ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第4話「インタビュー ウィズ ヴァンパイア」

めちゃくちゃ面白かったな今回。




・試される者たち


極めて政治的かつ打算的な駆け引きの繰り広げられる今回のドラマ。主人公のアキラとその対立軸であるジュノーはもちろん、記者たちや総理大臣、敵対勢力にいたるまで、すべての登場人物がミナ姫の手の上で試され、踊らされているようにも見える。


そんな彼女が時折垣間見せる本当の表情から、彼女の真の想いに気付かされ共感を覚えるのが、視聴者というポジションだ。だがミナ姫はその視聴者すらも、まるで登場人物の一人であるかのように手玉に取ろうとしているかのようだ。アキラに見せた愛情と信頼、子どもたちに見せた無邪気さ、そんな彼女の表情を額面通りに受け取ってはいけないのではないか、そこには全然別の意図が隠されているのではないか、などと思ってしまう。我々視聴者こそ、ミナ・ツェペッシュに試されているのかもしれない。




・優れた脚本構成で魅せるスリルとアクション


それにしても、やはりアクションは燃える。それほど戦うというわけではなかったけど、一刻一秒を争う事態の中でキャラが緊迫した演技を見せるというのは、やはり熱い。加えて、頭の良いキャラクターが頭脳戦を展開するというシチュはもっと好きなので、今回のエピソードは純粋にエンターテイメントとしてすごく楽しめた。


また、脚本の構成が巧かったなぁと思う。Aパートで撒いておいた伏線を終盤にかけて回収していくそのやり方は、まるで複雑な計算式を紐解いていくような精緻な構成力だ。一つ一つの項を順繰りに計算していき、気づいたらいつの間にか解答が導き出せていた、といったような快感を与えてくれる脚本だった。


括弧のたくさん用いられている数式では、もっとも内側にある計算式から手を付ける。同じように後半の展開では、もっとも直近の伏線であった爆弾の行方に関する問題がまず最初に解決され、続いて世界に吸血鬼の存在を証明するというもう一つのテーマもその直後に消化される。こうしてもっとも内側の計算式を解いておいたところで、もうひとつ大きな括弧の計算式、すなわちミナ姫陣営におけるジュノーとアキラの勢力争いの、一応の結末が描かれることになる。


そうしたもろもろのエピソードを消化して、最後に回収される伏線が、ミナ姫が縄跳びをした話だった。冒頭に提示した伏線を最後の最後に回収してきたのだが、まさに、一番外側の括弧は最後に計算する、といった構成。もちろん、その構成自体は何ということはない。しかしこのエピソードが、単にミナ姫の暖かさ、純真さを象徴してみせる微笑ましいものであるだけでなく、恐らく今回提示された話の中でもっとも重要な位置を占めるエピソードであったのが、心憎い演出だ。


冒頭に提示された微笑ましい光景の中に、じつはヒロインの慈愛に満ちた深い意図があり、しかもそれが仮面にすぎないのかもしれないという空恐ろしい予感を残して、今後への大きな伏線となったこのエピソード。第4話は文字通り、このエピソードに始まり、そして終わった。ミナ・ツェペッシュの陰謀が抱える、大きな謎を残しながら・・・。




・深い謎と三枝由紀


いったい、この吸血鬼の小さなお姫様は、何を企んでいるのだろう。一見すると純愛や異能バトルで魅せるドラマティックなおとぎ話に見えるが、その裏には目を覆いたくなるようなとんでもない陰謀が人知れず進行していそうで、スリリングな緊張感に押しつぶされそうになる。


この感覚はまさに三枝由紀の視点と同一のもので、我々は知らずのうちに、当事者でありながらなおかつ傍観者でもあるこのキャラクターに、自身をオーバーラップさせられているのかもしれない。毎回必ず挿入される三枝のモノローグは、彼女と視聴者の、感覚と視点のかけ橋であると言える。


リアルで、ともすればグロテスクな印象さえ受ける今作のアニメーションや演出は、我々を画面の中のおとぎの世界へといざない、埋没せしめんとしているかのような節がある。その中でことさら強調されている眼球のアップやカメラの存在の意識付けは、”視点”の共有・共感を強要されているような錯覚さえ引き起こす。


”目”、あるいは”視点”。そして三枝由紀というキャラクター。これが、今作の特異性を確立させる、最重要のファクターであると、現時点では考えている。果てさて、どうなりますかね。




にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえるとやる気でます^^


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック