WORKING!! 第5話「ある風邪の日に…、いつもと違うワグナリア」

伊波まひるは、今作の一番人気だという話を聞いた。納得。




今回は小鳥遊がバイトを休むことになって、それでワグナリアがてんやわんやの騒ぎになてしまうというエピソード。”いつもと違う”とタイトルにある通り、すっかり小鳥遊の存在がデフォルトになっているというワグナリアの体制が、改めて浮き彫りにされる話だった。


とはいえ、それはBパートのエピソード。Aパートではサブタイと関係ないエピソードが展開される。もちろん、Bパートのメインエピソードを引き立てるべく、伊波まひるの男性恐怖症をフィーチャーしてしっかりとお膳立てをしてあった。


先日、原作においても伊波まひるが一番人気なのだといった話を聞いたのだが、まぁ大いに納得できるキャラだ。自分もこの子が一番好きだしね。ラブは無いはずなのになぜかラブコメっぽくなっちゃうというのは、実に新鮮なキャラだ。ぽぷらと小鳥遊が恋愛的な意味で全然発展しそうにないだけに、主人公のメインヒロイン候補ナンバー1として、脚光を浴びているのだろう。


変人たちの織りなすゆるゆるコメディを描く今作にあっても、やはりラブコメ要素があると注目してしまうのが、観客心理。今回も伊波の描写だけでなく、イライラを募らせる佐藤の様子とかすごく面白かった。




ところで今回、無意味な説明セリフがちょっと目立ったのが、気になった。作品の流れを少し停滞させてしまう冗長なセリフ回しは、あまり歓迎できない。脚本を担当した木村暢は「迷い猫オーバーラン」のメインライターでもあるが、あちらの作品も今のところ、あまり脚本的な巧さが感じられないのですよね。いや、今回も大変面白くはあったのだけど、つながりを意識しすぎて逆に違和感を与えるようなセリフの紡ぎ方が少なくとも2か所、目立ってしまったのが残念だった。だからといってつまらなくなったとか、そんなことではないのですが。




まぁアレだ、まひるが可愛かったからなんでもいいやw




あと今回、地味に見せ方が巧かった。とくにBパート、みんなが一致団結して店を回転させるシーンなどは、セリフがなくて映像で状況を見せていかなければならないということで、その中でも1カットごとにちょっとした工夫を入れてあったりしてとても良かったと思う。この作品はそれほど冒険的な映像作りは見せてくれないのだけど、しかし地味に巧さが光る場面が多い。1話は監督コンテだったから気合い入って当然だが、その巧さがこうしていまだに維持できているので、たとえドラマが平易でも決して気を抜けない作品だ。このまま頑張って欲しい。




----


それでは、今回は以上です。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえると嬉しいです^^



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック