れでぃ×ばと! 第8話「さまー×すきゃんだる」

あれ、ドリルルート一直線!?



・今回のお話


今週も最高に面白かった!ドリルかわいいよドリル



海水浴での水着回というのは前回見た予告の通りだったのだけど、そのシチュへ持っていくまでの展開が予想外だった。最初から”みんなでお泊り”なイベントを用意するのではなく、まずはドリルと秋晴が二人きりで夜を過ごすことになろうとはね。


アルコール入りチョコで酔っぱらって暴走、なんていうのは、あまりにも安直というか、どうせこう言うの見せとけばお前ら喜ぶんだろう?みたいな意図が見えてしまうので嫌だなぁと思っていたのだけど、ただ暴走して強引なエロシチュになるのではなく、意外とイイ雰囲気で見せてくれたのは実に良かった。


ラブコメとしては、ドリルがどこかで秋晴に本気で惚れるような展開を見せなければならないわけだが、Aパートでの合体未遂は、恋のフラグとして十分すぎる存在感。お見事でした。



・彩京さんの存在意義と、ラブコメ展開への布石


Bパートから彩京さんたちが合流したのは、こちらは現時点では無理がある展開だろう。水着回というには、彩京さんや大地のサービスシーンがほとんど無かったので、あくまで今回は秋晴とフレイムハート嬢の関係を深める回であったはず。しかも彩京朋美に関しては、秋晴に対しどういう感情を抱いているのかがあまり描かれてきておらず、ドリルとの仲が気になっての訪問とするには、視聴者にとっては判断材料として不足しすぎている。彼女たちの合流は、必然性があったのかどうか、現時点では疑問である。


あくまで現時点では、という譲歩付きなのは、次回は朋美と秋晴のエピソードになりそうだというのが判明したからだ。今回、フレイムハート嬢は秋晴に対し、心情的にかなり接近した。今までのような友達関係ではなく、主人公への恋愛感情を自覚する可能性が芽生えたと見て良いだろう。つまり、ラブコメのヒロインとして土俵に上がったトコロだ。


対戦相手が名乗りを上げたからには、もう一方のヒロインである彩京朋美も、何らかのアクションにうって出るのは必定だ。次回はそれをやるのだろう。そこで、今回それほど必要もないのにわざわざ登場したということは、今回描かれていたシーンのどこかに、今後のドラマに関する伏線があった可能性が高い。


たとえばラストシーンでドリルが秋晴にキスを送ったのを、影から目撃して動揺するとか。あるいは、おふざけで人工呼吸をさせようとしたとき、秋晴が本気で口づけしようとするのを意外な表情で見守ってましたね。そういう、大小さまざまなシーンの積み重ねが、水面下で朋美の心を大きく揺さぶっているということは、十分に考えられる。逆にそうでなかったら、本当に今回の彩京さんは何だったの?という話になってしまうので、これは次回以降の展開に大いに期待させていただくこととしたい。




逆に言えば、いよいよ三角関係に主眼を置いたドラマに入っていくのかと期待させる回であった。最初からフラグ立ちまくっていたドリルはともかく、あの彩京さんがどんなデレ方をするのか、想像するだけでワクワクしてきますw


それでは、今回は以上です。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえるとやる気でます^^

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック