咲-saki- 第25話(最終回)「全国」&シリーズ感想

ちょw なんかイロイロおかしすぎだから!


最後はスポ根色を押し出して、これからが戦いの本番だっていうトコでカッコよく締めた予想通りの結末。それはまぁいいんだけど、いよいよもって奇抜な全国区のメンバーに噴いたw 今後の原作の展開に期待してくださいね、という意図が込められていたんだろうけれど、せっかく1期OP曲で気持ち良くEDに突入しようというトコで、奇人変人オカルト麻雀のオンパレードwith盛大なSEという見せ方は、やりすぎENDと名付けたくなってくる。


まぁ麻雀で負けたくらいで心に傷を負わせたりするような奴らですからね。こんだけトンデモ設定が全開なのはむしろ清々しいくらいで、こういうのもアリなのでしょう。個人的には全国戦がアニメ化されなくて心底良かったと思うのだけどね。


きっと、原作漫画は一昔前の少年漫画にありがちな方向へ展開していくんだろうなぁ。最初はギャグ漫画かと思ってたら、後付け設定がどんどん壮大になっていって、いつのまにか計り知れないスケールを持った格闘モノになってるっていうね。ラッキーマンとか、しばらく見なかったうちに信じられない方向へ話が進んでたからなぁw


とまぁ、そんな、読んだこともない原作に対する懐かしさ満載の突っ込みは置いておくとして、アニメ最終回です。温泉です。卓球です。そして百合です!咲×和の描写は本当にグッジョブだと思った。浦畑さんさすが。この、あまりえげつなくなり切らない、友情と恋愛の狭間みたいなカップリング描写は、じつにニヤニヤさせられる。




さすがに前回に続く話として、あまり燃え要素は含ませず、いちおう目標を見据えながらも楽しげに合宿をしていた今回。つかほとんど温泉シーンだった気もするw


妹尾はいまだに役覚えてないんだなぁw 加治木は全国のデータまとめるより先に、いつでも持ち歩ける役の早見表を作ってやれと思うw まぁ、役を知らないからこそのビギナーズラックだとは思うけどね。普通かわいいよ普通。

その加治木だけど、やっぱりこの子は燃え展開でこそ映える。モモの積極攻勢にたじたじなのも可愛いんだけど、内に秘めた闘志を燃やしたりしてキリっとした表情を作ると、画伯の演技も込みで相当かっこいい。


麻雀ではいまいち存在感無かった透華は、ここぞとばかりにキャラアピールしてるしw


今回、風越がちょっと存在感薄かった。池田もあまりうざくなかったし。しかし宮永照のエピソードを語る福路キャプテンの図は、彼女の他人想いな性格を考えると、脚本的には激しく疑問。順位とか立ち位置からして、まぁ記者との絡みが一番、ありそうなキャラではあるのだけど、彼女にだけはこういうカタチでの空気読まない発言はして欲しくなかった。誰か別の人に言わせるとか出来なかったんだろうか。知らなかったんだから仕方ないとかではなしに、キャラクター作りの問題として、他人の心の傷をえぐる役回りを、このキャラにやらせたのは減点対象だ。


その福路の言葉を受けて咲が飛び出し、それを和がなぐさめにいってフラグ立て、というのは、展開としては王道だったが、今回こういうシリアス描写を入れてきたということに関しては意外だった。もっと楽しげな雰囲気に終始する中で全国への決意を新たにする回だと思ってたので。今回の構成のおかげで、以前、宮永照の恐ろしげな絵が挿入されていたのが、ちゃんと意味を持つことになったのは大きい。

しかし、せっかくのシリアス描写も、咲の胸チラが気になってそれどころじゃなかったwww


いつぞやの合宿回でも、脇チラ胸チラ太ももチラは、絶妙な描き方がされていて大変、感心したものだったが、今回もきちんとそういう描写が挿入されていて、大変満足。やはり胸チラは貧乳に限る。


ちなみに、貧乳好きだからといって、タコスや衣に萌えるかというと、話は別である。貧乳属性とロリコンや幼児性愛は似て非なるものだ。




とまぁ、今回に関しては、書くべきことはこれくらいかな。今回あまり考察のしようがなかった。





さてシリーズとしての感想だけれど、とにかく2クール楽しませてもらったというのは事実。ただその上で、過去の記事でも書いたけれど、麻雀シーンの描き方は、もっと工夫して欲しかった部分だった。4人でやるゲームなのに3人しか出番がないとか、無駄な回想シーンがテンポを悪くしていたりとか、とんでもないオカルトや理不尽な展開がまかり通っていたりとか。


とくにオカルトに関しては、主人公がオカルト派筆頭という時点で、トンデモ麻雀にならざるを得なかったのは残念。これが、主人公が凡人で、努力と根性でオカルト、デジタルの強豪を打ち破って行く展開だったら、どれほど燃えたことか。



一方で萌え要素としては、これはかなり健闘していた。前述の胸チラ、脇チラや、いわゆる”はいてない”描写など、見るべき部分は多かった。しかし、もっと上を行けたとも思う。

今作の映像の大きな傾向として、特徴的なシーンの描き方はかなり上手いのだけど、その周囲や、比較的どうでもいいシーンの描き方が無難になりすぎるきらいがあった。また浦畑達彦の得意とする、複数の視点・エピソードを同時並行で描きながら、立体的にストーリーを構築していく上手さを、映像的にきちんとフォローしきれていなかったような印象で、ぶつ切りな感じを受ける場面が散見された(ストロベリーパニックはこれが上手かった。作画の質は低かったが、コンテが良かったのだと思う)。このあたりでもっと工夫できれば、特徴的な”萌え”や”燃え”を引き立てる見せ方ができたと感じる。


あとは、製作状況のゴタゴタがあったにも関わらず、それを見ていてほとんど感じさせなかったのは褒めるべきところだろうか。「バスカッシュ!」は今作より映像のクオリティが高かった分、監督交代といったゴタゴタが作品に表れてきていたりして、あるいは先日の「化物語」も制作状況を視聴者に心配させるようなものを提示してしまったりしていたのに比べると、今作は遥かに安定した作品を提供できていたと思う。たぶん監督の舵取りが上手かったのではないかと想像するのだけど、どうなのでしょう。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年09月28日 04:55
キャプテンは空気読まない子なんじゃなくて、空気読めない子なんですよ。とにかく良かれと思い、というのが多いキャラという印象。自分の事以外で一生懸命にならないで、と池田が言うのはそれが一つの理由でもあるんですよ。とにかく周りに対して、おせっかいを焼いてしまう。それが良くても悪くても、良かれと思って。何も全てが全て、人が出来たキャラではないです。そんなキャプテンにも欠点があるんですよ。ちょっとしたおせっかいで周辺機器のコードでからまったり、一年生をかばうために、自ら雑用をやる姿勢を見せるも、コーチと部員の不仲にはそれほど踏み込んできません。もしかしたら、キャプテンを雑用に回しながら、お前たちはまだその成績かと、コーチは怒っているようでもあり、他にも多々、余計なおせっかいをしてしまうキャラだと私は思いますよ。だから、別に咲を傷つけるようなことを言いたいんでなく、ただ、うっかり事実を話してしまっただけなんです。だから、そういうキャラだということを他のみんなも知っているから、誰もキャプテンを責めていない。それに妹かどうかの久の発言に咲は答えていないので、姉妹かどうかも、この時点では不明だったと思います。そういうこともあって、別に不自然に感じなかったけどなぁ。和と久のフォローが良かったのが逆に好印象だったよ。
おパゲーヌス
2009年09月28日 10:52
>ヨークさん
いやいや、ですからキャラの役割分担としてですね、福路には、人を傷つける役割をやらせて欲しくなかったという話です。
キャラクター作りというのは、見た目や性格設定と同じくらい、劇中の役割分担というのが非常に重要になってきますよね。ソコの部分で、福路に、咲が傷ついてしまう直接的な発言をさせたということに、違和感を感じました。
これが、あとで咲と照の関係を知って、「そういえばあのときこんなことを言ってしまった」と後悔するような場面が描かれる伏線なら問題ないのですが、いかんせん最終話ですしw

この記事へのトラックバック