迷い猫オーバーラン! 第8話「迷い猫、抜いた」

「抜いた」が何を指すのか気になってたけど、徒競争だという予測は大外れだったw




・今回は「咲」パロ


事前に、今回の監督が小野学氏らしいとは聞いていて、小野監督の個性ってでは何だろうと、じつは色々考えていました。まぁ「咲」は作品としては有名だが、彼らしいアニメーションが発揮されたかどうかという点では、例えば「咲」の中にもあったり、あるいは最近では「聖痕のクェイサー」OP等で見られる剣戟アクションが、小野学の個性とかいう話になるのかなぁ、などと考えていた。実際、アクションはすごく好きで、足元からぐりぐりと動かすカメラワークに、パースを強調したインパクトのある構図、そして伸び伸びとしたキャラの動きなど、見どころのあるアクションを見せてくれているのが、あれが小野学の手腕と評価して良いのかなぁと、現時点では思っている。


んで、↑にも書いたとおり今回は体育祭等を舞台にした徒競争のお話なのかと予想していたので、戦いはしなくても、動きのあるアニメーションで魅せてくれるかなぁと期待していたら、何のことは無い、「咲」という作品のイメージを先行させたパロディ回だった。作劇はかなり巧かったし、「咲」ファンなら思わず唸らされる箇所も散見されたので、非常に面白くはありましたが。


小野監督自身が、アニメーター・アニメ監督としての自分の立ち位置を、どう自己評価しているかは気になるなぁ。




・ストーリー構成はなかなか秀逸だった


いくらパロと言ってもそれはあくまで見てくれの問題であって、映像演出とは別にストーリーの部分で面白いものを見せてくれないと、作品としては片手落ちだ(だからこそ、前回は色々と問題だったと思うw)。


その点今回は、まぁ大吾郎や乙女姉さんが早めに脱落して見せ場が少なかったのは残念だったが、基本的には非常に巧く作ってあったと感心した。とくにBパートで、主人公とヒロイン3人衆が生き残るのは予定調和としても、そこでしっかりと、ヒロイン3人の”戦う理由”を挿入していたのが、非常にドラマを盛り上げた。文乃も希も千世も、カタチは様々だが結局は巧のことをすごく気にかけていて、だからこそ引けない、負けられない戦いなんだという緊迫感が、かなり強引な手法ではあったがきちんと提示されていて、俄然、劇が魅力的になったと思う。キス指令のブロックをめぐる心理合戦はかなり秀逸だった。(ひとり、にゃぁ、しか言ってなかったけどw)


もちろんAパートは、家康と千世のセコすぎるタッグが魅せる。そうした適度な心理合戦の燃え要素で劇を加速させながら、要所要所でサービスシーンを挿入。見た目にもお得感が満載のエピソードで、かなり満足できた。




・次はヘキサゴンをやろう


今回はみんなでジェンガに挑む話だったわけだが、これと良く似たドラマに、昔好きで読んでいた「マリみて」のパロ漫画がある。


百聞は一見に如かず、ということで詳しくはこちらのサイト(→「RAID SLASH」さまに飛んでいただき、「WEB漫画」と書かれたトコロをご覧いただきたいのだが、


この漫画では、わりと(というかかなり)性格が改悪されたマリみてキャラたちが、クイズ・ヘキサゴンで壮絶なバトルを繰り広げる、というもの。あ、続編は普通にバトル漫画のノリですがw でも今回の「迷い猫」を見てて、真っ先に思い出したのがこちらのサイトさまだった。


この漫画も、あるいはもちろん今回の「迷い猫」も、ゲームを通して濃密ドロドロの心理戦や愛憎劇が繰り広げられるという点で、キャラクター主体の作品にはぴったりの題材だと思う。相変わらず本編ドラマが進行せずにやきもきする方は多そうだが、これはこれで面白いと思う。「かんなぎ」のカラオケ回とかも秀逸だったしね。




・・・・・・さて、次回あたりそろそろ、実のあるストーリー展開をやるタイミングでしょうかね?もう1話くらい、遊びそうな気もするけど。それで、最終話はぜったい遊ぶと思うけどw きっと第10話と第11話は、真面目な展開になると思われる。そちらはそちらで、期待しておこう。



----


それでは、今回は以上です。



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえると嬉しいです^^



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック