おおきく振りかぶって~夏の大会編~ 第11話「エースだから」

「頑張れ」としか言えないっ




・不利な要素しかない


今回は、試合がいよいよ終盤へ差し掛かる。阿部を欠いた西浦ナインが、それでも美丞と対等に渡り合おうと奮闘するエピソード。


それにしても本当に、今の状況は西浦にとって不利な要素しか見当たらないなぁ。相手投手は、不安定とはいえいい感じに気持ち良く投げ込んでくるし、頼みの4番はリードで頭がいっぱい。さらにはモモカンからのサインもあっさり見抜かれちゃうし、この試合、勝てる見込みがどんどん無くなっていくではないか。


阿部交代後はさらに1点を失って、でもその後になんとか反撃して見せて、まだまだ、試合の流れは傾き切ってはいない。とはいえ終盤でのシーソーゲームだ。あとアウト3つのうちに、せめて同点にしなければならないというタイミングでの、美丞監督の不敵な笑みが怖すぎる。




・メンタル面で魅せる西浦


この試合は、野球としての魅力がふんだんに詰まっていると同時に、当然のことながら主役たちの成長やら決意やら、メンタル面の描写がやはり肝となっているエピソードだろう。


阿部がいなくなってあっさり崩れるのではと心配された三橋が、意外にポジティブシンキングになっているのは、たぶん現段階では女房役には伝わっていないのだろうけど、でもすごく頼もしい、ぐっとくる描写だ。1期の冒頭を思い出すと、この三橋の言動だけで涙が出てくる。一方で、しきりに反省と自責の念にかられる阿部も、これはこれで心が暖まる。お互いに相手に対して感謝や申し訳なさを抱えていて、いつのまにか対等に尊敬し合えるバッテリーの姿になりつつあるのがとても良いなぁ。阿部は怪我をして良かったと、いつか痛感するときが来るのだろう。


それから注目すべきは他の選手たちも同じで、やっとヒットを打てた6番バッター、なんかやたらと頼もしい存在になっている1、2番、逆に頭がぐるぐるで困っている4番。もちろんキャプテンの痛烈なセンター返しも見事で、技術以上に精神的な成長が、セリフや表情だけでなくプレーに表れているのが、さすがにこの作品の見事なところ。西広先生にも頑張って欲しい。


たぶんもうそろそろ最終回っぽいのがすごく残念で、このまま高校最後の夏大会まで、追いかけてくれないかなぁと思ってしまうw




・今回の泉孝介


今回の我らが泉クン。なんと嬉しいことに、打席が2度も回ってきた!w


一度目はあえなく三振。作劇上、相手投手の調子の良さを引き立てないといけない役回りだったのが残念。その分栄口がすげえいいトコロを見せたわけだがw 上位打線にこういう嫌らしさがあるというのは素晴らしいことで、西浦というチームの打線はほとんど、泉と栄口で保てているようなものなのではないか。もっとパワーを身に付けた2年生の泉&栄口コンビが早く見たい。そのときはぜひ、1番栄口、3番泉でw 


さてそんな泉への期待は、ちゃんと劇中でもクローズアップされていて、「泉まで回れば」という合言葉のもとに下位打線が一致団結したのは、泉ファンとしてはもうたまらなく嬉しかった!w


もちろん、そんなプレッシャー大の場面で見事にタイムリー打って見せる泉まじカッコいい。さすがに非力なだけあって浅いヒットだったから、走者一掃ってわけにはいかなかったけれど。栄口が続けなかったのが残念だなぁ、この試合はすごく調子良かっただけに。


次回は9回裏の攻撃が待ってると思うけど、どうかなぁ、泉まで打席回るか? できれば泉の逆転サヨナラ打っていうのが見たいんだけど、泉まで打席が回る前に試合が決まる可能性もあるわけで(というか、この試合まじで勝てるの? 原作はもう読んでないからドキドキだ)、これはもう祈るしかないな。もちろん、そろそろまた守備でもいいところを見せて欲しいとも思う。期待したい。



----


それでは、今回は以上です。




にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえると嬉しいです^^



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2010年06月11日 23:10
>今回の泉孝介
三振しても、適時打で汚名返上する泉はさすがでしたね。主人公補正がかかっているのかと錯覚してしまいましたよw

2年になって成長した泉や栄口もですが、個人的にはRICE水谷が楽しみですねw
でも今はこの試合に集中ですね。野球も最後までわからないですから。
おパゲーヌス
2010年06月11日 23:54
>本隆侍照久さん
主人公補正、まさにその通りですねw とくに美丞戦は、描写が主人公っぽいと言われれば納得せざるを得ません。しかし同時に、水谷に対してえらそーに「振れコラ!」とか叫んでるやんちゃなトコロとか、すごく可愛いんですがw

どう転ぶかまったく想像がつきませんが、試合が終わるのが楽しみでもあり、しかし永遠に来て欲しくないとも思いますね。この作品は長くじっくりと味わっていたいです。

この記事へのトラックバック