化物語 第14話「つばさキャット其の四」

ついにやってきましたこの日が! 長かった。でも、待った甲斐があった。。。(←前回も同じこと言ってるw




・まずは配信状況について


第13話が配信されたのっていつでしたかねぇ。もう1年くらい待たされた気がするよw 


いま確認してみたら、13話のブログを書いてるのが去年の11月3日。たしかその前日に配信予定だったのが、結局次の日にズレこんだんでしたね。しかも、鯖が重過ぎて、UPされてから何時間もページ更新を繰り返させられた。当時はイライラしてたけど、いま思い返すと良い思い出^^

 
今回は、公式サイトでの事前告知は、一切行われていなかったはず。いつまでも配信予定日が未定のままで、スタッフブログを見ていなければいつ配信なのかまったく分からなかった。一度にかかる負荷を少しでも減らそうと言う作戦なんでしょうかw また配信サービスも直前に変更があったということで、その功績があったかどうかは知らないが、21時過ぎの時点ではじつに快適に視聴できました。


また、OPが2バージョンあるらしいというのも、最近明らかにされた事実(だったはず)。今回はOP冒頭に「実写版」と書かれてあって、ということはもうひとつの方はアニメ版なんですかね。自分は実写の映像表現ってそんなに好きではないのだけど、今回のOPに関しては、実写のくせにしっかりと尾石演出で魅了してくれて、全然いけるというか、むしろ素晴らしいOPだと思った。ま、TV放映じゃ絶対に流せない映像であるのは、間違いないw




・今回のお話 


今回はいよいよ、羽川自身にスポットライトを当てていく話。だがそれと同時に、行方不明の忍を探索するという話も展開し、羽川というヒロインと忍というヒロイン、そのふたつの物語・ふたつの目的が、同時進行というよりはむしろ表裏一体となって、メビウスの輪のような構造を見せている。


もともとは羽川を助けたいがために忍を探すというのが始点だったはずなのだが、いつの間にか忍探しこそが目的になっているような展開に、視聴者どころか登場人物たちにさえ混乱が見える。卵が先か、鶏が先か。優先すべきはどちらの少女で、後回しにしていいのはどちらなのか。戦場ヶ原はそこのトコロを厳しく問い詰めているはずなのだが、お人よしの彼氏にはそれが伝わっていない。


そんなトコロへ、猫が切り札を持ち出してくる。それは、今回の事件に効果を限定するならば、切った瞬間に難問の半分が解決できる、いや、もしかしたら全てをクリアーにすることさえ可能なはずの、一発逆転のカードである。しかしそのカードによって引き起こされる事態は、考え得る限りでも阿良々木の願いとは違うものになるだろうし、ましてや想像をはるかに超えた影響があるかもしれず、まさしく核兵器クラスの切り札であると、言えるだろう。


どこまでもお人よしで、真っ正直で、肝心なときだけはひどく利他的になってしまうのが、阿良々木暦という人間だ。そんな彼が、この選択肢を前にしてどのように考え、どのような決断を下すのか。戦場ヶ原が見たらもどかし過ぎて憤りを抑えきれない展開になりそうな予感がぷんぷんするけれど、たとえどんなカタチであれ、「阿良々木暦の決断」をはっきりと見せて欲しい。さぁ、男を上げることができるのか?w




・野暮なことを思ってしまった


ここでそれを言ったら野暮だろう、なんて自分でも思ってしまうようなことを、今回ついつい、考えてしまった。というのも、


阿良々木クン、ほんとに友達いねぇなぁw


・・・なーんて。まぁ作劇上、他のキャラが出てくる余地が無いんだというのは分かってるんだけどね。でもやっぱり、彼が非常に”しゃべり慣れている”のでどうしても忘れてしまうのだけど、アニメ第1話時点では友達っぽい付き合いをしている人間って羽川くらいで、その羽川が前後不覚に陥ってしまった今回、彼が頼ることができる人脈は相当に狭い。「呼べる限りの助けは読呼んだ」というセリフで、改めてそんな悲しい現実を認識させられてしまったw


これが他のアニメなら、もとは皆無だった親友がこんなに増えたというこの事実に、青春ドラマのメッセージ性とカタルシスを求めるのだろうけれど、この作品がそんなテーマを見据えて作られているかどうか。そういう要素が多少含まれる可能性はあるかもしれないが、しかしそれが中心テーマにはならないだろうな。あくまでエンターテイメント作品として突っ走っていきそうだし、私としてもそうあって欲しい。


友情や恋愛といった青春的な要素を、あくまでエッセンスのひとつに過ぎないと割り切ってしまう、ある意味では斜に構えたと言っていいスタンスが、「化物語」という作品の大きな魅力であるように思う。




それでは、今回は以上です。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえるとやる気でます^^

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 【化物語 第14話-つばさキャット 其ノ肆】

    Excerpt: 恋しくて、愛しくて、止まらない、せめてこの心は君のもとへ― Weblog: AQUA COMPANY racked: 2010-02-26 01:51
  • 化物語 「第十四話 つばさキャット其ノ肆」

    Excerpt: 「にゃにゃどのにゃら」 僕も挑戦してみました。 「にゃにゃめにゃにゃじゅうにゃにゃどのにゃらびでにゃくにゃくいにゃにゃくにゃにゃ�... Weblog: ひそかにささやかにアニメを応援している日記 racked: 2010-02-27 16:40
  • 化物語 第14話 感想

    Excerpt: 第14話 「つばさキャット 其ノ肆」 急に配信始まりましたね、まだこういう形式は慣れてないんですがネットが行渡っている現代では良い選択肢... Weblog: ともくんのアニゲー日記 racked: 2010-03-22 11:11