生徒会の一存 第1話「駄弁る生徒会」

不覚にもツボった。


なにこのアニメ。めっちゃ面白かったんですがwww

うわぁーでもどうしよう。突っ込みどころしかなくて、感想書くことが無い!


とりあえず、ヒロイン連中はみんなじつに魅力的なキャラデザだった。誰が好みかって言う話が今のところあまり成り立たないが、とりあえず先生に一票w

一方で主人公はウザかっこよくて、好感の持てる暴走っぷりだ。


終始部屋の中で話を完結させるのは倉田英之が「かみちゅ」や「かんなぎ」で上手く料理していた作劇手法だが、今作はシリーズ全編を通じてほぼこんな感じなのだとしたら、かなり画期的なアニメになると思う。ただそれにしては部屋の中が殺風景だったので、こういう構成は1話だけで、次週以降は活動領域が広がるのかもしれないとも思った。

あ、原作既読者はネタバレ禁止でお願いしますね。



その原作は小説とのことだけど、今回はそれなりにアニメオリジナルなメタ発言が入っていて面白かったなぁ。花田さんの脚本なので、オリジナル要素はどんどん盛り込んでくれた方が面白くなる気がするが、原作通りかどうかは置いておいても、この勢いで突っ走ってくれるなら、本当に楽しめる怪作になりそう。


しかも、内容のくだらなさに比して、意外と映像のクオリティが高い。スタジオディーンは個人的にはあまり作画の評価が高くない部類の制作会社なのだけど、ここは監督の手腕が発揮されていたかな。アバンでのパロネタの使い方は、遊び方をちゃんと分かって作ってる印象で、とても評価できる。



監督に佐藤卓哉、脚本に花田十輝というのは強力なタッグだなぁと思っていたら、ED映像は西村純二ですか。何気に名のある人を揃えてるなぁ。ちょこまかと動くED映像は大変可愛くて魅力的だったのだけど、個人的にはOP映像のセンスとクオリティにびっくりした。


ということで、視聴決定&できれば感想も書いていきたいと思う。しかしこういうアニメの感想書くのって苦手だからなぁ。途中で断念するかもw



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック