて見せる一言。これを、その前の会話から必然的に導き出し、またそこを起点としてドラマを加速させていく。この手法が各シーンそれぞれで行われ積み重ねられながら、最終的にラストシーンにおける高揚を引き出していった今回の構成は、見事と言うしかない。セリフのひとつひとつは時に抽象的であったり婉曲な言い回しがされていて、ともすると見ている側は置いてけぼりを食うことになりかねないのだが、それらが何を表現しようとしているのかと常に考えながら視聴するように仕向けているとも言え、こうした脚本の存在が、このアニメをただ漫然と見ることを許してくれない。


今回はまだまだ謎だらけの展開で、ストーリーを理解しきれないのだが、いくつか明らかになった点として気になるのは、まずクジレイカが北政府からの独立を目指そうと画策しているということ、そしてその野望(?)にナキアミを巻き込もうとしていると。どうやらナキアミは本来族長になるべき資格を持っていたようで、それを半ば放棄したカタチになっていたために、資格のないクジレイカが族長として村の存亡を担う立場になったというのが明かされた。村を守るためにザムドになったと語るクジレイカだが、そんな純粋な気持ちでヒルコを宿しているようにはとても見えず、むしろフルイチと近い、負の感情に身を任せているような描写だ。フルイチの場合はアキユキへの嫉妬と自身の運命の不遇さに対する失望感から暴走していたが、同じような感情はクジレイカにもあると思う。それに加えて政治家としての役目も背負った彼女がどのような感情や理屈で行動していくのかは、次回以降明かされることになるだろう。

それからアキユキが、闇に食われようとしているという話。この闇というのは何なのか。考えられる候補としては2つあって、ひとつは彼が名前を失い、お面をかぶったままになっていること。すなわち自我の喪失を闇と捉え、名前を取り戻すことでそこから抜け出せるという話。あるいは、闇というのはあの黒目玉のことであるとも考えられ、その場合、目玉がアキユキの名前にこだわっていることから、ハルが到着する前にアキユキが名前を思い出してしまった場合、目玉に食われてしまうのではないかとも。名前というのが呪術的には非常に重要なものであるというのはいまさら例を挙げるまでもないだろうが、その名前と、さらに顔を失っているというアキユキの現状が何を象徴しているのか。名前をどうやって、あるいは誰によって思い出すかというのが、今後の彼に関する注目点だろう。




にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック