横浜スタジアム観戦記 4月25日

画像
画像
画像



横浜スタジアムへ行ってきました!!!


普段はアニメの感想ばかり書いているから知られてないかもしれませんが、何を隠そう、私は横浜ベイスターズのファンなのです。ハマスタへ行くのはなかなか久しぶりですが(去年と一昨年は行く気がしなかったwww)、「所詮、すべては戯言なんだよ」のヨークさんが誘ってくださったので、二人で観に行って参りました。




↑↑↑の写真を見ていただければ分かる通り、本日(4月25日)はこれ以上ないくらいの快晴!! 

自分は雨男なので心配してたんですが、杞憂に終わって良かったです。

花粉はひどかったけどなwww


まぁやはり、デーゲームのハマスタは最高に気持ちいいわけで。照りつける日差しも心地よく、最高の気分で楽しんでまいりましたよ。何より勝ったしね!



それでは、本日の試合の感想をば。



・本日の席


まず本日のわれわれのポジショニングから。チケットはヨークさんが手配してくれたわけですが、これがまた最高にいい席を獲ってくれて大感謝でした。いちおう外野なんだけど、内野席との境界のすぐ隣、前から3列目という場所。選手が近い!ファールが怖い!w ただのセカンドフライが、こっちに落ちて来そうですごく怖かったですw


フィールドにおいては、ちょうどライトとファーストの中間くらいの位置だったから、グラサンをかけた吉村の姿をわりと近くに見ることができて大満足でした。


その代わり、ガイエルの2ホーマーもばっちり間近で見えて悔しかったけどwww





・キーポイントは捕手!?


試合前にヨークさんと、今日の試合やら最近のベイスターズやらについて色々話がはずんだわけですが、その中でもとくに注目点として挙げられたのが捕手の存在。

「捕手の被本塁打率を計算してみればいいんだ!」

とヨークさんが仰っていたのが強く印象に残っています。鶴岡&相川放出後のベイと言えば、正捕手不在で大いに泣かされてきたところ。せっかくFAで獲った野口が期待に添えず、改めて獲得した橋本もさっそく故障で離脱と、どうにも運が向かない捕手事情の中、いったいどうすんだべ? という感じで二人して頭を抱えていたわけですが、、、


おパゲ「武山は期待していいっスよ!打撃いいし! だってこの間、岩瀬からヒットうったもん!(←論拠これだけw)」


という話をしてたんですよ。自分はリードのことはよう分からんし、打撃が良いと風のうわさで聞く武山が本当にバットで貢献できるか、まったく自信は無かったわけですが、でも今期は出場機会少ないながら2割後半の打率を残しているし、期待するのはタダだと思って発言させていただいたんですがね。


武山、大活躍だったじゃん!!!


いやー、正直驚きましたさ。まさか勝ち越し2点タイムリーを含む2安打! しかも6回のセカンドゴロは判定はアウトだけどぜったい内野安打だったし! そしてまさかの盗塁阻止! 走者のスタート悪かったとはいえ、横浜の捕手が盗塁刺すなんてこんなレアなことは無い♪


自分は決意しました。これからは武山を全力で応援していこうと!w 橋本や細山田にももちろん奮起して欲しいけれど、正妻候補筆頭は武山に違いないと!w ていうか今日は初のお立ち台だったのね。どうりで初々しい、気のきいたコメント言えて無い感じだったわけだ^^




・魔将ガイエル


しばしば”魔将”と称され、空間を捻じ曲げるチカラがあると信じ恐れられているヤクルトの5番ガイエル。今日の試合は、彼の魔将っぷりが発揮されまくった試合でしたwww


まぁ2HR打たれたのはいいんですよ。いや良くないけどさw 2本目の、打った瞬間それと分かる場外弾はすごかったけどw


しかし彼の真価は6回表。横浜の二番手・高宮が左サイドハンドから投じた球は、まるで磁石か何かに吸い寄せられるようにガイエルの体へ接触。この日は横浜のサイドスロー投手が3人とも死球出してて、後から考えるとなんか変な空間捻転があったわけですが、このときも「あぁホラホラ!魔空間、魔空間www」などと、はしゃいでたわけです。


そこで、6番から右が続くということで投入された江尻が投じた球を、飯原がクリーンヒット! ・・・したかに見えたその時、我らがカスティーヨがダイビングキャッチ!! しかしその直後、彼がファーストに投じた球がトンデモ無いところへ飛び(←もちろんここで魔空間発生www)、ガイエルさまは悠々と2塁へ進んだのでした。


これには正直笑ったwww いや、その瞬間は、カスティーヨに「なんじゃそら~!」と叫んでいたわけですが、肩には滅法自信があって、無理な体勢でも送球だけは計算され尽くした手堅さでこなしてみせる我が二塁手が、あんな悪送球するというのはオカシイわけですよ。これはもう、魔将ガイエルの未知なるパワーによって、空間が捻転されたに違いないのです。自分の目の前のオジサンがアゴ様に「飛びついて捕ってやれよ!!」と叫んでましたが、そりゃ無理な話であるわけでw




・ハラハラさせるナゾ継投^^


今回、ヨークさんと二人で「どうしても解せぬわ」と首をかしげていたのが、三番手以降の継投のタイミング。


二番手の高宮はガイエルパワーによって死球を出して交代したわけですが、彼をワンポイントと考えてそこで交代させるのはまだ分かるにせよ、そのあとの江尻は回をまたいで7回途中まで投げさせ、そこからやはり牛田と山口を、回をまたいで登板させたわけですが。


いちおう、明日休みだし、回をまたがせることに何か尾花監督の意図があるとは、考えたい。でも見てる方としては、どうにも気持ちの悪い継投策だったですね。それに、8回2死からマウンドに上がった山口を7番にそのまま入れるものだから、次の回一人でもランナーが出れば彼に打席が回ってくるわけで。実際そうなったしね(しかも増渕が四球くれたのは笑ったw)。


まぁ、球場で観てても、ヤクルトは何点差つけても流れを引き寄せようと必死に食らいついて来て、勝ちはしたけど非常にハラハラさせる展開ではありましたから、江尻以下の勝ちパターンを投入したのは正しい選択だったとは思います。失点はしたけど、試合は崩さなかった。回をまたがせることで、無駄にオーバーワークにならなけりゃいいなと、願うばかりです。



・オマケ


試合前の会話

ヨークさん「先発、加賀かぁ。5回2失点で切り抜けてくれれば・・・」

おパゲ「いやいや、ルーキーの、しかもついこないだまでリリーフやってた投手に、多くは求めてはいけませんよ。5回3失点なら合格ぢゃぁ」



2回時点での会話

おパゲ「今日の村中やべーよ!w ストレート伸びまくってるよ!w あんなの打てネーってw」

ヨークさん「むむむ。加賀には1失点以内に抑えてもらわないと、今日は勝てないんじゃないの」


・・・言ってるそばからガイエルに本塁打やられたときは肝が冷えましたが、横浜打線が奮起してくれて良かったです♪ 今年の横浜は、ちょっと違うんじゃい!w



-----


まだまだ書きたいことはありますが、あんまり脈絡なさすぎなのでこの辺でw 次いつ行けるか分かりませんが、ベイスターズの勝利を信じて、ぜひまた球場に足を運びたいですね。



最後に、勝利後のハマスタの様子をお見せして、今回はおひらきとさせていただきます。


画像




FULL SEASON FULL POWER , Analyzing Baseball


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2010年04月26日 18:21
ども~
私も影ながらベイスターズを応援している者です。
今回の観戦日記を楽しく読ませていただきました。

まずは、お疲れ様でした。

昨日は武山大活躍でしたね。私も武山の事は評価しています。
武山のバッティングですが、右方向へ打てる広角なバッティングが光っています。
昨日のような村中の場合は、巨人打線は1発のあるメンバーには大変有効ですが、当ててくるバッターとの対戦は分が悪いです。

なので、昨日のようにアウトローの球をしぶとくくらいついたバッティングが出来る武山をスタメンに入れたのは正解だと思います。そして、彼の持ち味は打撃だけでなくリードも特徴があります。

うちの捕手陣の中で一番インコースを攻める捕手。
けど、昨日はデントナとの対決を見るようにタイミングが合わない加賀のスライダーを見るやスライダー連投で三球三振に終わらせてくれました。

このように大胆&裏をかくリードも最近出来るようになりました。

そして強肩の事も挙げられていますが、それは加賀牽制&クイックがうまかった事もあり、共同作業がしっかりしています。
だからこそ、捕手として成功できる要素を持っており、おパゲさんが正捕手として推しているのも気持ちは分かります。

課題は、リードが大胆だからこそ、被本塁打が多い事。
ガイエルに打たれた球は甘すぎです。初球からあんなところに持っていくのは打たれて当然です。

あんまり言いすぎてもあれなんでこれで失礼します。
ちなみに自分は加賀は7回3失点が合格ラインですww
おパゲーヌス
2010年04月26日 19:13
>アキさん
どうもです。全然「陰ながら」どころじゃ、ないじゃないですかw

デントナはまったくタイミング合ってなかったですが、それでも4番をあっさり交代させるヤクルトは恐るべしと思いましたね。ガイエルに甘い球を投げたのは、きっとこれも魔空間のせいですw

加賀は、情報によるとスタミナの問題で5回が限界だったみたいですね。球数を多く放れるようになると、調子悪くても試合を作れるだけの投手に成長できるでしょうし、今後の伸びしろを大いに感じさせる投手ですね。頑張って欲しい。

アキさんの記事も毎日楽しく読ませて頂いております。これからもベイスターズの勝利を信じて、ともに応援していければと思います^^
わほマン
2010年04月26日 21:46
昨日は絶好の観戦日和で、試合もベイスターズの勝利、その上ルーキーの初勝利に立ち会えるなんて最高でしたね!

武山は最近がんばってますよね~。このまま正捕手の座を掴めるでしょうか!

この試合、自宅観戦していたんですがカスティーヨの悪送球がガイエルの魔空間によるものだとは気付かなかったですw今年も順調に死球を稼いでいるようですし本当に不思議な選手ですね。

継投については3人が回をまたぐと各選手の負担が大きくなるので誰か1人に2イニング行かせて残りを1イニングずつとするのが良さそうなんですが、ついこの前の試合でそうやろうとして江尻を2イニング引っ張って負けた試合(この前の江尻が押し出し四球をした巨人戦です)が監督の脳裏に浮かんだのかもしれませんね。

それにしても開幕からここまで見ているとリリーフの負担は相当なものなのでいずれ誰か離脱するんじゃないかと心配です。

今年のベイスターズ頑張ってるので僕も一度観戦に行きたいなあと思ってます^^
2010年04月26日 22:45
天気もいいし、最高の試合だったし、
いい時に見に行ったね~
魔空間にはワロタわ

どうでもいいけど、
俺は球場に行く時は、必ずグローブ着用ですw
おパゲーヌス
2010年04月27日 00:06
>わほさん
コメントどうもです。ええ、最高の試合でした。もう少し楽に勝ってくれると、なお良かったんですが^^

継投はやはり、負担が大きいですよねアレは。何だったのかなぁと思っています。あえて好意的に解釈するなら、2死(=精神的にわりと楽な状況?)から登板させることで、次の回を先頭からバッチリ抑えるための肩慣らしに、なるとか。。。
無理があるかなぁw

自分も機会があればまたぜひ行ってきますよ。お金の問題だなぁ。

>劇王さん
どうもですー。グローブは持ってきてる人多いですよね。自分はただ怖がりなので、たとえHRボールが飛んでこようと、体を丸くして球をよけようとするはずですw

というか、内野フライなのに球の軌道が読めずに、「うわぁぁ、こっち飛んでくる!怖い~!」とか叫んでた自分が恥ずかしい。。。
2010年04月29日 20:18
おパゲさん、こんばんわ。

ちょっと関係ないコメですまんのだが、最近、ツイッターというのをはじめてみたんですが、今、見てみたらおパゲさんからフォローが来ていたので、自分の方からもフォロー返ししてみました。

あんまりフォローするとか、まだよく分かっていない初心者なので、まだ分からない事だらけなのですがご報告しときます。
これからもよろしくww
おパゲーヌス
2010年04月29日 21:04
>アキさん
自分もツイッターよく分かってないですが、どうぞよろしくです^^

この記事へのトラックバック

  • 対ヤクルト戦 加賀プロ初勝利!!

    Excerpt:  昨日の勝ちは不思議な勝ちだな~  時間が経ってふと考えていたらそんな風に思えてきた。    相手の自滅。  まあラッキーな勝利と言っ... Weblog: 独り言の日記 ~ネガティブとポジティブな野球観戦記~ racked: 2010-04-26 18:00