CANAAN 第13話(最終話)「キボウノチ」&シリーズ感想

ストーリー的にも、作品評価的にも、最後までどう転ぶかまったく分からなかった今作も、とうとう終わってしまった。


まず今回に関して言えば、とても美しい余韻を残した最終話だったと思う。

最後だけあって、カナンとアルファルドの対決は素晴らしいアクションになっていたし、その決着の付け方も意外性があって見事。またマリアが病院で目覚めた後は、つい先ほどまでの事件が遠い過去の記憶のような気分にさせられ、マリアとカナンの独白、写真展の一幕、そしてCパートのカナンの描写と、じつに印象的な描写が並ぶ。

難しいことは置いておいて、ただこの儚い美しさを孕む寂しげな余韻に浸らせることで、叙情的な詩や小説を読み終えたあとのような感覚を与えることができていた。アクション巨編の幕引きの仕方としては、これ以上ないと言うくらいに美しい終わらせ方で、このあたりの脚本家やアニメーターの手腕は見事だったと思う。



ただ、シリーズ序盤から言われていたことで、「この作品は結局、何をやりたかったのか」という疑問を視聴者に考えさせてしまうシリーズ構成や脚本は、それが伏線として機能しているうちは良いのだが、最後までそのままだったというのは評価を下げる。このへんはどうせ批判が多いだろうから、ここであえて強調する必要はないだろう。

ただ、この作品は本当に何だったのか、何がやりたかったのか。この点について、私の思ったことを書いておくことは無意味ではないだろう。



今作のストーリー展開における最大の失敗は、作り手の意図と視聴者の期待にズレが生じてしまったところにあると思う。

ガンアクション全開の娯楽大作になるのではないかという第1話視聴時点での期待は、難解な設定や、小難しいセリフ回しで展開される複雑な伏線の前に、あえなく砕け散った。では社会の在り方に釘を差す政治ドラマになるのかという予想も、陰謀ドラマが最終回まで2話も残しながらあっさりと終了してしまったことで、これも違うということになった。

それならということで、キャラの生き様を通して、見る者に生きる意味を訴えかけるメッセージ性のあるドラマにしてくれるのだろうというのが私の期待だったのだが、どうやらこれも期待の仕方を間違えていたらしい。


最終話まで見終わっての結論としては、このドラマは、二人の傭兵の間を駆け抜けた一陣の風を、肌と心で感じる物語であったと、言えるのではないか。

風とは、大沢マリアであり、蛇であり、フラワーガーデン計画であり、二人の対峙である。つまり、深い因縁を持ったカナンとアルファルドが、それぞれ波乱の人生を走りゆく中で、偶然と必然が絡み合ってたまたま二人の道が交錯した瞬間の出来事を、ハサミで切り取り、我々の前に提示して見せた。それは二人の生き様のごく一部分でしかなく、訓話的な意味も意図も持たないものであるが、しかしドラマティックで印象深いこの出来事を、見る者の心に触れさせ、感傷を引き起こす目的で描いたものだと思う。

ありきたりな言葉で言うなら、頭で考えるアニメではなく、心で感じるアニメ。そういう意図で、切なさと寂しさと希望とを感じ取れるような、詩的な作品に仕立て上げたかったのだと思う。最終話の結末の付け方とその描写を見るに、そう結論付けていいと思う。


こう考えて改めて振り返ってみれば、第1話から描かれてきたキャラクターの心理や言動とその変遷が、作品としてきちんと意義が込められていたと見ることが出来るのではないだろうか。少なくとも脚本家の意図はこの解釈でいいと思う。




この前提に立った上で今作のストーリーの評価を考えてみると、「何がやりたかったのか分からない」という批判は成立し得なくなる。しかしながら、やりたかったことが分かっても、両手を上げて褒め称えるほど良く出来た作品だったかと言えば、それは否だろう。作品の方向性をきちんと見据えてあったとしても、その意図が視聴者に伝わっていなかったというのは確実で、シリーズ序盤からもっと分かりやすいカタチで「こういう作品を描きますよ」という態度を見せて欲しかったと思う。


具体的には、難解な設定の扱い方をもう少し考えるべきであった。原作のあるものなので設定を変えろとは言えないけれども、前回も書いたように、今作の主役たる”二人のカナン”の立ち位置と行動理念が最後までよく分からなかった。蛇がどういう目的で活動していて、その中でアルファルドがどういう存在なのか。また、鉄の闘争代行人たるカナンはどんな仕事をやっているのか。これがはっきりするだけで、遥かにドラマの基本構造が理解しやすくなったはずだ。


とくにアルファルドと蛇については政治色の強い立ち位置であったために、彼らについての説明不足が、根本的に作品の方向性をぼかしてしまった。視聴者に間違った期待を持たせてしまった第一の原因はココにある。蛇や、政治色の強いテロ行為などが、アルファルドとカナンの因縁ドラマを彩るための舞台装置に過ぎないのだということをもっとアピールしておいてくれれば、もっとすんなり、二人のライバルのドラマに注目することができただろうし、その中でマリアの果たす役割の重要性というのも理解できたはずだ。

いまから考えると、たしかにその意図はところどころから読み取れるようになっていたとは思う。けれども、あまりにもそれが他の要素に隠れすぎていた。ここは、意図的なものではなく、単に描写の仕方を誤ったと見るべきだろう。



作画演出の良さと、ひとつひとつのセリフの用い方の上手さなどは非常によく出ていただけに、全体のストーリーが意図の分かりにくいものだったというのは、とても惜しい。アニメーションとして多くの魅力を抱えていながら、たった一点が成功していなかったというだけで評価を大きく下げてしまうというのは、なんともやりきれない想いがあるのだけど、これだけエンターテイメント性が重視される近年でさえ、やはりアニメの肝はストーリーなのだと痛感させられる。




ともあれ、この最終話で見せた、事件の後日譚の描き方(マリアが病院で目を覚まして以降の部分)は、脚本、演出ともにベタ褒めしたいほど素晴らしいもので、こんなに感動的で美しいドラマに締めくくってくれたことには、心から拍手を送りたい。こうした部分のスタッフの力量の高さというものは、シリーズ全体を思い返してもよく実感できていたし、アニメーションとしての評価はかなり高い。それに、何より面白かったと思う。



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック