涼宮ハルヒの憂鬱 「涼宮ハルヒの溜息Ⅴ」

よっこいしょういちwww また今回はアドリブさえてますなぁ。


OPとEDを端折ってやるだけの価値はあった。面白かったです。1期の頃の雰囲気に近いものがやっと見れた。映像に関しても、一部のシーンは別として全体的に動きは少なかったが、内容的にはそれで問題はなく、一方で色調や光の用い方などを工夫することでサスペンス色を押し出していて、話によく合った演出だった。


冒頭いきなり、長門の「知っている」というセリフから始まったが、こういう、あえて不親切な見せ方で視聴者を驚かし突き放すのは、劇の中身に注目してほしい時にはかなり有効な戦術だ。同じように、ハルヒにフィクションと現実を切り離して考えるよう仕向けるところでも、キョンがどんな方法を考え付いたのか視聴者に推理させる展開で、面白かった。とくにそのオチが、1期の第1話で貼られていた伏線を回収するものであったというところで、シリーズとしての繋がりがやっと実感できてよかった。


ハルヒの横暴さへの懸念や、古泉とみくるの相違、裏で激しい抗争が行われているという設定などのシリアス要素が、前回と今回はいいスパイスとして機能していたと思う。これが、物語に必要不可欠なスパイスなのだと分かってきた前回と今回は上手くいっていたが、前々回まではそれをスパイスではなく物足りなさだと認識してしまい、演出や脚本上の失敗だと思わせてしまったのは、もう少しなんとかならなかったのだろうか。原作ファンは気づいていただろうけれど、私は分からなかった。とくに「Ⅱ」と「Ⅲ」あたりで、もう少しはっきりと、今回はシリアス要素アリですよ、というのを、演出で提示してほしかった。



また正直、「溜息」の最初の3話がつまらなかったので、このエピソードを5話も引っ張る必要があったのかは謎。もう1話2話くらい短縮できたのでは、と思う。あるいは「憂鬱」と同じように、エピソードの狭間や、その直前に、純粋に楽しめる短編を置いてくれれば、長編エピソードとしての中だるみを防げたのでは、と思う。ここは、エンドレスエイトの弊害が思い切り現れてしまっていた部分だろう。


ともあれ、「溜息」編、終わって見れば面白かったという印象だったのは大きい。まだハルヒという作品に飽きずに済みそうだ。



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック