咲-saki- 第24話「夏祭り」

これってオリジナル回?

いままで、原作を追い越した後でさえ、原作準拠というスタンスを取っていたように思われる今作だが、こういう回でアニメなりの魅力をばっちり示して欲しいところ。

。。。あくまでオリジナル回だとすればですがw





合宿に他校を誘うというのは、尺の関係で全国大会を描けないので、既存の人気キャラのチカラで作品の魅力を維持しようという作戦なのだろうね。もう燃え展開はお腹いっぱい感があるので、この展開は食後のデザートとでも言おうか、視聴者に優しい配慮だと思うw


また、ドラマの主軸を、合宿の話とタコスの勉強エピソードとのダブルスタンダードで描くのは、それぞれに1話分の尺を持たせられないという事情からだろうが、こういう構成の話は浦畑脚本の良さがもっとも生きるエピソードだと思う。今回も、あっちこっちへグルグルと視点を回しながら、最終的に一番きれいなオチどころへ知らずのうちに導いてくれていて、見事な構成力だなぁと改めて実感させられた。


自分が浦畑達彦すげえと思ったのは、「ストロベリーパニック!」の第8話、「紫陽花」という回を見たときだったのだが、そこで、傘と紫陽花の花をオーバーラップさせて、それをドラマのもっとも象徴的なシーンとして描いていたのと同じことを、今回は花火と花マルで見せてくれていた。どちらも、地味だけれども、職人技的なうまさがよく発揮されていた回だと思う。



今回は作画も非常に特徴的でしたね。今回のような感じのデフォルメは、今作では初めてだったと思うのだけど、誰か名のある人の仕事なのだろうか。

また百合色満載のフェチ描写も気合い入っていたなぁ。24話目にしていまさら雷の話を蒸し返したり、靴下を脱いだシーンでどぎまぎさせられたあとに、二人の距離が急接近する様子なんか見せられたら、激しく体の一部が反応してしまうじゃないかwww



そんなわけで、脚本的にも、また映像的にも、非常に見どころ満載な回だったと思う。ずっと重たい話が続いていたので、もうあとは最後まで、こういうのん気な雰囲気を保ったまま進めて欲しい。あと2話なのかな?

麻雀を通してできた友人の熱い絆をテーマに据えて話を作れば、作品としてかなりいいまとめ方ができるんじゃないかなぁと思っていたので、今回、4校勢ぞろいで合宿をするというのは、期待通りの展開になってくれそうで楽しみだ。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年09月21日 04:23
食後のデザートというのはなるほどですね。
視聴者にとっては、盛り上がって燃え尽きた感があった、決勝戦。そこで終わっても美しかったけど、まだ、もう少しだけ見ていたい視聴者へのちょっとしたデザートということですね。てか、少しだけでなく、デザートは別腹とばかりに、まだまだ続いて欲しいと心から願ってしまう本作品。萌えだけでいうなれば、昨今の作品の中では、個人的にずば抜けているイメージですw。

あと、デフォルメは今回は面白くしてきたなぁというイメージで、今までと魅せ方が違って新鮮でした。小っさい衣も魅力的でしたが、咲たちの崩れた表情とか燃え尽きたタコスとか好きだなぁ。EDを担当している方だろうか? スタッフの名前覚えるの苦手で私もわかりませんでした。

あと、番組表見たら、次回で最終回だと思う。25回と中途半端だけど、1回流れたからなぁ。
おパゲーヌス
2009年09月21日 12:17
>ヨークさん
コメントどうもありがとうございますー。

次回最終回ですか。。。むぅ。寂しいですな。
個人的には麻雀やられても良く分からないので、こんな感じで浦畑さんオリジナル脚本の百合回を描いてくれたら、あと2クールはイケますw

デフォルメは、自分はうへぇーってなってる咲や和を見て、「ぱにぽに」の原作漫画を思い出しましたよwちょっと作風には合わない感じではありましたが、けっこう好きw

この記事へのトラックバック