大正野球娘 第7話「麻布八景娘戯」

ハルヒなぞより余程楽しみになった今作。今回も、かしましく、ハイカラに、野球娘たちが飛び回る。


なんかややこしいタイトルだなぁと思っていたところ、思いっきり芝居がかった辻打ちシーンに吹きましたww うん、これは燃えるw しかも年上の男子相手に、4戦連勝っていう巴の天才っぷりはすごい。ちゃんと狙い通りHRっぽい打球になってたしね。


また仲よさそうな巴と小梅を見て嫉妬メラメラな晶子の描写もじつに面白かった。彼女の、むすっと不貞腐れる顔はじつに魅力的だ。小梅の捕り合いに際しては、子供が駄々をこねるように懇願する巴と、ねちねちと嫌みを言う晶子のキャラの対比もあって、あくまで王道展開を外さずに、細かい部分まで丁寧に描けているのが、今回の脚本にもよく表れていた。こういう作品はNHK教育とかで夕方放送すればいいのになぁ。

後半にまさかの泥棒登場でドタバタコメディにしたのも、子供向けギャグアニメの王道な展開。作画的にはここが一番の見せ場ということで、胡蝶の俊足描写や、壁を乗り越えられないでぴょんぴょん跳ねる鏡子、それにバテバテの晶子と、やはりキャラごとに丁寧に色をつけながら、スピード感とまったり感の混在するいい演出だった。「辻打ちはもう現れない」と言い聞かせる際の学長の表情は怖かったなw





野球アニメとしての今回のポイントは主にふたつ。ひとつは晶子が変化球を習得すること、そしてもうひとつは、尾張記子と川島乃枝がスコアブックの存在を知ってより細かい野球データの検証が出来るようになること。とくに後者は乃枝にとって、戦術構築において発想の幅をぐっと広げる重要な資料となるだろうし、ストーリー的にも、記子を傍観者ではなく主体的に桜花会と関わりを持たせるという点で価値のあるアイテムだ。今後は記子がスコアをつけることになるのだろうか?


一方、晶子の変化球だが、「魔球」という言葉に踊らされ過ぎだろうw 晶子は一見、比較的落ち着いた大人に見えて、実際は子供っぽい面が多分にあるなぁというのが、今回はとくににじみ出ていた。小梅が握り方を変えてみろと絶妙なアドバイスを提案していたが、前回までのイメージだと、そもそもまともな投球も出来てないのに握り方が関係あるのかなと思っていたところ、前回にくらべ晶子の投球はずいぶん上達していて、なんとか様になってきていた。公式HPのブログにも書いてあったのだが、野球の素人が徐々に上達していく様子を描こうと苦心しているのがよく分かる。ただ、なんだかサイドスロー気味に投げていたのは、自然とああなってしまったのだろうけれど、大丈夫なのだろうか。

そして肝心の変化球。転んだ拍子にフォークボールを投げていてお見事と思った。これは使える、と。だのに晶子ってば、すっかり感覚忘れちゃってるしwww 展開的に、今回はちゃんと変化球を覚えてくれるものとばかり思っていたので、あのオチと晶子のまぬけ面には盛大に笑ったw いや、本当に愉快ですわこのアニメ。大好きだ。




※追記

さっきは「魔球」という言葉の持つイメージから記事を書いていて、ようは晶子が、消える魔球だとかオカルト的な変化をする球に憧れを抱いているのだろうと推測して、その子供っぽさを嘲笑ったのだが、あとで公式HPのスタッフブログを見たら、当時は変化球という言葉が無く、変化球のことを同じ意味で魔球と呼んでいたのだということが書いてあって驚愕した。このアニメすげぇw

以前の「一円返して」というセリフや、相手男子を高校生ではなく中学生(旧制)としていたりなど、知識がないと現代の感覚で捉えて辻褄が合わなくなってしまうだろうに、何の説明もなく自然体でそういう単語を使うというのは、かなり冒険だと思う。まったりとした作品の雰囲気に飲まれてしまって気付きにくいのだが、細かいところにこだわる姿勢は素晴らしい。もうちょっと注意して視聴せねば。。。




にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック