おおきく振りかぶって~夏の大会編~ 第7話「ゆるやかな変化」

はいはい、萌やし萌やし。・・・って、阿部かわいいなオイw




・港南戦だけど幕間劇


今回は港南高校との試合・・・なんだけど、試合そのものはほとんど描かれること無く、徹底して美丞戦に備えての下地作りを行う作劇。たしか美丞戦の冒頭までは原作読んだハズなのに、港南高校のことがまったく記憶に無かったのはなんでかなぁと思っていたのだけど、納得しました。もういい加減、記憶が無いw


もうくどいように阿部と三橋の関係がクローズアップされているが、今までは阿部の死ぬほどの努力を微笑ましく描いていたのに、ここに来て、彼が構築する人間関係にオヤジさんから疑問符が投げかけられる展開に、ドキっとさせられる。視聴者としては、これだけ阿部が努力してるんだから、そろそろ三橋も怖がらずに接してあげたら?なんて考えてしまうタイミングで、思わぬ方向からアプローチをしてくる今作の人間描写に、ほとほと脱帽させられる。巧いなぁ、ほんとうに。


それに阿部のオヤジさんの舌鋒がじつに鋭く的確で、阿部隆也が自分自身を振り返って不安にさいなまれるあたりは、何気ないシーンなのに本気でハラハラしてきた。これからベスト8を賭けた大事な試合が待っているというところでの、さりげなくしっかりと不安の種を蒔いて行く作劇が、効果抜群。ここでの伏線が次回以降どう発揮されることになるのか、楽しみでもあり、また怖くもある。


「不満とかある?」→(首ブンブン)→「ならいい」 って流れ、これは完全に脅しだよねぇw 当人たちはそんなこと思ってないけど、結果的にそうなっちゃってるのが、笑えるんだけど哀しい。




・萌え成分増大


今回は女子が大勢出てきた。花井の妹ズ(双子!?)や、栄口の姉だっけ? 冒頭はしっかりチアが躍っていたし、誰よりも一番キャピキャピしてるオバサンたちが、可愛いことこの上ないw


また、ある種対照的に描かれた三橋家と阿部家の団らん風景。程度は違えど3人ともがビビリな三橋家と、3人ともがズバズバとモノを言う阿部家の描写は、面白かった。こうした家庭内の人間関係ひとつとっても、例えば三橋が外で見せる顔と家庭で見せる顔が全然違う点に象徴されるように、非常に生々しい描写を行っている。家庭を顧みなくなって久しい昨今のアニメにおいて、ここまで保護者や家庭を丁寧に描くのが、今作の大きな魅力だ。


それにしても、今回一番萌えたのは、やはり阿部クンでしょうなぁ。友達いないんじゃないかと考えて不安になった後、三橋が存外に喜ばしいことを言ってくれて、全身で幸福を体現する彼の姿は、やはり高校生らしい若さと青さに満ちていて、とても清々しい(そして思わずニヤニヤしてしまう)シーンだった。




・クライマックス(?)の美丞戦に期待


さて、もう怖いくらい万全の西浦対策を行っている様子の美丞大狭山。桐青高校以上に手ごわい相手になるのは必至で、両校の頭脳(監督や捕手)同士の読み合いや駆け引き、そして両チームのナインの奮闘ぶりを、大いに楽しみにしたい。


しかしただ単純な試合の描写に留まりそうにないのは、美丞が抱えている複雑そうな人間関係を、随所にほのめかしていることから推測できる。そもそもコーチの呂佳と監督の滝井が、名門桐青に所属しながら初戦敗退という屈辱で高校野球生活を終焉させなければならなかったらしいというだけで、すでに重大なドラマ性が潜んでいることは第1話から示されていた。それに加えて正捕手問題。ただのライバル関係なら良いのだが、何やら黒い影が付きまとっているのが、どういう話の展開に繋がるのか。このあたりはもう、次週以降を待つしかない。


もちろん、アクションシーンにも大いに期待。何話使うか分からないけれど、クライマックスのひとつであろうことは間違いなく、気合いの入ったアニメーションに期待したい。




----


それでは、今回は以上です。



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえると嬉しいです^^



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック