ささめきこと 第7話「少年少女」

っ込みどころが多すぎるww


たしかにおちゃらけた話だけど、めちゃくちゃ面白かったなぁ今回。女装少年好きとしてはたまらないエピソードでした。朱宮の場合は、片想いに絡めてシリアスなドラマを見せるよりも、こういうバカな展開のほうが生き生きとした活躍が見れていい。


また、妹の暴走が妙に心地よくドラマを引っかき回してくれていた。さすがにレギュラー化はないと思うが(毎回登場されたらうるさくて仕方が無い)、しかしまた出番の欲しいキャラだ。






回は細かい描写にヘンなこだわりを見せていて、本筋とは関係ない部分で劇に彩りを加えていた。


例えば箱に入った万奈歌のアホ毛。怪しい薬をくわえていったネコ。ブティックの店員やキモい三連星などのモブの描写。公園でのキャッチボールのシーン等々。これらの、本筋とはまったく関係のない一見無駄な部分で、視聴者が思わず注目してしまうような特徴的な描写をあちこちに配することで、コメディに終始して中身の薄かった今回のエピソードの、印象としての密度を濃くしている。


とくにネコが薬を持って行ってしまうシーンが挿入されたのは、劇を大きく膨らませる仕掛けとして拍手を送りたい。結局あの薬が本筋に絡むことはなかったのだが、万奈歌が店長につまみ出されるコミカルなシーンにネコを登場させたというのは、それだけで目を楽しませるいい描写であった。ところが後になって、薬の効果でネコのカップルが成立しているところを見せたことで、純夏たちを中心とした本筋の裏で別のドラマが進行していたことを視聴者に想像させ、複合的なストーリー展開の存在を意識づけることが出来た。さらに、もしあの薬が本当に純夏たちの料理に混ぜられていたら・・・なんて空想を繰り広げる要素をも提供してくれていて、BパートとCパート合わせてわずか数秒の描写が、極めて大きな効果をもたらしていた、見事なアイディアだった。





週はいよいよ蒼井あずさの本格的な登場が見られるんですかね。シリアス路線の百合展開なら、期待大。



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえるとやる気でます^^


花と乙女に祝福を ロイヤルブーケ
↑はなおとRB(ロイブー)発売決定。女装少年好き集まれ!


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック