とある科学の超電磁砲 第16話「学園都市」

やっぱり牛乳ですかw


※今回はちょっと批判気味。お気を悪くなさらないでください。



・固法美偉の変わらぬ想い


うーん、ベタだw 分かりやすい、とも言いますが。スキルアウト編として、2話の中で大変綺麗にまとめてあったこの構成力は、褒めてしかるべき手腕だとは思う。古臭いダンディズムをまき散らす黒妻には辟易させられたが、それでも脚本には職人芸的な巧さがあった。


固法先輩の抱える”割り切れないもの”が、なかなか美琴に理解されないという話。ここは、うがった見方をするなら、今回のストーリーの中で固法先輩のキャラを掘り下げようと言うときに、主役級の人物が彼女の生き方に疑問を持ち首を突っ込まないとどうしようもないわけで、美琴はそんな役回りを押しつけられたカタチに見える。もうちょっと美琴に同情的な見方をすると、恋愛経験の差が出たなぁ、といったトコロか。レベルアッパー編で懐の深さを見せつけられた直後だっただけに、このエピソードにおける美琴の短絡的な動かし方は、あまり感心はできない。


居場所とは、自分が自分でいられる場所のこと。このセリフは、黒妻と蛇谷との関係において描かれる上では、とても大きな感動を引き起こす言葉で、男としての生き方を問うた側面もある今回のエピソードの主題に、じつにふさわしい。惜しむらくは固法先輩の描写で、スキルアウトに身を置いているときと、ジャッジメントに所属する今とで、どちらが「本当の固法美偉」なのか、その葛藤はもう少し見せて欲しかったところ。


黒妻と見事なコンビネーションを見せた彼女は、やっぱり黒妻の隣こそが”居場所”なのではと思えてきて(たぶん彼女自身もそれを望んでいる)、しかし黒妻は、固法には違う居場所を獲得して欲しかったのだろう。固法が、自身の居場所をどこに定めるべきか、それを自分の意志で見つけ出す場面が見たかった。結局最後まで、ジャッジメントとしての固法を貫くよう黒妻に促され、それに従っただけのように見えてしまう。


いまさらリアリティを持って受け止められるとは到底思えないストリートギャングものを舞台に、ひどく古臭い展開を取っていた今回(黒子が突っ込んでましたねw)。わざわざ流行りそうにないエピソードを提示してまで描きたかったたのが”黒妻のダンディズム”だけだとしたら、そんな不毛な話はない。今回のエピソードを経験したことで、固法先輩や美琴たちがどう成長したのか、今後のフォローがあるとありがたいかな。




・モノトーンの中に映える赤


固法と黒妻の出会った当時のシーンで、固法が無邪気に着ていた真っ赤なジャケットは、強烈なインパクトだった。モノトーンで描かれる画面の中に、この赤は鮮烈に過ぎる。当時の思い出が、固法にとってどれだけ輝かしいものであるかを、ものの見事に表現してしまっていた。CMとかでよく使われる技法だが、ストーリーやキャラの心情と絡めた演出として、非常に効果的だと思う。


またここは、赤、という色がいいですね。まさに固法の恋心を象徴する色。そこにジャッジメントの腕章をつけると、3倍速くなった気がして非常にかっこいい。もう二度と着ないのだろうなぁ。残念だ。




・アクションは相変わらず鳥肌もの


前回に引き続き、改めて格闘シーンにものすごい映像を用意してきた。脱帽モノのクオリティだ。また今回は能力者のアクションも解禁されて(※前回はわざと端折られていた)、短いながらも能力描写でも大いに魅了してくれる。レールガンをぶっ放した後の美琴の髪の揺れ方とか、細かいところまで本当によく描けている。


ちょっと残念だったのが、せっかくのアクションシーンでもやっぱり黒妻の格闘がメインで、固法先輩の活躍が少なかったこと。固法回ではなく黒妻回なのかよ、っていう。もちろん黒妻のアクションはやばかったので大満足なのだけど、赤いジャケットにスカートなんていう魅惑的な格好をしている固法先輩に、もっと大袈裟なアクションをやって欲しかったなぁ。せめてダイナマイトを隠し持ってるのを見抜くくらいのことを、やらせてあげても良かったと思うんだ。




・今後の展開への伏線?


いちおう今回は、エピローグをEDにかぶせるカタチで、ひとつの長編エピソードの終結にふさわしい幕引き。固法先輩個人のエピソードとしては、なかなか綺麗なまとめ方で良かった。


けれど、今回のエピソードで提示されていた謎、すなわち、スキルアウトに武器やキャパシティダウンを提供したのは誰なのか、どういう意図で能力者狩りが行われるようになったのか、そのあたりの経緯が説明されないままだ。まぁ能力者狩りに関しては、力の誇示が組織の結束につながると蛇谷が考えた、ということで納得できるとしても、彼が電話で話していた協力者(あるいは上層部?)の存在は気になる。


このあたりの伏線は、次の長編エピソードにおいて取りあげられることになるのだろう。今度はどんな事件が起き、美琴たちはどうやってそれに立ち向かうのか、期待したい。それに、いまいち出番のないキャラも多いので、その活躍の場も欲しかったりする。




次回予告の「罰ゲームですのー」には笑ったw 次回は幕間劇ですかね。コメディ要素が多いなら、これはこれで非常に楽しみ。



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえるとやる気でます^^


花と乙女に祝福を ロイヤルブーケ
↑はなおとRB(ロイブー)発売決定。女装少年好き集まれ!

この記事へのコメント

通りすがり
2010年01月23日 20:05
コメント失礼します

元々、美琴は正義感が強くて真面目である反面、少々自らの力を鼻に掛けたところがあり、はっきり言うと子供っぽい未熟な性格です。
今より少しだけ後のエピソードである禁書目録序盤でも、特に成長した様子は窺えないのですよね。
そういう前提が先にあるので、レベルアッパー編を経たからと言って、それだけで低能力者に対して気配り出来る性格にはさせられない、という事情もあるんだろうなぁと
おパゲーヌス
2010年01月23日 21:49
>通りすがりさん
コメントどうもありがとうございます。

美琴が子どもっぽいところがあるというのは、その通りなのでしょうね。しかしそれならなおさら、レベルアッパー編と今回のエピソードを経ることで、どのような心情の変化が訪れたのかを、今後は描いて欲しいですね。そのへん今作は期待できると思っているので、次のエピソードを楽しみにしています。

前回と今回は、黒妻があまりにも目立ちすぎたのが、やり方としてどうだったのかなぁという感じで、美琴や固法先輩の動きを眺めてしまいました。

この記事へのトラックバック