おおきく振りかぶって~夏の大会編~ 第8話「5回戦」

うわー、一方的すぎる・・・。




・美丞大狭山戦、開幕


タイトル通り、今回は夏大5回戦、美丞大狭山高校との試合が開幕。徹底的にマークされて臨むこの試合、西浦ナインはいかに戦うのか。また美丞は、目標達成を目前にしたこの試合でいかに奮起して見せるのか。例え作り物の試合でも、まるで本物の野球を見ているかのような手に汗握る展開だ。


そして初回に3点、2回に1点を上げられ早くも敗色濃厚になっていく状況に、ここで負けるんじゃないかと本気で心配になってくる。肝心の阿部は頭の中がグルグルになっちゃってるし、配球だけでなく打者の特徴まで完全に調べ上げ対策を取ってきた美丞の野球に、早くもお手上げ状態。ここまで調子良かっただけに、急速に暗転した雲行きに不安でいっぱいになる。


2回終了時点で4-0。どうしてこうなったのか、その理由だけは判明した今回。この状況に対して西浦が見せる反撃がどのようなものになるのか、あるいは反撃すら封じ込められてしまうのか、次回が待ち遠しくて仕方が無い。




・西浦ナインつれづれ考


とはいえ今回のドラマは、さんざんハラハラさせられた、としか書くことが思いつかないので(笑)、ちょっと個人的に注目している西浦高校の選手たちへの雑感を、つらつらとまとめておこうと思う。


泉孝介・・・西浦の選手の中で一番好きなのがこの人。自分は足が早くて元気のいい選手が好きなので、1番にほぼ定着し、守備でも打撃でも高いセンスを発揮している彼の活躍に、毎回熱い視線を注いでいる。ぶっちゃけ、泉はおれの嫁状態^^

そもそも彼は打撃がいいよね。公式戦ではチームトップの打率を誇っているはずで、前回モモカンが打順を考えた時に、打率で言えば阿部に4番をやらせても、、、見たいなことを言っていたが、阿部は正直あまり打率は良くなかったはずで、結果を残しているのは断然、泉。少なくとも花井や阿部より、打撃の調子はいい。良く考えながら打席に立つし、いっちょまえに緊張したりもするが、今回だってその緊張をほぐす作戦を考えていたりして、チーム貢献度は彼が一番だと思う。

今回の第1打席は残念ながら外野フライに倒れてしまったが、すぐ次に活かそうと考えていたし、なにより田島にしっかりライバル意識を燃やしてるのとか、すごく頼もしい子だなぁと思うw 今後も一番に応援しますよ。


栄口勇人・・・バント職人というイメージと、チームの潤滑油的な人間性が印象的な栄口。しかし選手としての本来の力量はいまいち目立ってこなかった。

だが彼は、1期の頃からまず守備では地味にいいプレーを見せるし、野球センスはかなり高いものがあるようで、今回の第1打席はそれが見事に発揮されたものだったと思う。1期では三星との練習試合で1番に座り、セーフティを狙って見たりと、小技と足を絡めた攻撃には自信もあったのだろう。手堅い作戦を好むモモカンだから犠打ばかりやらされているが、順調に成長すれば、泉とのタッグで非常に攻撃的な1,2番コンビになると思う。夏の大会が終わった後の成長っぷりに注目しておきたい、将来有望の選手だと思う。


水谷文貴・・・栄口とは対照的に、なんだか軽薄なお調子者で、しかし野球でもあまり頼りがいの無さそうな水谷。レフトに入ってるのも西広よりは経験あるから、という理由だろうし、常に打順は下位。ただその愛すべきキャラクターで出番が多いキャラに見える。三星戦でフライを捕れなくて阿部をブチギレさせたのは鮮烈に記憶に残っているw

もちろん彼は彼なりに色々考えながら頑張っているし、出番が多い分、その頑張りがちゃんと伝わってくるので、思わず応援したくなる選手でもある。今回の本編終了後、次回予告で「スイッチ・オン!」なんて言われていたけど、いったい彼に何が起こるのだろうか、今から楽しみで仕方が無いwww

まさか突然覚醒してすごいバッティングを見せたりとかは、この作品に限ってありえないだろうなぁ。どうせ、笑いのツボにはまって抜けられなくなるとか、そんな情けないスイッチなんだよ、きっとw


巣山尚治・・・水谷よりぜったい巧いはずなのに、なんだかとっても出番の少ない巣山。3番という名誉ある打順を与えられているくせに、いったいどういうことかと。

いまのところ、4番・田島を活かすために、栄口に次いでバントが上手いから3番にいる、という理由がもっとも考えられるのだけど、どうなのだろうね。せっかくなのだからこの3番バッターにも、大きな活躍のチャンスを与えてあげて欲しい。体格は花井と同じくらい良いので、きっとパワーはあると思うんだよなぁ。この美丞戦、彼がバットを振って貢献するシーンは、果たしてやってくるか?




もちろん主役のバッテリーや、田島・花井にもいつもいつも大いに注目していますが、脇役を愛でてこそのキャラクターアニメだと思うので(笑)、次回からも↑の4人にとくに注目して観戦していきたいと思いますよ。



----


それでは、今回は以上です。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえると嬉しいです^^



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

空想野郎
2010年05月21日 05:01
こんにちは♪私もいつも「泉良い仕事してるな…」と
感心してしまいます。兄弟の弟って言ってたから
要領が良いのかな、とも感じたんですけど、
栄口とはまた違ったキャラで…二人共良い味出してて
大好きです。
おお振りは本当に台詞のやり取りが見事で、スピード
が凄くて「ああ今凄いやり取りだったのに!!」みたいな
会話がさり気なく滝流れしていますよね。
今回の花井と泉の会話にも、二人の危機感の違いが
ハッキリ現れていた気がします。
おパゲーヌス
2010年05月21日 09:47
>空想野郎さん
コメントどうもありがとうございます。いい仕事しますよね、泉^^

セリフのすごさは、原作にもある持ち味を見事にアニメ化してくれているのは、1期から変わりませんね。ただ2期は、とくに試合のテンポが1期よりずっと早いので、気を付けて見ていないとすぐに置いて行かれてしまいそうです。とくにもう今の展開は原作未読なので、頑張らないと。。。

この記事へのトラックバック