大正野球娘 第11話「そゞろに胸の打ち騒ぐ」

やべぇー盛り上がってきたぁ!

にゃぁー、もう好きすぎてたまらん。この作品に関しては、冷静な評価なんてできませんww



冒頭はいつもの小学生を完封してたのはびっくりだったw 1クールの宿命として、新魔球習得とかの、見たかったエピソードをばっさばっさと削られてる感じがものすごく強いのに、描写とセリフが分かりやすいので、一瞬で状況を理解できてしまうのはさすが。



晶子さんの新魔球って何だろう?変化球に詳しい人、教えてくださいw

ひっかけてサードに球が転がってたのを見ると、シュートかなぁと思うのだけど、自信がない。「自分たちで編み出す」という設定は、時代にそぐわない魔球を投げるための究極の裏ワザだと思うw



野球をやっていることを、小梅と晶子が揃って親にバレてしまうあたり、なんだかんだ言ってもこの二人が主役なんだなぁと思う。珍しくシリアス描写を未解決のまま引っ張ったが、次回、親御さんに認められての大団円を期待したいところ。


小梅父は、野球そのものではなく、隠し事や嘘に対して怒っているのだから、土下座して謝れば許してくれると思うなぁ。こんな物分かりのよさそうな両親になぜ今まで黙っていたのかという部分で、思春期の少女らしい小梅の頑固さが出ていると思う。


そして部屋を抜け出そうとしてた晶子には盛大に笑ったw 本当にじゃじゃ馬さんなんだから。可愛いなぁもうw


しかし、薩摩弁の書生を部屋の前からどかす役割、松坂さんの演技ではなく、小梅の色香でたぶらかすところを見せて欲しいと思ったのは、ちょっと変態チックでしょうかねw



急がば回れとはよく言ったもので、まさか事故って民家に突入するとは思わなかったなぁ。試合前に晶子を走らすなwww

このあたりの展開は、「どうせ間に合うんでしょ」と思っていても、やたら長く引っ張っていたのがすごくヤキモキさせられ、緊迫感が満載だった。エースと大黒柱を欠いて気合いの入らない描写も、二人が到着した場面の盛り上がりを上手く引き立てるいい演出。



さていよいよプレイボールということで、いよいよ朝香中との試合開始。両者並び立った際の身長差の大きさに、改めて桜花会の挑戦がいかに無謀なものであるかというのが見て取れる。


試合前日の各自の練習風景を見せるシーンで、乃枝だけが体を動かさずに黒板とメモに向き合っていたのが、いまさらそんなことやりますか、と思ってしまったのだけど、その乃枝の作戦がしっかり効果を発揮しているのを見せられると、こいつすげぇ!って思ってしまうねw 審判との駆け引きも含めた描写を見せられるとは。こういう人間の心理を突いた作戦立案や、小梅のリードをモノローグで語らせるあたりなど、「大きく振りかぶって」を連想する。しかし、小梅が晶子の制球力を「それだけが取り得」って言ったのにはもう腹を抱えて笑ったよw



試合開始の時点で今回は幕を引くのかなと思ってたら、意外にも序盤の3イニングを見せてしまった。これは次回、より濃密な試合シーンを描いてくれると期待してよさそうだ。

前回、朝香中と練習試合した際の大敗が脳裏に焼き付いていたので、桜花会が後攻というのがすごく怖かった。まずは小梅のナイスリードと晶子のナイスピッチをバックも上手く盛り立て、最高の立ち上がりを見せたのには大興奮だったが、それにしても桜花会を後攻にしたのは、きっとサヨナラフラグだろうなぁと思ってしまう。本当にサヨナラ勝ちを収めるか、それともあと一歩及ばずという悔しい展開にするか、どちらにせよ、桜花会を後攻にしたのはドラマとしての盛り上がりを計算に入れてのことだろうね。


もちろん、単純にホームだから後攻なんでしょうけどw





今回も胡蝶は最高に可愛かった。少ない出番でしっかりアピールできていたしね。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ゆ~さん
2009年09月20日 23:03
朝香中に勝っちゃうぞ~w小梅達がwww
まぁー最後は勝つと思ってましたがww
最初見たとき面白くなさそうって思ってて見るつもりなかった自分が楽しみにしてるww
こんなんでいいのかw俺・。・;
いいんですw
おパゲーヌス
2009年09月21日 00:30
最後勝つかどうかは、終わってみなければ分かりませんw
というか、負けて、悔しがって、でもお互いを認め合うって展開だったら熱くないですか?そんで、でも勝つまで頑張るんだと決意して、2期へつづく、みたいなw

この記事へのトラックバック