ひだまりスケッチ×☆☆☆ 第2話

今週も面白かった。ED絵がいい感じ。


今回は新入生二人の紹介(といってもあまり出来てなかったけどw)と、ゆのとみやこが美容院へ行くお話。まったりとしたどこにでもありそうな日常の中から、ちょっと面白いことを巧みに拾い上げる、センス・オブ・ワンダーに満ち溢れた作品だ。


とくに美容院のシーンなどは、漠然と想像するだけではとても気付かないような、些細だが驚くべき発見がたくさん詰め込まれていて、たかが髪を切りに行くだけなのに、まるで冒険や探検をしているかのような面白さ。ここは、「あるある」なネタ(=日常)のなかに、初めて訪れる店であるというシチュエーションや、そこに双子の美容師がいた、などという非日常的なネタが混在しているのが、仕掛けとして非常に巧い。






前回の記事で、今作を「心ではなごみながら、頭はフル回転させられるアニメ」だと評した点について、ヨークさんからそうじゃねぇんだよ的なツッコミを入れられたので、一応この場でもって弁明したいと思う。




今作はストーリーやセリフやシチュエーション、あるいは人物描写のほとんどに関しては、心をなごませ、疲れをいやしてくれるタイプの作品であるというのは、これは明白なことだと思う。あくまでそれを前提とし、またその部分をしっかり楽しんだ上で、さらにもう少しじっくり画面を見ていると、そこで行われている演出上のアイディア、映像表現の巧みさに魅了される。心を休ませる一方で頭が回転させられるとは、そういう面についての言及である。


たとえば件の美容室のシーン。脚本を映像に起こしていく上で、他の作品なら漫然と描いてしまうであろう様々な描写において、今作の場合は極めて実験的で大胆な、ともすれば前衛的と評してしまいたくなるほどのアートを、我々の前に提示してくれている。髪を切るというただそれだけの行為をどう描いているか。この映像表現における発想の面白さ、大胆さが、和んで萌える作風の中に違和感なく取り込まれているというのが、今作の最大の特徴であり、魅力である。


これに近い発想の作品として、ディック・ブルーナの絵本を思い出す。かの有名な「ミッフィー」が出てくるあれだ。確か自分の子供の頃は「うさこちゃん」とかいうふうに翻訳されていたと思ったのだけど、ミッフィーという名前が定着してるんですよね。彼の絵本における一番の特徴は、原色や抽象的な図形を大胆に多用した、シンプルだが極めて芸術的なデザインだろう。子供向けの絵本であるにも関わらず、いやむしろ子供向けだからこそ、絵本の中にアートを持ち込もうとする姿勢は、大人になってから改めて考えると、じつに挑戦的な姿勢に映る。子供に理解できる単純でやさしい物語性と、大人が見ても驚かされるような現代アートの融合が、そこにはある。


シャフトの作りだす「ひだまりスケッチ」の世界も、それと非常に近いスタンスを持っている。何も考えずにのんびりと楽しめる和み系の日常ストーリー、それも確かに大きな魅力なのだが、しかしそれだけで作品を完結させていない。むしろ、そんな作風とは水と油のような芸術的感性をふんだんに取り込み、もうひとつの大きな魅力を築き上げることで、はじめて一個の作品として完成させている。そこを見ずして、どうしてこのアニメーションが「ひだまりスケッチ」たり得るであろうか。


シャフト演出とは、これすなわち奇抜さである、みたいな論調で作品が語られることが、よくある。けれど、何も新房監督はきまぐれで奇抜さを取り込んでいるのではない。アニメはストーリーだけ、あるいはキャラクターだけで成り立っているのではない。そうではなく、そこに絵や映像としての美的価値を追求するという姿勢、それこそがシャフト演出のひとつの特徴だと思う。ストーリー展開やキャラクターの心情を表現するための演出であるにとどまらず、それ単体ではなぜソコに描かれたのか、必然性のまったくない表現すらふんだんに見られるが、それをひとつのアートとして楽しむ姿勢が、視聴者には求められている。その部分を、切り捨ててはならない。


「ひだまりスケッチ」を見て、頭がフル回転させられると書いたのは、そういう意味合いがあった。実際、矢継ぎ早に繰り出される絵をいちいち追っていくと、本当に頭がショートしてしまいそうになる。しかしこの感覚は、美術館で多くの絵画や芸術作品に触れるのと、よく似ている。たとえ理解できなくても見ているだけで、心が豊かになる、と言ったら大袈裟に過ぎるが、しかし美的感性が少し研ぎ澄まされたような気分になるし、何より心から面白い。


キャラ同士の掛け合いから伝わってくる和みオーラと同時に、画面から受ける様々な刺激にどっぷり浸かってみるのも、いいと思う。



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえるとやる気でます^^


花と乙女に祝福を ロイヤルブーケ
↑はなおとRB(ロイブー)発売決定。女装少年好き集まれ!


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ロドリゲス閣下
2010年01月15日 19:28
おお、面白い考察ですね。

読み応えありましたよ!
おパゲーヌス
2010年01月15日 22:48
>ロドリゲス閣下さん

どうもありがとうございます!キャプが無いのはいつものコトですが、本編のことほとんど語らずに余計なことばかり書いてしまって反省していたんで、読み応えがあると言っていただけるのは何よりの励みになります^^
2010年01月16日 05:17
TBをどうもです。
さてさて・・・

>「心ではなごみながら、頭はフル回転させられるアニメ」
この作品というか、シャフトの新房監督の作品全てに言えるのではないでしょうか?しかも、なかなかスマートかつ適切、簡潔に言いえているなぁ~と思ったです。
確かに、和めるアニメなのですが、細かいところでいろんな仕掛けが仕組まれていて、それを本気で解読しようとするとあたまはフル回転せざろう得ないです。各キャラクターを記号化してみたりとか、その意味を解きながら観ていると…休んでいる暇なんかないですね。

ではでは
おパゲーヌス
2010年01月16日 16:07
>きつねのるーとさん
いつもTBではお世話になっています。コメントどうもありがとうございます。

>シャフトの新房監督の作品全てに言えるのではないでしょうか?
まったくその通りですね。とくに「ひだまり」の場合は、和み系の日常描写とシャフト演出の融合がやはり一番の特徴だと思っていて、それが、他の和み系アニメとは一線を画す魅力があると思っています。

「失われた何か」のおはぎさんも、第2話の記事で「ほんわか・ほのぼのする作品だが そこで奏でられている映像表現は極端に言えば暴力的ですらある」と書かれていて、大変参考になります。これだけ面白い映像を提供してくれているのだから、その要素もしっかりと楽しみたいですね。

この記事へのトラックバック