デュラララ!! 第17話「有為転変」

静雄無双と言わざるを得ない。ゲームで出せw





・斬り裂き魔編完結


罪歌の真の持ち主が明らかとなり、街中に溢れていた子罪歌たちの支配者を従えることで、事件のいちおうの収束を見た今回のエピソード。次々と明らかになっていく謎と、偶然が偶然を呼ぶ展開に興奮必至の事件だったが、それをすべて操り、好き勝手に転がしているらしい臨也の存在を、一段と際立たせた話でもあった。


人を愛せない杏里が、人を愛してやまない罪歌に寄生するというのは、話としてはわかる。彼女の母が、夫と自分を殺して杏里には手出ししなかったのは、娘をまったく愛していなかったのだろうと思わせる描写。それを考えると、自分をかばってくれえていたはずの母でさえ、愛を与えてくれていたワケではなかったというその境遇に、ゾっとさせられる。


だがしかし「寄生虫」という単語をそこまでリアルなものとして受け取れないのは、私だけか。そもそも、かつては張間美香に、いまは帝人たちに依存していると言うけれど、青少年のコミュニティにおける依存と被依存の関係性の持つ、心理的な意味や、それに対する罪悪感などが、いまいち自分には分かっていない。そういう経験を、自分はもちろん、友人の間でも見た記憶が無いからだ。(いや、見ていたのかも分からない。けれど、それと認識することが私にはできなかったし、今でもできないと思う)


そういう意味では、一人のキャラクターとして園原杏里の持っている深淵を、自分はいまいち理解しきることが出来ないで、なんだか悶々としながらエピソードの幕が下りてしまった。作劇ではなくたぶん自分自身の人間観や人生観の問題なので、間違いなく悪いのは私自身ではあるが・・・。




そんな中、やはり目を引いたのは公園での乱闘騒ぎか。静雄、まじかっこよすぎw セルティが惚れ惚れと眺めるのも無理はない。その演技は少々、リアリティに欠けるゲーム的な見せ方ではあって、演出もことさらオーバーに彼の活躍を描いていたが、ここは彼の動きをいちいちトレースしたのではなくて、傍観者(たとえばセルティ)にこの光景がどう映ったていたか、それを描いて見せてくれたのだろう。面白い演出だった。


それに何と言っても、自分の力を思う通りにコントロールしてみせたあとで、満足そうに笑みを浮かべる静雄のカッコよさといったら無い! 彼が、暴力が嫌いだ、怖いと語っていたその理由を実感として理解すると同時に、そのコンプレックスを見事に克服して見せた彼のカッコよさに惚れ惚れするエピソードだった。




・杏里が主人公のほうが、たしかに面白い


臨也の言うには、罪歌のコントロール化にあるグループさえ生み出せれば、その支配者は誰でも良かったのだが、面白そうだから杏里に統べさせることに、したらしい。


最初はこの発言を聞いて、また悪趣味な、と苦笑いしながら、頭の中にハテナマークを作りながら聞き流していた。ところが直後、紀田正臣のあんな姿を見たら、臨也さんに激しく同意せざるを得なくなっちゃったじゃないか!ww


今回の斬り裂き魔編も、また前にやっていたダラーズにまつわるエピソードも、それぞれが別個のものとして描かれてきたものが、ここに来て急速に一本のラインに収束してゆく予感を見せたこの展開には、大いに心躍らせるものがあった。たしかにこれなら、杏里が罪歌の元締めに収まったほうが、断然面白い。臨也は、視聴者に近い目線で、視聴者にも楽しめるように事件をひっかき回してくれるのが、とてもありがたい。また、こうでなくては、悪魔の化身であり道化であるところの折原臨也の立場が無いだろう。さすがと言うしかない。


またそろそろ、臨也が何を狙って動いているのかが、何とはなしに見えてきた感じもする。ダラーズと黄巾賊のいがみ合いを、抗争(というより戦争)に持っていきたいというのは前から提示されていたが、その火付け役に斬り裂き魔事件を活用しようという話だった。そして、両陣営にそれぞれ、罪歌の支配下にある人間を潜り込ませているという。


罪歌を、第三勢力としてではなく、あくまで2つの陣営の間に入って着火剤のような役割を担わせようと言う話なわけで、しかもその首領が奇しくも親友3人組の高校生という、なんとも絶妙な塩梅になった。ここまで綺麗にコトが運ぶと、そりゃあ臨也もニヤニヤが止まらないだろうなぁw 視聴者としてももちろん、ニヤニヤが止まりません。それも、きっとこうなるだろう、という期待感ではなく、どうなるのかさっぱり分からないけど、でもなにかすごいことが起こりそうだという、漠然とした期待感と不安感。それをうまーく引き出しているのが、じつに見事だと思う。




・勢力図やいかに?


ひとつ気になっているのが、いま登場している3つのグループの、勢力図というか、力関係だ。


視聴者目線で見れば、ダラーズに関しては、そこそこ顔が割れている人が多い。首領の帝人、ドタチンとその仲間たち、平和島静雄にセルティ。ビッグネームはそのくらいでしょうか。一方、黄巾賊のほうは、紀田の他はモブに毛が生えたようなやつらばかりで、今回の言動を見ても、考えの足りない子どもたちが徒党を組んでいるだけ、という印象。


このメンツだけ見ると、なんだか圧倒的にダラーズが有利なんですがw でもダラーズはギャングではなく一般人にちょっと特殊な意識付けを行っているだけなので、喧嘩ごとになったら弱いのかも。数の問題もあるし。


そしてもちろん、一番の興味は、罪歌グループがどちらにどれだけの影響力を及ぼすことができるか、という点。人数は100人ちょっとと言っていたが(もっと多い印象だったけど)、数的にはもっとも小さい勢力だけど、簡単に刃物を振り回したり増殖したりできるし、母の命令には絶対服従している可能性が高いので、使いようによっては一番厄介な存在だろう。


臨也が、この3つの勢力がどう動くと期待しているのか。あるいは帝人・正臣・杏里の三人が何を考えどう行動するか。そのあたりが今後の焦点になってくるのだろう。この複雑で巧妙に展開してきた物語も、いよいよ佳境へ向かって進み始めている。今後も目が離せない。




----


それでは、今回は以上です。



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえると嬉しいです^^



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • [アニメ]デュラララ!!:第17話「有為転変」

    Excerpt: 地に足をつけ、彼女は一歩ずつ踏み出していく、一歩一歩と。 Weblog: 所詮、すべては戯言なんだよ racked: 2010-05-08 04:53
  • デュラララ!! 第17話 「有為転変」

    Excerpt: 日常の行方、愛の行方。 Weblog: 物理的領域の因果的閉包性 racked: 2010-05-08 05:08
  • デュラララ!! 第17話 「有為転変」 Part.1

    Excerpt: もう、シズちゃん無双!! 圧倒的に強すぎて、もはや笑うしかないw という事で罪歌編もクライマックスジャンプなデュラララ!!、第17話の... Weblog: 中濃甘口 Second Dining racked: 2010-05-08 05:12
  • 「デュラララ!!」第17話

    Excerpt:    #17「有為転変」偶然現れた那須島を追いかけ姿を消す贄川春奈。そしてその後を追う杏里。罪歌を操り、斬り裂き魔の集団を統率する春奈との対峙によって、杏里の過去が徐々... Weblog: 日々“是”精進! racked: 2010-05-08 05:24
  • デュラララ!! ♯17 「有為転変」

    Excerpt:  ここに来てまだ面白くなるかって感じでした。何か凄いことになっていますね。 Weblog: つれづれ racked: 2010-05-08 06:50
  • デュラララ!! 第17話「有為転変」

    Excerpt: 切り裂き魔を蹴散らす静雄。 かっけー!静雄かっけー! 静雄の強さは圧倒的だね。 静雄ぉぉぉーーー!!!!!! 杏里VS春奈 激しい戦いを期待してたんだけどなぁ。 偶然と必然 偶然.. Weblog: ♪風の~吹くまま~気の向くまま~♪ racked: 2010-05-08 07:17
  • デュラララ!! 第17話「有為転変」

    Excerpt: オリジナルの罪歌-----------!!すべては偽りか、真実か-------------?まさかの杏里の秘密。そして斬り裂き魔の本当の正体。まぁ、ここまで裏の顔を持った奴らばかりだと、そろそろ驚愕度.. Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ racked: 2010-05-08 07:31
  • デュラララ!! 第17話 「有為転変」 感想

    Excerpt: 静雄「やっと、やっと俺の言う事、聞いてくれたな」 偶然現れた那須島を追いかけ姿を消す贄川春奈。 そしてその後を追う杏里。 罪歌を�... Weblog: ひえんきゃく racked: 2010-05-08 10:14
  • デュラララ!! 第17話「有為転変」

    Excerpt: 杏里の母親が罪歌を手に入れた理由は夫が古物商をやっていて、そこで森厳が売ったから? 杏里の家庭に起こった切り裂き魔事件の犯人は母親だった。 母親は夫を殺し、自分も死んだ。 愛を欲する.. Weblog: nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ! racked: 2010-05-08 10:31
  • デュラララ!! 第17話「有為転変」

    Excerpt: 「私のために戦わないで!」という杏里の悲痛な叫びが聞こえるようです。 Weblog: 隠者のエピタフ racked: 2010-05-08 11:41
  • デュラララ!! 第17話「有為転変」

    Excerpt: 罪歌を宿す者。 Weblog: ミナモノカガミ racked: 2010-05-08 12:46
  • デュラララ!! #17『有為転変』

    Excerpt: それは――――偽り。 Weblog: 本隆侍照久の館 racked: 2010-05-08 12:50
  • デュラララ!! 第17話「有為転変」

    Excerpt: デュラララ!!5(初回限定盤) [DVD](2010/06/23)TVアニメ≪CD付完全生産限商品詳細を見る やはり、切り裂き魔事件は折原 臨也が裏で糸を引いていました�... Weblog: 破滅の闇日記 racked: 2010-05-08 13:26
  • デュラララ!!第17話「有為転変」感想

    Excerpt: この展開にゾクリとしましたね。 非常に密度の濃いお話だったと感じました。 いよいよ、ラストに向けての序奏が響き始めた気がしましたよ。 満たされぬ心を埋めるものは何? 杏里は人を愛せないと自分で言うけ.. Weblog: サラリーマン オタク日記 racked: 2010-05-08 14:05
  • デュラララ!! 第17話「有為転変」

    Excerpt: デュラララ!! 第17話「有為転変」この世の中の事物一切は因縁によって仮に存在しているもので、常に移り変わっていくはかないものであるということ。(出典:大辞林)公式HPよ... Weblog: SOLILOQUY racked: 2010-05-08 14:16
  • [アニメ]デュラララ!! #17

    Excerpt: デュラララ!! 公式サイト 『有為転変』 脚本:根元歳三 演出:川面真也 絵コンテ:名村敏之 作画監督:青野厚司 杏里(花澤香菜)にあった家族の記憶。それは彼女の願望でしかなかった。 幼い杏里にはす.. Weblog: Vanishing Point-バニシング・ポイント- racked: 2010-05-08 14:34
  • デュラララ!! 第17話 「有為転変」

    Excerpt: 少しだけ聞かせてあげます。 私の中にいつもいつも響いている罪歌の愛の言葉を――。 杏里は贄川に斬り裂き魔達を止めさせるために自分の�... Weblog: SERA@らくblog racked: 2010-05-08 15:34
  • デュラララ!! 第17話 『有為転変』 感想

    Excerpt: すべては臨也の思い通りに運んでいるのか、それとも。デュラララ!! 第17話 『有為転変』 の感想です。 Weblog: メルクマール racked: 2010-05-08 16:48
  • デュラララ!!第17話感想

    Excerpt: #17「有為転変」 『そのお胸力を、彼女は重荷に感じた』巨乳ちゃんは肩こりに悩ま Weblog: うたかたの日々 でぼちん珠洲城遥万歳 racked: 2010-05-08 17:37
  • デュララララ17話

    Excerpt: 17話「有為転変」 Weblog: ハルジオンデイズ racked: 2010-05-08 18:48
  • デュラララ!! 第17話 「有為転変」 感想

    Excerpt: 新たな抗争へ― Weblog: wendyの旅路 racked: 2010-05-08 19:55
  • デュラララ!! 第17話「有為転変」

    Excerpt: 「狙い通り 事は運んでくれた訳だし」 今回の黒幕もやっぱり臨也でしたw そして正臣もついに動き出す…!! 【第17話 あらすじ】 偶然現�... Weblog: WONDER TIME racked: 2010-05-08 20:08
  • デュラララ!! 第17話 「有為転変」 感想

    Excerpt: 罪歌篇は終了、だけど黄巾賊に動きがあっていよいよカラーギャングの対立の気配が…。 Weblog: Little Colors racked: 2010-05-09 00:54
  • デュラララ!!#17「有為転変」感想

    Excerpt: 愛の力で、愛の言葉を聞かせて。私の中に降り積もるように。「有為転変(ういてんぺん)」あらすじは公式からです。偶然現れた那須島を追いかけ姿を消す贄川春奈。そしてその後を追... Weblog: おぼろ二次元日記 racked: 2010-05-09 01:06
  • なんでこのタイミング?(メイド様とか大魔王とか)

    Excerpt: 【HEROMAN 第6話】タマの行動法則と、リナが仲間にお話。タマに関してはとりたてて驚くような情報が明かされたわけじゃないけど、むしろ“異星人は地球の情報を分析した上で侵略行動をしている.. Weblog: アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮) racked: 2010-05-09 05:39
  • デュラララ!! ep17 「有為転変」 感想

    Excerpt: デュラララ!! -durarara!!- 第17話 「有為転変」 感想です。 デュラララ!!公式サイト → http://www.durarara.com/ 限定待ち受け画像プレゼント → 携帯H.. Weblog: ブログを長く続けてみる racked: 2010-05-09 08:22
  • デュラララ!! #17「有為転変」

    Excerpt: それは偽り……それは真実……南池袋公演で罪歌の子供たちに操られた人間を次々とぶちのめしていく平和島静雄を見つめるセルティ・ストゥルルソン。「強い……いや、怖い…… いや、格好いい。 こいつ、強い強いと.. Weblog: 無限回廊幻想記譚 racked: 2010-05-09 20:04
  • デュラララ!! 17話 『有為転変』

    Excerpt: デュラララ第17話は、"罪歌"を巡る一連の事件に関しては決着したものの、"黄布賊"とダラーズを巻き込む抗争への発展を予感させる内容となりました。今回の件で、杏里は100人を超える罪歌の子の集団を従える.. Weblog: 無常の流れ racked: 2010-05-09 22:23
  • デュラララ!!~第17話 感想「有為転変」

    Excerpt: デュラララ!!ですが諸行無常、有為転変は世のならいということで本当の非日常は毎日同じことの繰り返しで何も変わらないことだそうです。妖刀・罪歌の大元・園原杏里の凄絶な過去も判明しますが、平和島静雄は罪歌.. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2010-05-09 22:40
  • デュラララ!! 第17話 「有為転変」

    Excerpt: 杏里ちゃんマジ杏里 Weblog: すずきはきょうもいきています racked: 2010-05-11 18:39
  • デュラララ!! #17

    Excerpt: 罪歌の真の支配者は杏里でした。今回はそんな杏里と平和島静雄が格好良かったです! 春奈に操られた罪歌の子供たちに襲いかかられた静雄。�... Weblog: 日々の記録 racked: 2010-05-13 18:55