聖剣の刀鍛冶 第11話「真実」

セシリーの暴走に、こんなに感動することになろうとはw


国の要人に斬りかかっただけでも死刑に処すべきであろうに、こともあろうに侮辱と虚偽の言を弄し、国際会議を妨害し退席を命ぜられたにも関わらず強引に舞い戻って、痴話げんかのあげくテーブルに立って抜刀。ちょっとあげつらっただけでもすごく性質の悪い重罪人だw 


名の知れた家柄じゃなかったらその場で斬り捨てられてもおかしくない、まさに暴走。シーグフリードに斬りかかった時はまったく周りの状況が見えなくなっていたのだから、成長したとはいえ、どこまでいっても彼女はセシリー・キャンベルだ。


どうしてコレがお咎めなしなのか、よく国際問題に発展しなかったものだと不思議で仕方がないのだが、それだけ、青二才であり虫けら同然に見られていたのだろう。




かし、少なくとも会議に舞い戻ってきたときは、咎められるのも覚悟の上だったはず。重い処罰を下されるかもしれないと分かった上で、それでもなお伝えたいことがあった。直接の動機が、ルークたちに対する侮辱を晴らすためだというのが、いかにも誇り高き元貴族の娘といったところだが、同時に自責の念でがんじがらめになっているルークを救いたいという想いがストレートに伝わってきて、じつにカッコいい。


そのルークの名誉を挽回する何よりの証拠として、彼の打った刀を斬ってみろ、というのは、胸のすくような展開だ。どちらかというとリサを介しての魔法やアクションシーンでの見せ場ばかりだったルークが、本業である刀鍛冶として勝負を挑み、見事に勝利して見せた瞬間。このクライマックスは見事だったと思う。あまり精神衛生上よろしくない内容の会話劇が多くて、絵的にはむしろ退屈だった今回のエピソードの印象を、このわずかの描写でガラリと変えてしまった。


ルークとセシリーの関係だけに注目するなら、会議の真っ最中に割って入って過去の真実を訴えるという今回の展開は、邪魔者どもが映るたびに気持ちが萎えてしまいそうで、コレはどうなのだろうかと思っていた。しかし先ほど述べたように、セシリーはまずルークに対する侮辱にこそ怒っていたのでそれを晴らしたかったということと、それに加えてルークの打った刀を彼の想いの結晶として象徴させることで、いくら言葉で否定しても疑いようの無い真実が明るみになるという、非常によく練られたエピソードだったと思う。お見事だ。




して、目をそむけるなとルークに語るシーン。てっきりここでのセシリーは、自分こそがリーザの代わりとしてルークの恋人にふさわしい女なのだぞと暗に訴えてるのかとばかり思ったw 彼女が身をそらし、ルークの視線がリサを捉える場面は、もう本当に感動した。セシリーかっこよすぎる。


もはやセシリーは、ヘタレ騎士の称号を返上すべきではないのだろうか? いやいや、青臭い理想論をどこまでもまっすぐに信じ込み、なおかつ他人にそれを押しつけてくる彼女は、やはり身の程知らずの半人前で、当初の意味とは異なってきはするものの、やはり今しばらく、ヘタレ騎士と呼ばせていただきたい。


心からの愛情と、信頼と、尊敬を込めて。。。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえるとやる気でます^^


輝光翼戦記 天空のユミナFD
↑「天空のユミナ」待望のFD発売決定!全力で応援します!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック