ささめきこと 第5話「friends」

「夢で逢おう」はねーよwww


朋絵は面白いな。歯を光らせたりとか、「ご飯?お風呂?それともアタシ?」との典型的な質問に「全部だ!」と答えたりとか、予想の斜め上すぎて腹筋が痛いw






回はタイトル通り、出会って間もない百合趣味少女たちが友達になるお話。片想いの描写に主眼を置いていた頃に比べて、すっかりギャグアニメっぽくなってきた。朋絵も言っていたが、恋と友情はそれぞれまったく異なる性質のものであって、その立て分けをきっちり描いている。


主人公がヘタレな分、一瞬シリアスに傾きかけたシーンがあったが(純夏が帰ると言いだしたトコ)、恋を描くエピソードならあの場面は決裂が描かれたであろうけれど、そこで風間が鍋を投げつけて純夏を引きとめたのが象徴的だ。ギャグに絡めて、これまでさんざん描いてきたはずの純夏と風間の関係性にも新たな一面を付け加えるシーンであって、前回登場したばかりの二人を描くだけでなく、主役二人のキャラも深めている、「friends」とのタイトルにふさわしい描写だった。





夏はこの新たな友人との一幕を経て、どのような心境の変化が訪れたのだろうか、野江さんに料理を教えてほしいと告げる場面は印象的だった。このセリフを語る前後のわずかの時間だけBGMが切られていて、このセリフが今回の純夏を象徴するものであったことを示している。同じことはCパートの朋絵の、学校は楽しいというセリフについても言えるのだが、こちらは朋絵が学校という場所をどのように捉えているのか、何か含みを感じるシーン。今のところ朋絵とみやこのカップルはギャグ要員として劇をかき回す役回りだが、もう少し真面目な展開になってきたときに活かされる伏線になりそうだ。


思えば朋絵は、明らかに純夏の気を惹こうとする素振りを見せているのだけど、恋人のみやこはそれを見ても何の反応もしていないのが気になるトコロだ。そもそも女子部自体、ハーレムを作ると宣言してるようなモノで、普通なら恋人として、怒ったりヤキモチを焼いたりするだろうに、他の女に色目を使っても何も言わないというのは、朋絵のそれが冗談であるというのを分かっているという信頼の証であるのだろうけれど、さらに、朋絵が友人を欲していたということに関係があるように見える。


みやこはバカばかりやっているように見えるが、純夏の心の声を読んだりしているのに明らかなように、他者の心情を察することに長けているようだ。彼女は朋絵のパートナーとして、朋絵がよき人間関係に恵まれるのを強く望んでいるのかもしれないというのが、今回見えてきた部分だ。裏を返せば、それは朋絵がみやこ以外によき友人を持つことが出来ていないということで、Cパートでの朋絵のセリフからもそれを察することができる。現時点では、友人ができない理由というのは同性愛者であるというその性癖くらいしか原因が思いつかないのだけれど、そんな単純な話かどうか。このあたり、次週以降の展開で注目しておくべきかもしれないと思った。






間関係といえば、他にもいくつか気になったこと(突っ込みどころ?)がありました。


まず、風間が図書委員を続けていること。前回コメント頂いた際に、風間が図書委員を辞めてるっぽい(以前好きだった先輩との接し方から)とあって、その通りだと思ったのだけど、健気にもまだ活動は続けてた。まぁ、そう簡単にやめていいもんじゃないか。本好きなら本に囲まれていたいだろうし。しかし、もしあの先輩も一緒に活動してるのなら、気まずいなぁ。そんで、1話で言及されていた男子がまだ風間目当てで図書館に来てたりとか考えると、すごくドロドロした委員会活動に見えるww このあたりは完全に本筋ではなくなっているので、今後描かれる機会があるかどうかすら謎だけど。ただそれなら前回あの先輩を登場させた意味がないので、こちらのドラマもまた描写される可能性は、なくはないだろう。


それから、家政婦の野江さん。前回まで見てて、母親にしては敬語でおかしいなぁとは思っていて、義母か何かだろうかと思ってたら、家政婦とはね。しかも百合www 3年働いただけであの純夏ラブな様子は異常だろう。さすがにこの人は脇役として、百合設定もネタでしかないのだろうとは思うけれど、このアニメの登場人物は本当にネジが抜けてる人ばかりで面白い。


いまんとこ、メガネちゃんこと蒼井あずさと、風間兄はすごくまともに見えはする。ただ蒼井あずさに関しては、前回、朋絵とみやこを指して「破廉恥」呼ばわりしていて、頭の中ではやましい妄想をしているに違いないと思った。この子は早く表舞台に立って欲しいな。風間兄は、すごくいいお兄さんだったけれど、このイメージを額面通りに受け取っていいものか、ちょっと分からない。悪いことをする人には見えないが、メイド服を持ってるというのは、やはりどこかネジが抜けている可能性が高そうだ。まさか今回だけの登場ではないだろうし、どんな活躍を見せてくれるのか期待しておきたい。




にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえるとやる気でます^^

輝光翼戦記 天空のユミナFD
↑待望のFD発売決定!だそうです。全力で応援します!


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年11月05日 20:18
こんばんは。
どうしても「青い花」の後番的ポジションなだけになにか頭につっかかるんですが、
1話が非常によく出来ていたので今ではすっかり愉しんでみてます。
個人的に純夏と潮の印象が1話のときからすっかり逆転していて、潮は物凄くデキた子で、
逆に純夏はかなり情緒不安定なキャラに見えます。恋心って厄介ですね笑
ちなみに私は本を汚されたら(というか部屋を爆発させられたら)確実に怒ると思うので、
潮の心の広さにかなりときめきました!
両親が家にいないということで薄幸少女と決めつけるわけにはいきませんが、
友達が家に来ているのに家事を優先するところや、高本さんの母性を感じさせる声が、
「若いながら頑張って生きてるんだなあ」と私を勝手な妄想の渦に巻き込み庇護欲がそそられました笑

最後になりましたが、相互リンクのお誘いありがとうございました。
リンクさせていただきましたので、ご確認ください。


おパゲーヌス
2009年11月05日 21:07
>亨太郎さん
コメントどうもありがとうございます。ちょっとリンクはまだ確認できないんですが(場所が分からないw)、今後ともどうぞよろしくお願いしますね。

風間は自分は評価がむつかしいキャラなんですよね。いまんとこ天然で鈍感に描かれてますが、じつは純夏の想いにとっくに気付いてるんじゃないかと、勘ぐっています^^

何にせよ、もはや「青い花」の後発だなんて言わせない魅力を獲得できてる作品になってると思いますね。来週以降も期待大です。

この記事へのトラックバック