うみものがたり 第12話(最終話)「島の心 人の心」&シリーズ感想

なんて痛々しいOP。。。最終回とはいえ、こういう演出をやってくるとは驚きだった。



あーしかし、終わっちゃったなぁ。面白かったかと言われると微妙なのだけど、いい最終回だった。泣けた。


結局、最終回なのに変身したトコ見せないまま解決してしまったね。物語のテーマ性を考えるに、魔法少女バトルの扱いをオマケ程度に追いやってしまったのは、こちらとしては歓迎すべき展開。ただ、それなら最初からもっとバトル色を抑えて欲しかったというのはあるけど。


マリンが、ウリンの心を解きほぐして事件を解決するという流れは、どうせそうなるだろうと思ってはいても、セリフと演技からキャラの感情がよく伝わってきたので、心を動かされる。ウリンが身を呈してマリンを守ろうと決意したときに、本当にそういうエンドになっちゃうんじゃないかと一瞬でも思わせたのは、キャラクター描写の上手さがあったからこそだ。これのおかげで、やっぱり離れたくないと叫ぶウリンの想いがよく引き立っていた。



物語序盤から、光と闇の対比を強調してきていたけれど、どちらか一方を重視するということがどれだけ人としていびつなことかというのを、最後にしっかり表現できていたのは評価したい。光一辺倒のマリンがダークサイドに堕ちる展開でもそこは描けていたけれど、闇一辺倒のウリンが、マリンを好きだからマリンに嫌われたいなどと矛盾した言動を取っていたのは、まさに心の一面にばかり囚われた者のいびつさというものが強調されていて、そのうえで夏音がセドナの正体を解き明かすセリフのもつメッセージ性が生きてくるという構図で、作品のテーマを丁寧に表現できていたと思う。



ただしかし、やはりこのメッセージ性を最後に持ってくるための準備として、シリーズ序盤から中盤にかけての展開がもつ意義があまり感じられないというのは、なんとも惜しい。エンターテイメント的な視点から言えば、夏音とその周囲のラブコメがちょっと少なくて物足りなかったという話になるし、作品テーマに関して言えば、物理的な戦闘を描かざるを得ない魔法少女モノを採用したという点でそもそも方向性を見誤っていたのでは、という話になる。もっと面白く見せたいならラブコメをメインに据えて欲しかったし、メッセージを重視するならもっとおとぎ話みたいな方向性を取ってもよかったのでは、などと考えてしまうなぁ。同じ魔法少女モノでも、「プリンセスチュチュ」なんかは非常に上手く舵取りをしていたように思うのだが、今作はそのあたりで評価しきれない部分がある。


作画のクオリティはよかったし、演出も冴えていた。キャラは魅力的だしテーマ性もきちんと据えてあって、それをきちんと表現しきるだけの力量を見せてくれていた。こういった点で、かなり完成度は高い作品だったと思う。ただ評価と好き嫌いは別物というか、まぁそれなりに楽しませてもらいました、という印象でしょうか。少なくとも、ほぼ毎週こうして感想を書きつづるだけの魅力や価値はありました。



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック