乃木坂春香の秘密ぴゅあれっつぁ♪ 第3話「あっ、痛……」

そのサブタイトルが痛いってww


冒頭から何の劇中劇かなと思ったら、しっかり本編だった。くぎゅファン大喜びだろうな。しかも今回のヒロインはけっこう真っ当なツンデレで、ちゃんと時間差での心情変化が描かれている、なかなかいいキャラだった。


春香の出番が少なかったのは残念ですよ。まぁ、そのかわり極上のニヤニヤシーンを見せてくれて、出番の少なさのわりには存在感はしっかりあったのが救いだけれど、せめて本編最後に顔見せくらいはして欲しかった。一方椎菜の扱いは相変わらずひどい。前回まで気付かなかったけど、今回EDを見て、キャスト紹介のトコで椎菜の名前がルコと由香里先生の下になっていたことに絶望したw




本編は典型的なゲストキャラ回という感じで、単発エピソードとして起承転結が良くまとまっている、無難だが安定感のあるストーリー構成を、萌えエロ描写とパロネタで彩っている。無駄にパンチラが多すぎるのは名和監督作品らしい部分だが、自分はあまりパンチラは好きではない。スカートの中は見えないからこそ神秘的な魅力があると思う。その点、怪我の治療にニーソを脱がすあたりの描写は非常に高得点。2期は全体的にエロシチュの描き方がクオリティ高い。




天王寺(下の名前、漢字が分からんので名字で呼ぶ。録画だと文字の判読が難しい!)は、境遇が「ナウシカ」のクシャナに似てるなぁと思っていたら、しっかりナウシカネタが入っていたのは嬉しかった。しかし、世界征服のために遺産が欲しいとのことで(真相は謎だけど)、そのために辛い想いをしている天王寺を、裕人が救ってあげるお話になるのかと予測していたら、全然そんなことはなかった。大切なのはお金だけじゃないっていうメッセージは伝わっていたようだけど、じゃあ遺産を諦めて普通の女の子としての生活を目指す的なエンドが来るとばかり思ってたのに。彼女が本当にゲストキャラで、今回だけの出演ならいいのだけど、これからもちょくちょく顔を出すのなら、もう少しシリアスに突っ込んだドラマがあっても良かったと思うなぁ。とくに、お給料が5円というオチ、天王寺の配慮で数万円くらいプラスしてあげてもいいじゃんとか思った。




ところで、裕人がエロシチュを前にして表情を少しも崩さないのは、鈍感ではなくポーカーフェイスなのだろうかw 傷を治療してるときに、少しでも顔を赤らめてもおかしくないシチュだと思って、でもこれは彼の真面目さをよく表してるシーンなんだろうと思っていたら、あとで美夏たちに指摘された時はしっかり恥ずかしがっていた。けっこうムッツリだよね、裕人ってw 


「理不尽な扱いには慣れてる」と言って頭の中に思い描いた女性陣の中に、しっかり美夏が混じっていたのは面白かった。そういう扱い何だ、妹ってw



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえるとやる気でます^^


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック