バカとテストと召喚獣 第10話「模試と怪盗とラブレター」

魂を持っていかれる音www




・盛り上がってまいりました!


中盤はずっと1話完結型のエピソードをつないでいた今作。今回もそんなノリで、姫路のいたいけな姿に悶えるためだけの単なるバカコメディかとタカを括っていたんだけど、いつの間にか、とんでもなく熱い展開にこぶしを握りしめていた!


いままで溜めに溜めていた試験召喚戦争を、こんなカタチで持ってこようとは。アニメオリジナル展開がどうこう言われてきたけれど、1クールという限られた尺を最大限に活かすために、どれほど精緻なシリーズ構成を行ってきたかが、ついに明らかになったと言っていいのではないか。


Fクラスを馬鹿にされた際の姫路の反論は、それ単体ではさも ありきたりなセリフである。実際作中でも、その言葉をぶつけられた根本恭二は何の反応も示しておらず、彼が姫路の必死の言葉に一切心を動かされなかったことを示している。しかし、これまでFクラスの面々を見守ってきた我々にとって、姫路の叫びは迫真のものであった。明久と雄二が試召戦争に臨もうと立ちあがった時、男子として、この二人の決意にシンクロしなかった者がいるだろうか?


彼らバカたちの、バカなりの決意と奮闘のほどを、心から楽しみに待ちうけたい。これほど血が騒ぐアニメは、久しぶりだ!w




・ラブレターの件


じつは今回の話を見るまで、姫路が隠し持って渡す機会を窺っていたラブレターの存在を、すっかり忘れてしまっていたw 


もちろん、事あるごとにラブレターを持ち出されてもきっと面倒くさいだけだったろうと思うので、これはこれでよい。むしろ第3話で「いつかきっと、自分の意志で、自分の力で渡します!」と宣言していたその手紙を、いよいよ渡す決心がついたのだという事実を、真摯に汲んであげるべきだろう。第4話以降、ラブレターをおくびにも出さないようになったのは、明久への想いが固まるのをゆっくり待っていた、ということ。これから彼女が、ちゃんと自分の意志と力でラブレターを渡すことができるのか、そちらのほうにも注目したい。


とくに、試召戦争という一大イベントが巻き起ころうとしているタイミングである。もしかしたらこの戦争と姫路のラブレターが、ドラマとして密接に絡み合う可能性も、あるかもしれない。ふたつの物語が同時並行的に展開される中での、ストーリー展開の手腕にも、期待がかかる。




・磨きがかかる演出


今回はまたまたワタナベシンイチのコンテ。これで3回目となるが、これまでを振り返っても、もっとも「バカテスらしさ」が追求できているのが、この人の担当回だと思う。それは、ドラマの中心となる人物の動きにインパクトを持たせるだけでなく、余白部分を巧みに活用して、キャラに奇妙な動きをとらせたり、特徴的なエフェクトを取り入れて画面そのものの密度を上げている演出が、今作の、とくにギャグパートにはぴったりだと思う。少々オーバー過ぎるくらいの演出が、じつによくハマっている。


今回も、展開上わりとどうでもいいカットにおける描き込みの密度がハンパなくて、またそれがじつに面白く、Aパートは腹を抱えて大笑いしてしまった。カニの動きを真似る翔子は、恐ろしいけど、でもお茶目で可愛いw


いよいよこれからクライマックスに突入するということで、次回以降はストーリー展開だけでなく、映像面の工夫にもぜひぜひ注目していきたい。



----


それでは、今回は以上です。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえるとやる気でます^^


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック