CANAAN 第12話「忌殺列車」

何という緊迫感だろう。張りつめた空気が、鋭い刃物のように、胸に突き入り、えぐっていく。

映像の迫力ももちろんだが、それ以上にこの空気感ゆえに、息をするのも忘れて見入ってしまった。




アルファルドがカナンを意識しつづけてきた理由が、以前から仄めかされてはいたものの、ここにきてはっきりと提示された。現時点では、彼女のテロ行為に対する信条が、個人的な感情以外の部分では描かれていないのだけど、前回、ファクトリーを潰してしまった時点で、政治思想の絡んだドラマはもうやらないと、きっぱり宣言されていたようなものだったので、尺からしても描く気がないのだろう。カナンを越えたいという欲求がすべての行動の根本を成しているのだとしたら、おおげさなテロ行為やフラワーガーデン計画なんかに手を出す動機としては、ちょっと弱すぎる。傭兵稼業にかける彼女の想いをシャムとのエピソードに絡めてもう少し深く描いて欲しかった。


あるいはアルファルドの「蛇」という組織の立ち位置や、それに対抗する「鉄の闘争代行人」というものの存在理由が、アニメの中で語りきれなかったというのが大きいのかもしれない。「蛇」を作ったのがアルファルドではなく、彼女がたまたま組織の一員からトップに上り詰めたという話なら、テロや陰謀を駆使して資金稼ぎをするのが組織として当然の活動で、アルファルドはそれを踏襲したに過ぎないのだとしたら、「蛇」そのものに対する彼女の無関心さは当然のことであったろうし、「蛇」やフラワーガーデン計画を潰して肩の荷が下りたところで、満を持してカナンと対峙したのが今回の話なのだと解釈すれば、かなりアルファルドの行動理念が分かりやすくなる。また、以前カミングズが社会情勢を嘆いていたセリフも、「蛇」本来の活動理念があった上での発言なのかもしれない。このあたりの設定の説明が、シリーズ前半、できれば国際会議のときのテロ行為あたりで、ある程度の説明が欲しかったところだ。



一方、「消えた村」でカナンとアルファルドが会った際に、アルファルドがシャムと同じ色をしていたという話があったが、このあたりに関しては今回種明かしがされていた。マリアを即死させずに、回りくどいカタチでカナンの焦燥を煽って行くのは、とにかくカナンの能力を最大限に引き出したいのであって、そのためにはかつてのシャムの役割を買って出ることもまったく厭わないアルファルドの行動は、一貫している。アルファルドは、きっかけは嫉妬だったろうが、その憎悪をすべて手放すことなく、そのうえでカナンを乗り越えて見せたいのだろう。


カナンがどういう人物で、その力を引き出すにはどうしたらいいか。その見解が一致したうえで、カナンを倒そうと意気込むアルファルドと、カナンは負けないと信じているマリアの対比が、今回、列車上で起きているドラマの根幹部分だ。ここに関しては、アルファルドが自身の心情を明かすのと、マリアが改めてカナンとの接し方を考えるシーンが並べてあって、両者がカナンにどのような想いを向けているかが描かれていた。一方で今回カナンは、それに対して何も回答を提示できていない。次回、物理的な決着と同時に、作品テーマの描写もきちんとした決着を見れることを期待したい。





にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2017年08月21日 23:21
Thanks for finally writing about >b`m``m@_PQbu_EN_v _z_l__L/EFu_u_O

この記事へのトラックバック