生徒会の一存 第8話「嫉妬する生徒会」

シリアスの皮をかぶった猟奇的ラブコメディ。


崎なんて恋愛対象にはなり得ない~みたいな当初のスタンスはどこへやら。いきなり全ヒロインヤンデレ化ルートで噴いたw


たしかに「可愛くなくなったら見捨てる」みたいなセリフを杉崎がノリで言っていたのはかろうじて覚えていたけれど、まさかあれを伏線にして今回に持ってくるとは思ってもみなかった。唐突すぎるよ花田さんw


まぁ以前から、杉崎にはハーレム構築へ邁進してほしい、もっとラブコメが見たい、などと思っていたので、今回のエピソードをきっかけに、もっと恋愛要素を前面に押し出した展開に傾いて行ってくれるなら、じつに楽しみになってくる。今回リリシアのデレ描写があったのは、その先駆けとなるかどうか。





リスは可愛かったな。くりむのお子様要素と、真冬のズレっぷり(方向性は異なるが)を足して2で割ったようなキャラだ。おまけにお人形さんのような頭身が魅力を増大している。清水愛さんの声質がまたなんとも萌えますな。


一方で黒化の激しい生徒会メンバーだったが、別に興味ないんだからねっ!てな具合にうそぶいている間は、さすがに深夏がいちばん、キャラに合っていて可愛かった。しかし本格的に杉崎に憎悪の矛先を向けるようになると、真冬がすごい存在感を発揮してくるww 暴走時のロボ化はネタとして使い勝手が良いので、もっともっと活用して欲しい。






ーレムエンドを目指すという杉崎の目標が、ネタとして馬鹿にされているうちはいいが、本格的にその実現を目指すとなると、相当いびつな関係性にならざるを得ないという現実がある。


今回のエピソードは、いちおうコメディで包んではいたものの、その事実を改めて視聴者と、そして杉崎自身に突き付けたカタチとなった。いつものイケメンタイムが全然、イケメンになっておらず、むしろ不満が爆発しての猟奇的なオチを誘発する直接的なトリガーとなっていたのは、注目に値する。最後にエリスが杉崎をフォローしてはいたものの、彼の言動の意味が4人のヒロインに理解されないまま終劇となった回は、はじめてだったんではないだろうか。





もそも、女性たちの関係になんの歪みももたらさずにハーレムを構築するなどということが、果たして可能なのだろうか。一夫多妻が当然とされていた時代を舞台とし、究極のイケメンを主人公として描かれた「源氏物語」でさえ、女性たちの苦しみと悲哀は作品の根本を貫くテーマのひとつであった。ましてや地位も美貌も持たない杉崎ごときが、4人全員を幸せにするなど無茶もいいところだ。


この点を、今作はどう描いてくれるのか、なにげに楽しみな部分だったりする。あくまで杉崎をダメな人間として笑い物にするというスタンスなら、ギャグアニメとしてもっと面白く仕上げることもできたであろうに、今作はあえてそれをせずに、毎回ちょっとしたシリアス要素と胸を打つイケメンタイムを挿入しているということは、ハーレムエンドの是非を問う展開を、描かずにはおかないだろう。ハーレムを目指すにせよ諦めるにせよ、どういうきっかけで何を考え、どう結論を出してくれるのか、今後の杉崎の動きに注目していきたい。


アニメでそれをやってくれるのか分からないんですけどね。そもそも原作ではどう描かれてるのか知らないし。ただ、現状の展開を見ると、それなりにこのテーマに突っ込んだ描写を、最終話付近でやってくれると期待していいのではないか。そんなことを、今回のエピソードを見て考えた。謎な回想シーンがわざわざ挿入されたりしてるのを拾わないとは思えないし。



いごに1点、BGMのことについてちょっと触れておきたい。


自分はこのアニメが好きだし楽しんでいるのだけど、かといって面白い作品であると評価しているかというと、そんなこともない。好きだけど、それほど面白いとは思わない。つまらないんだけど、楽しい。そういう、ゆがんだ楽しみ方をしているw


そこには、工夫次第でもっともっと面白い作品に仕上げることができるだろうというのが、見えてしまうという理由がある。脚本にせよ演出にせよ、なんでそんなつまらない選択をしちゃう?もっとこうすればいいのに。みたいなことを、見てるそばから考えてしまう。それが、好きなのだけど低い評価を下さざるを得ないという事情に直結している。





とくに音楽について言うと、OPEDは別として、本編におけるBGMの用法が、はっきりいって下手だと思う。魅力的な曲を揃えられていないというのもあるし、その使い方も良くない。


具体的には、この作品でやろうとしている展開のバリエーションに比べて、曲のタイプが少なすぎるのだ。大雑把な印象として、コミカル、シリアス、そして各ヒロインの担当曲。それくらいのパターンしか用意できてないのではないか。しかもその数少ないパターンにおいて、耳に残る特徴的なメロディラインを提供できていない。


改めて注意して聞いて見ると、この指摘は決して的を射たものでないことはすぐに分かるだろう。しかし、注意して聞かないとその存在が消失してしまうほど、今作は音楽の主張が小さい。音量が小さすぎるという問題もあると思うし、重要な場面でBGMを切ってしまうという演出方針の問題もあるのではないか。


だいたい多くのシーンにおいて、今作はキャラのセリフとSEで劇を盛り立てようとしているが、動きの少ない会話劇で、ギャグのテンポもあまり良くない今作においては、この音関連の演出は完全に失敗してしまっている。例えばボケとツッコミを羅列するシーンなどは、アップテンポのBGMを目立つように流すだけで、このノリの悪いグダグダ感はかなり解消できると思う。






今はとやかく言われなくなったが、視聴者が期待感たっぷりで臨んだ第1話の放映後、多くのブロガーからつまらんとか何とか非難されたのは、ネタのつまらなさよりもむしろ、音楽の用法に起因する部分が大きかったのではないだろうか。そしてその問題は、当然のことながら、いまだに解決できていない。



アニメにおけるBGMの存在は非常に重要だ。BGMは、アニメの主役にはなり得ないが、アニメの出来映えを左右する根幹要素のひとつである。他の作品も含めて、アニメを視聴する際に、音楽の使用法に注目してみるのも面白いと思います。



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえるとやる気でます^^


輝光翼戦記 天空のユミナFD
↑「天空のユミナ」待望のFD発売決定!体験版が公開中です。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック