とある科学の超電磁砲 第1話「電撃使い」

やべぇ、黒子かっこよすぎるwww


素晴らしい第1話だった!秋アニメでは3つめの視聴だが、ここからようやく今期がスタートしたって感じ。最高の映像クオリティ、じつに魅力的なコンテと演出、テンポが良く、かつドラマティックな脚本、それに声優陣の絶妙の配役。そして極めつけは、とんでもなくカッコいいOP映像。今回の話をまるまるアバンのような扱いにして、さぁこれから始まるぞ!という強い期待感を湧きあがらせる、最高の30分。スタンディングオベーションものの見事な出来映えだった。



じつは、1期(というか今作は外伝なので、なんと呼べばいいんだろ。禁書編?)はあまり面白いとは思わなかったんだよね。作画の良さと世界観やキャラの魅力、そして大筋のストーリーの面白さは十分伝わってきたんだけど、脚本がイマイチすぎてすべてがぶち壊しだという評価だった。毎回、つまんねーなーと思いながら、それでも2クールまるまる付き合うだけの魅力を感じつつ、非常にもったいない、もっと工夫できたろうに、というのが正直なトコロだった。これは原作をどうアニメ化するかという問題に関わってくる部分だとは思うけど、「原作通り」の作品作りを行ったという話だったが、その姿勢はアニメの作り方としてどうなのだろうと、原作未読の身としては思ってしまった。


レールガン編は、まぁ監督が長井氏で、脚本家も変わるということだったので、このあたり上手く料理してくれるといいなぁと思っていたのだけど、今回のは原作と比較してどうだったんだろう。少なくとも今回に関しては、禁書目録より遥かに面白かったんだけど、これはもともと原作の方向性が違うということもあるだろうが、脚本上の、話のまとめ方、セリフのつなぎ方等の工夫の有無は、ぜひ原作既読者の意見を聞きたいところだ。





一方で映像に関しては、これは禁書目録の頃から素晴らしかったのだが、スタッフが変わっても画風はあまり変えずに、それでいて禁書目録通り、あるいはそれ以上の作画を見せてくれていたのではないだろうか。とくに、今回はコンテの良さが非常によく出ていたと思う。アクションシーンしかり、日常描写しかり。もちろんそれを盛り立てる演出も見事だったし、テンポの取り方がメリハリが効いていてよく計算されていたと思う。とにかく、劇の作り方としてじつにレベルが高かった。



とくに、AパートとBパートでさんざん黒子のかっこよすぎるアクションを見せておいて、めちゃくちゃ盛り上がったところで、いよいよ真打ち登場!という場面の雰囲気作りは見事だった。一瞬、劇中における動きも音も停止させることで、高揚感が一度頭打ちしていたところに少し熱を冷ます。そして、本当の主役がゆっくりと登場し、きたきたきたー!!と、こちらの気分が一気に高ぶり頂点に達したその瞬間を狙い澄ましての、絶妙なタイミングでのレールガン発砲!絵的なカッコよさ溢れるシーンの見せ方として、この間の取り方、視聴者の興奮状態を計算し尽くした上での展開の仕方には、心底、感服した。


いやー、これは本当に、1週間過ぎるのが楽しみな作品になった。今夜もう一度見ようっと♪



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック