乃木坂春香の秘密ぴゅあれっつぁ♪ 第2話「入れてください……」

MXは勝ち組。


ぐぁー。先週も書いたけど、つくづくOPがイイ。素晴らしいよこのOP映像は。姫宮みらんも可愛いし、椎菜のデフォルメも萌える。そうした個々に大変魅力ある絵やカットが、これだけの密度を持って、しかも計算されて配置されているというのは、改めてすごいと思った。


さて本編は、絵のヘタクソな春香が無謀にも同人誌を作るという話。まぁ定番といえば定番なイベント通過で、むずがゆくなるような甘ったるい純愛ロマンスを、これでもかと見せつける安定したクオリティ。



部屋での春香と裕人の会話は、1期でも同じようなことをやっていたし、手法としては古くさいんだけど、今回に関しては妄想とはいえすごくいい絵を挿入してくれており、眼福眼福。今回はセリフもなかなかきわどくて、どうせ違うと分かっていながら、思わずニヤニヤしてしまう。というか、


パパは今回悪くない!断じて悪くないぞー!!


しかも乃木坂家で食事まですることになっちゃって、あぁぁ、あの金持ちの親父さんが惜しがるほどの酒を、この二人に出しちゃだめだってw そのヘンのコンビニで買った安酒と、メイドのまかない料理で十分だろw


どうもウザい役回りの玄冬だが、今回ばかりは彼に心から同情した。南無。



さてBパートはあのひどいイラスト集を実際に売りに出すことになったのだが、どんなに出来が悪くても、春香を悲しませる展開にはしないのが今作らしいなぁと、他サークルの人が挨拶に来たシーンでは思っていた。しかしさすがに、この同人誌が売れまくる都合良すぎる展開にはしなかったか。苦難と成長の描き方としては、劇中劇のほうがシチュ的には熱かったが、春香の涙なんか見せられたらもう他のことなんてどうでも良くなる。こんなベタな展開でもらい泣きするなんて、自分も甘いなぁと、ついつい思ってしまったw



前回、波乱の三角関係を予感させる椎菜の様子が描かれていたが、まだ今回は、彼女は笑いとエロスでの視聴者サービスにとどまる役回り。百合好きの自分にとってはじつにいいサービスシーンだった。百合の花がぽとりと落ちるカットは、先生の魔手に椎菜が堕ちたことの暗喩に違いないと思ったw 実際には胸揉まれただけっぽいのは残念だけどね。しかし助けを呼んだって、この状況で本当に裕人が帰ってきたら、それはそれでマズいだろうに。




アリスにほとんどしゃべるシーンがないのは、くぎゅファンは不満だろうなー。次回予告担当だとしたら、クイーンズブレイド状態か。ただ次回は何かありそうな予感ですね。次回予告でのツンデレ解説にはいろいろと反論がある。まぁ釘宮さんがやってきたツンデレって、ほとんどが”いわゆる”という枕詞付きで語られるべきツンデレであって、そういう意味では釘宮さんを引き合いに出した上での今回の解説は、正しいと言えるのかもしれない。



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村




佐藤利奈(天宮椎菜)/乃木坂春香の秘密 キャラクターCD 3(CD)
ぐるぐる王国 楽天市場店
■発売日:2008/9/26■在庫状況:1?3日以内に発送致します(土日祝除く)※ご注文タイミングに

楽天市場 by ウェブリブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック