聖痕のクェイサー 第3話「求めし者たち」(販促版)

今回、面白すぎw


※前回(第2話)のディレクターズカット版の感想はこちら




戦闘シーンは無しで、学園&同居ラブコメを展開しながら、今後のストーリーへの下準備を進めているという感じのエピソード。ところどころにシリアスなシーンが挿入されはするものの、基本的には終始、微エロとコメディで楽しませてくれた。ときどき、まふゆと燈がデフォルメ化されるのが可愛い。


サーシャは燈のこと好きすぎるだろう、と思って見ていた。オーリャ(サーシャの姉?)のこと、また過去の悔しい思い出を直接に想起させる存在なわけだが、一度失ったものを再び見出したような気分に、なっているのだろう。彼の孤高主義には似合わない理不尽な動揺や悲痛な決意が、たいへん良く描写できている。


しかしそんなサーシャが、じつはまふゆのことが好きなのではないかと指摘した燈には、ちょっとびっくりした。おいおいそれはないだろう、と思って、画面のこちら側でまふゆと同じようなリアクションをしてしまったのだけど、燈の指摘の正しさがテレサによって裏付けられたときは、大いに感心すると同時に、サーシャのツンデレに激しく萌えたw やはりツン:デレの比率は、このくらいがいい。




Bパートで本格登場したカーチャ。前回の次回予告が素晴らしい名演だった平野綾は、腹の黒い女を演じるのが完全に定着してしまった。いや、この路線で売るのは正しいと思う。


そのカーチャに、イジメっ子の桂木華が一目惚れしてしまうシーンは、さすがに噴いたw イヤミなキャラが意外な純真さを見せたときって、すごく萌えるね。


しかし、カーチャと二人きりになった際の華の動揺っぷり、そしてそれを見透かして完全に手玉にとったカーチャ。この二人の関係性は、完全に気に入った。面白すぎる。いや、笑えるって話ではなく、今後がすごく楽しみな注目カップル、ということ。イジメっ子が堕ちていく姿というのもすごく見たいし、平野の女王様っぷりもゾクゾクさせられる。またこの二人が、劇中ではどんな役回りになるのだろうか、という興味もある。


今のところ彼女は赤銅の人形遣いとして、銅を使うクェイサーだという話。そして、たぶんサーシャやユーリ神父たちと同じ組織の人間として、異端者と戦うことになりそうだ。だが、このようなキャラクターが、主人公とタッグを組んで戦うという展開はなかなか想像しづらい。むしろドラマティックな展開を経て敵になったりとか、そもそも何か大きな陰謀のトリガーになったりとか、そんな感じを予想。とにかく、単純な二項対立ではなく、もっと複雑な人間ドラマを見せてくれるのではないかという期待が、湧き上がってきた。



そんなところで次回はもういちど、戦闘をしない日常ドラマを見せてくれそうだが、カーチャと華がメインで描かれることになりそうで、じつに楽しみだ。期待したい。




にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえるとやる気でます^^


輝光翼戦記 天空のユミナFD
↑「天空のユミナ」待望のFD発売決定!全力で応援します!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2010年01月24日 21:22
こんばんは、TBでお世話になってます。
地図曹長と申します。

よろしければ相互リンクさせて頂いてもよろしいでしょうか?
ご検討のほど、よろしくお願い致します。
よろしくお願いします。
おパゲーヌス
2010年01月25日 00:13
>地図曹長さん
こちらこそTBでお世話になっています。コメントどうもありがとうございます。

相互リンクの件、承諾いたしました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします^^

この記事へのトラックバック