迷い猫オーバーラン! 第10話「迷い猫、持ってった」

良い回でしたねぇー




・「迷い猫」の話


今回もオリジナルだったそうですが、「迷い猫」を描いたドラマとして、ほんわかと暖かいものが心に残る、素敵なお話だったかと思う。


脚本そのものの出来栄えは決して巧いとは思わなかったのだけど(セリフ回しが少し冗長で流れが悪く、構成も少々難があった。とはいえ木村暢氏と大差は無いw)、その分アニメーションと演出の出来がかなり良くて、またところどころで強調されるシリアスな空気感がうまく働いていた、今作にしては相当いい仕上がり。とても面白かった。


監督担当は佐藤卓哉氏。ただ、事前に公表してしまっていたので、サプライズ感はまったくなかった。ちょっともったいないなぁ。しかし事前に名前がバレているというのは、良くも悪くも仕事をじっくり見られることになると思うのだけど、期待に応えるアニメーションで魅せてくれたのはさすが。キャラの演技のさせ方が抜群に上手くて、映像だけに限定するなら、1話と並んでもっとも好きな回になりそうだ。




・都築乙女の魅力と希


今回は乙女姉さんの魅力が(ようやく)爆発してくれた印象。いままでは出番自体も限定的だったし、その言動もことさらにぶっ飛んだスーパーウーマンとしてネタにされていたので、彼女の人間性の魅力がちゃんと描かれたシーンってあんまりなかったんだよねぇ。


今回は、可愛いものを見つけたらよもや食べてしまうのではないかとさえ思わされる乙女の、(良い意味での)暴走が見ていてとっても和んだ。「つかまえた」と言ってホノカを連れてきた冒頭のシーンは、このアニメにおける乙女の魅力の全てが詰まっていると思った。いいなぁ、可愛いよ乙女さんw 商店街の男どもがメロメロにされる理由が、やっと分かった^^




そして今回注目したのが、ストレイキャッツのメンバーの中で、乙女の人間性を一番よく受け継いでいるのが、希ではないかということ。


謎の迷子を抱え込んで、乙女や巧が何とかしてくれるまでは何もできないとオロオロしっぱなしの文乃。ただ遊びたいさかりの子どもみたいな千世。言っちゃ悪いけどこの二人の懐の狭さでは、迷い猫をかくまう避難所としての「ストレイキャッツ」は、とても保てそうにはない。また乙女のやり方をいちおう理解しているであろう巧も今回はお休みだったし、やはり異性としての気遣いもあるだろうから、ホノカに対して乙女と同じように振舞えたのは、希以外には考えられないだろう。


風呂の中でホノカが、希に対して不思議な質問をぶつけていた。あのシーンは、ただ唐突であるだけでなく、ホノカが迷子である(=親が探してくれている)ということを考えると、全部観終わった今でも首をかしげたくなるシーンだったのだけど、しかし序盤のころに希が巧たちに抱いていた感情をそのままホノカが表明しているのだとは感じられて、それを受けた希が、巧たちにしてもらったことと同じことをホノカに対してしてあげているのを見て、胸が熱くなった。


不思議と言えば、希はなんで雨が降ると思っていたのだろう。今回ことさら猫っぽい言動だったけど、じつは化け猫でした、なんて設定ではないだろうから(笑)、そうすると希は、長い孤独の生活の中で天気を予知できる術を身につけていて、同じことをホノカもできると考えたのだろうか。どうやら希はホノカを、自分と同じ境遇だと勘違いしていた節があるので、その線でいいのかもしれない。


どうにも、解説してくれないとハテナマークが浮かんでくる意味深なシーンが目に付いた今回。これは脚本上の手落ちだということもできるが、しかし逆に、視聴者に行間を読ませて作劇に深みを持たせる効果を発揮していた。その中でネタキャラ的な扱いだった乙女や希の魅力がぐっと浮き彫りになってきて、非常においしいエピソードになっていたのも事実だ。狙ってやったのだろうか。きっとそうなのだろうw




しかし色々物議を醸しはするが、とても見どころの多いアニメで、1週間のうちでもっとも楽しみな作品になってしまっている。自分にとって作品評価と好き嫌いは完全に別物だという前提で、しかし自分はこの作品がたまらなく、好きだ。あとわずか2回しかないが、大いに楽しませていただくとしよう。




----


それでは、今回は以上です。



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえると嬉しいです^^



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック