閃光のナイトレイド 第6話「乱階の夜」

あれ・・・なんか、いい人?




・真打ち登場


今回はいよいよ、敵の黒幕(?)たる高千穂勲が登場し、葵と接触することで一気に物語に緊張が走る。アジアの独立運動家を一堂に会した会合を探る話であったが、葵が誘拐された時点からルートが二手に分岐。茶館の内と外とで同時並行的にドラマが展開された。


茶館の外では、肉親の情を警戒された雪菜との確執から、傘の女の謎の行動、久世との3対1の能力対決と、外面的・動的なドラマで盛り上げるが、この疾走感と緊張感の演出は見事。一方で茶館の内では、動きのある描写こそ少なかったが、高千穂の理念や目的が少しづつ明らかにされていく展開で、内面的・静的なドラマで魅せる。この、外と内、動と静とのコンビネーションが心地よく、じつに面白いエピソードだった。


また、少々複雑な展開をとり、かつ歴史的な知識を要求するエピソードではあったが、極めて親切丁寧に、分かりやすいセリフ描写を見せてくれたのは良かった。今後ますます難しい政治劇を見せる可能性が高いだけに、その伏線というか、下敷きとなるエピソードとして、今回はその役割を十二分に果たしていたと、言っていい。




・動き出した政治劇


何がやりたいのかさっぱり分からなかった高千穂の、少なくとも大きな目的が今回ようやく明かされることになった。欧米列強の植民地支配が続く中で、アジア諸国がそれにどう立ち向かっていくかという問題に関して、劇中でも語られた通り日本人はあくまで日本を中心的に考える意見が主流を占める中、高千穂はもっとグローバルな視点に立って、アジア全体の独立・共生を訴えて見せた。


今回言及があった国は、印度、仏印(ベトナム)、ビルマ(ミャンマー)、マラヤ(マレーシア)の四国。劇中ではもっと人数が多かったけれど、1国につき複数の人間が参加していたか、他の国(たとえば中国とか)の人間も参加していたのかは分からない。とにかくいずれも、英仏等による植民地支配が長らく続き、いい加減独立の機運が高まってきた頃合いの国々。アニメの舞台は1931年だが、例えばベトナムやビルマは、史実ではその10年後あたりに独立を掲げて立ちあがっている。もちろんその背景には、日露戦争におけるアジア人の勝利を目にしたこと、ヨーロッパ的な近代国家観(封建主義からの脱却や、民族自決への理想)が知識人の間に浸透したことなどが、理由としてあっただろう。当時は中国の知識人たちが多数、日本に留学(あるいは亡命)して近代思想を吸収したりしていたし、インド独立の父・ガンディーがロンドンに学んだことは有名である。


そんな激動の時代背景の中で、登場人物たちがどのような政治理念を持っているか。今回もちょっとだけ葵と葛が政治談議に走りそうになっていたが、このあたりの思想的対立が物語の重要な軸になってくると、面白い。葛は元軍人らしく、かなり大日本帝国に肩入れしている(というか、それが普通だったのだろう)。一方の葵はかなり自由思想というか、危険思想の持ち主で、日本や欧米列強よりも被支配者に同情的な立場らしい。今回語られた高千穂勲の理念を聞くに、高千穂が葵に接触したというのは、大いに頷ける。


それでは我々視聴者は、この劇を見るときどのような感情で見ているか。恐らく、この後に控えている凄惨な歴史を知っている視聴者としては、今回語られた高千穂の理念に、大いに同調する向きがあるのではないだろうか。これまで得体のしれない黒幕として描かれた高千穂勲が、むしろ我々視聴者側に近しい理念を持っているというのは、面白い構図である。そもそも政治に正義を求めるなどというのはナンセンスなのであるが、しかし正義か悪かで考えようとしたとき、どうやら敵と思っていた高千穂が正しそうで、ヒーローと思っていた桜井機関が悪(=日本の暴走を助長するという意味で)に見えてしまいそうである。いや、そう誘っているというのが、今の展開だろう。


加えて、高千穂のあの”いい人”っぷりだ。久世が強引に雪菜を連れようとした第3話では、なんてひどい兄ちゃんだと思っていたが、今回は葵にも雪菜にも各国指導者たちにも、寛大で余裕のある、しかし軸のぶれない発言・態度を見せていた。そこに強引さは微塵も感じられず、種を捲き発芽を待っている温厚な様子に、映っていた。


こうなると、視聴者としては桜井と高千穂のどちらを応援するべきか、葵たちにどんな行動を取って欲しいか、さっぱり分からなくなって混乱してくる。しかしだからこそ、異様に面白くなってきた。ただ先が読めないというだけでなく、単純な勧善懲悪では割り切れない葛藤を、呼び起こさせてくれる。




今まで散々、地味だとか書いてきたけれど、これは次回以降がじつに楽しみになってきた。どんな結末を迎えるのかまったく分からないこのもどかしさを、最後まで存分に味わわせてくれることを、期待したい。



----


それでは、今回は以上です。




にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえると嬉しいです^^


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2010年05月12日 00:44
私も今回の話は歴史的に見て、面白いと感じました。

勲の主張も未来を考えたら正しいですが、
たぶん戦力は超能力、これの発生について
劇中で説明されてないです。

勲や久世は人口的な能力者かもしれません。
下手したら非人道的な方法で発生させてる説も
十分考えられます。

計画の策も具体例が出ていないので
未来だけでなく、今の人たちもちゃんと考えてるのか?
と考えたら信用はできませんでした。
おパゲーヌス
2010年05月12日 01:17
>食系人さん
コメントどうもありがとうございます。

そうですね、能力をいかに発生させているか。高千穂にせよ久世にせよ、複数の能力を用いているのは桜井機関のメンバーと異なる点ですし、その制約もわりと緩い感じがしますね。関東軍の消えた部隊と高千穂は、もしかしたら悪名高いあの部隊とも関係している設定かもしれません。

もちろん、理念や理想のためには手段は問うべきか否か、某大河ドラマでもしきりに話題にされているテーマですが、これの是非も同時に考えていきたいと思っています。

この記事へのトラックバック

  • 閃光のナイトレイド 第6話 「乱階の夜」 の感想

    Excerpt: 閃光のナイトレイド 1 [Blu-ray] by G-Tools このぐらいが丁度いいかも^^; -公式サイト- 閃光のナイトレイド 公式サイト   -あらすじ- ... Weblog: 24/10次元に在るブログ racked: 2010-05-11 10:11
  • 『閃光のナイトレイド』#6「乱階の夜」

    Excerpt: 「アジアは連帯せよ!」 高千穂勲の目的。 葵が事前にもぐりこんでいた日本哲学者のもとに、 日本の右翼の大物と目される老人がやってきた... Weblog: ジャスタウェイの日記☆ racked: 2010-05-11 10:12
  • 閃光のナイトレイド 第06話 「乱階の夜」

    Excerpt: 闇に潜む、デシジョン-メイキング(意思決定)。 Weblog: 物理的領域の因果的閉包性 racked: 2010-05-11 10:13
  • 閃光のナイトレイド 第6話 「乱階の夜」

    Excerpt: アジアの独立活動家を集めた極秘会議。 それに勲が関わっているので、葵たちは探りを入れていた。 兄に関わることなので、雪菜たちはまたも�... Weblog: SERA@らくblog racked: 2010-05-11 10:39
  • 閃光のナイトレイド 第06話 「乱階の夜」

    Excerpt: 物語が動き出す「閃光のナイトレイド」第6話。 あにてれサイトはこちら。 追記 ***** 次回特別編「預言」は5月17日の放送は特別編成のため10分... Weblog: ゆる本 blog racked: 2010-05-11 11:10
  • 閃光のナイトレイド第6話「乱階の夜」

    Excerpt: 上海で起こった日貨排斥運動。日本製品の輸入規制。日本はアジア諸国に君臨し、支配する道を選ぶ。アジア諸国と軋轢が生まれる。そんなアジアの情勢下。・・・どんどん小難しい設定... Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ racked: 2010-05-11 11:41
  • 閃光のナイトレイド 第6話 「乱階の夜」

    Excerpt: ようやく本編に入ってきましたね~長かったw そして遂に登場な傘の女性 葵にとってはあまり芳しくない登場の仕方のような・・ 最後の最後に勲が去った後に出てくる傘の女性ですからね((.. Weblog: さや☆ねオフィシャルブログ racked: 2010-05-11 12:59
  • 閃光のナイトレイド 第6話 『乱階の夜』 感想

    Excerpt: 国際社会が今の形に固まる前の、動乱の時代の物語。閃光のナイトレイド 第6話 『乱階の夜』 の感想です。 Weblog: メルクマール racked: 2010-05-11 13:56
  • 「閃光のナイトレイド」第6話

    Excerpt:  第6話「乱階の夜」上海在住の日本人哲学者、三木の邸に書生として潜り込んでいた葵。そこに右翼の大物と目される老人が訪れる。二人はアジア各国の独立運動家を上海に極秘裏に集... Weblog: 日々“是”精進! racked: 2010-05-11 15:27
  • 閃光のナイトレイド 第6話「乱階の夜」

    Excerpt: 今回はスパイします! 三好葵が書生に化けて日本人哲学者・三木邸に潜りこみ・・・ 学生にしては老けてるからバレた!?(゚Д゚) 三木はア... Weblog: 空色きゃんでぃ racked: 2010-05-11 16:02
  • 閃光のナイトレイド 第06話 感想

    Excerpt:  閃光のナイトレイド  第06話 『乱階の夜』 感想  次のページへ Weblog: 荒野の出来事 racked: 2010-05-11 16:28
  • [簡易感想メモ]閃光のナイトレイド#6『乱階の夜』

    Excerpt: 閃光のナイトレイド公式サイト 上海在住の日本人哲学者、三木の邸に書生として潜り込んでいた葵。そこに右翼の大物と目される老人が訪れる�... Weblog: ごーいん!アメイジア racked: 2010-05-11 18:13
  • 閃光のナイトレイド 6話 乱階の夜

    Excerpt: 物語が動き始めました。つーか兄ちゃん最強すぎるだろ Weblog: 日常のぼやき racked: 2010-05-11 18:33
  • 閃光のナイトレイド 第06話

    Excerpt: [関連リンク]http://www.1931.tv/第6話 乱階の夜アジアの黒幕が訪れた三木の邸に忍び込んだ葵そこで各国の独立運動家達を集めて会合を開くことを聞くその会合の場所は茶館だという情報を.... Weblog: まぐ風呂 racked: 2010-05-11 18:58
  • 閃光のナイトレイド 第6話「乱階の夜」

    Excerpt: 『上海在住の日本人哲学者、三木の邸に書生として潜り込んでいた葵。そこに右翼の大物と目される老人が訪れる。二人はアジア各国の独立運動�... Weblog: Spare Time racked: 2010-05-11 19:31
  • 閃光のナイトレイド 第6話 「乱階の夜」感想

    Excerpt: いよいよ物語も動き出したみたい Weblog: マナヅルさん家 racked: 2010-05-11 20:00
  • 閃光のナイトレイド 第6話「乱階の夜」

    Excerpt: ようやく期待した感じだったといえる内容でしたね。 切らないで良かったと思いました。 しかし、それまでの5話が今日の伏線になっていたかと言うと、そうでもないかな?(汗 にわかに高千.. Weblog: nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ! racked: 2010-05-11 20:06
  • 閃光のナイトレイド・第6話

    Excerpt: 「乱階の夜」 哲学者である三木の館。そこに、日本右翼の大物が現れ、そして、大アジア主義による独立派による会合が行われるらしい。そこ�... Weblog: 新・たこの感想文 racked: 2010-05-11 20:26
  • 閃光のナイトレイド 第6話 「乱階の夜」

    Excerpt: 遂にラスボス的存在の高千穂勲が登場して、物語も後半戦に突入という感じがしてきました。 ラスボスと言っても、まだ明確に桜井機関と敵�... Weblog: 黄昏温泉旅館 racked: 2010-05-11 20:36
  • 「閃光のナイトレイド」6話 乱階の夜

    Excerpt: 葵の元婚約者らしき人がチラチラと出てきたけどてっきり高千穂勲の仲間かと思ったらどうも違う様子。 最後のとこで同じ港にはいたものの高千... Weblog: 蒼碧白闇 racked: 2010-05-11 20:43
  • 閃光のナイトレイド 第6話「乱階の夜」

    Excerpt: 閃光のナイトレイド 1 [DVD](2010/06/23)吉野裕行浪川大輔商品詳細を見る またまた時代背景に関する知識が必要な回でしたね。15~16世紀頃から�... Weblog: 破滅の闇日記 racked: 2010-05-11 21:28
  • 閃光のナイトレイド 第6話

    Excerpt: 閃光のナイトレイド 第6話 『乱階の夜』 ≪あらすじ≫ 上海に、西欧の植民地から独立を目指す活動家たちが一堂に会する極秘情報を得た桜�... Weblog: 刹那的虹色世界 racked: 2010-05-11 21:45
  • 閃光のナイトレイド 6話「乱階の夜」 ついに動き出す

    Excerpt: 線香は回避された!! Weblog: アニメ感想総合情報センター racked: 2010-05-11 22:21
  • 閃光のナイトレイド 第6話「乱階の夜」感想

    Excerpt: 三木って哲学家の三木清のことですよね。 以前、どこかの感想で書いたと思うんですけど この人の書いた「人生論ノート」は一読の価値があると思います。 いまだに難しくてよく解っていませんけど。 何だか感じ入.. Weblog: サラリーマン オタク日記 racked: 2010-05-11 22:22
  • 閃光のナイトレイド第6話感想

    Excerpt: #6「乱階の夜」 雪菜の兄、高千穂勲が本格登場!その風格は、まさに、帝都物語の加 Weblog: うたかたの日々 でぼちん珠洲城遥万歳 racked: 2010-05-11 22:29
  • 閃光のナイトレイド #6 「乱階の夜」

    Excerpt: 会議と戦闘にメインテーマ。同時進行が気持ちよかったですね。 そして、三好葵と伊波葛。二人のポジションとその役割とは? Weblog: ひそかにささやかにアニメを応援している日記 racked: 2010-05-11 22:36
  • 閃光のナイトレイド~第6話 感想「乱階の夜」

    Excerpt: 閃光のナイトレイドですが、葵は右翼の大物で哲学者の三木の書生として潜りこみます。学生にしてはその身に染みついたハードボイルドな生き様のせいで正体が露見しそうになります。三木はアジアの独立運動家を糾合し.. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2010-05-11 23:02
  • 閃光のナイトレイド 06

    Excerpt: 『乱階の夜』葵の過去・・奥さん(?)との話。に、なるのかと思えば・・・・どっこい☆ラスボス・高千穂勲登場((((;゚д゚)))ワーオ・・彼も力を持ってるのかな?油断しまくりだった... Weblog: 烏飛兎走 racked: 2010-05-11 23:06
  • 閃光のナイトレイド 第6話 「乱階の夜」

    Excerpt:  勲の話だけ聞いていると別に悪くはないような気がします。国益には反しているかも知れませんけど。 Weblog: つれづれ racked: 2010-05-11 23:28
  • 閃光のナイトレイド 第6話 「乱階の夜」 感想

    Excerpt: 勲「この場は種を撒きに来ただけだ」 上海在住の日本人哲学者、三木の邸に書生として潜り込んでいた葵。 そこに右翼の大物と目される老人... Weblog: ひえんきゃく racked: 2010-05-11 23:40
  • 【アニメ】 閃光のナイトレイド 第6話 「乱階の夜」 感想

    Excerpt:   あんたも馬鹿を通しなさい 閃光のナイトレイド 第6話 「乱階の夜」 の感想です。 Weblog: この世の果てで、ざわ・・・ざわ・・・ racked: 2010-05-12 00:26
  • 閃光のナイトレイド 第6話 「乱階の夜」

    Excerpt: 哲学者、三木の所に書生として潜り込んでいた葵。 そこに右翼の大物の老人が訪れる。 二人はアジア各国の独立運動家を上海に集めようとして�... Weblog: 雑食生活の日々(主にアニメ・ゲーム・コミック・食べ物) racked: 2010-05-12 01:01
  • 閃光のナイトレイド 第6話

    Excerpt: 色々な方面に気を遣ったシナリオはさておき、物語の核がやっと動き出したという感じで Weblog: ACAデラックス racked: 2010-05-12 22:15
  • 閃光のナイトレイド 第6話『乱階の夜』

    Excerpt: 相変わらず天然パーマの黒髪帽子男は意味あり気に出てくる割に 何にも動いちゃくれませんね~。もしかしたらこのままか? 閃光のナイトレイド 1 [DVD]出版社/メーカー: アニプレックスメディア: D.. Weblog: 風庫~カゼクラ~ racked: 2010-05-13 17:07
  • 閃光のナイトレイド #6

    Excerpt: ついに雪菜の兄・高千穂勲が登場しました!上海に在住している日本の哲学者・三木の元に、右翼の大物の老人が訪れました。彼らはアジア各国の独立運動家を集めて、何かを目論んでいる... Weblog: 日々の記録 racked: 2010-05-14 22:06
  • 閃光のナイトレイド 第6話「乱階の夜」

    Excerpt: 上海在住の日本人哲学者、三木の邸に書生として潜り込んだ三好葵。桜井機関の目的は彼に接触を図った右翼の大物と目される老人と、彼が集める各国の独立運動家の中に含まれるという苑樹雪菜の兄・高千穂勲。調査に当.. Weblog: 無限回廊幻想記譚 racked: 2010-05-15 12:14
  • 閃光のナイトレイド 第6話「乱階の夜」

    Excerpt: 上海在住の日本人哲学者、三木の邸に書生として潜り込んだ三好葵。 桜井機関の目的は彼に接触を図った右翼の大物と目される老人と、彼が集め... Weblog: 無限回廊幻想記譚 別館 racked: 2010-05-15 12:18
  • 閃光のナイトレイド 第6話「乱階の夜」

    Excerpt: ついに本人が登場しましたね。高千穂勲。 三木邸で葵に仕掛けた攻撃はなんだったんでしょうね。特殊な能力というよりも“心の一方”のように見えましたけど。気絶した葵に心で語りかけているところなどは兄妹で同じ.. Weblog: ボヘミアンな京都住まい racked: 2010-05-16 16:52
  • プラダ トート

    Excerpt: 閃光のナイトレイド 第6話「乱階の夜」 妄想詩人の手記/ウェブリブログ Weblog: プラダ トート racked: 2013-07-10 06:23