迷い猫オーバーラン! 第11話「迷い猫、割れた」

失笑を禁じえないwww 脚本家てめぇちょっと出てこい!w


草川啓造の起用は、何を狙ってのことかなぁと思ったら、この雰囲気は思いっきり「いぬかみっ!」な感じですかね。あの作品のおフザけ回も、あまりに下品で笑えなかったからなぁ。それに比べたら全然マシかもしれない(←むしろ今回の脚本は玉井☆豪を持ってくるべきだと思ったw)


とりあえず四摩子(志摩子ではないっ!w)なる人物が登場して、希関連でのシリアスなドラマが裏で進行中だというのを見ておけば、それで良い回だったろう。ひとつのエサを3匹4匹の猫で奪い合わなければならないとしたら・・・という彼女のセリフだけが、切ない余韻を残す。




ヒロイン陣が巧を取り合う構図はいつものことだけど、シリーズ通してみた時により積極性が増していると指摘できる部分はあるかもしれない。けど個人的には、乙女の天然系アタックが非常にツボ。文乃と千世が騒いでる横で、しっかり乙女や希(そしてもちろん、叶絵やメイドたちも)が魅力アピールできていたのは眼福だった。


また文乃も(いまさらながら)改めて巧との関係に何を望むか尋ねられたシーンは、えらく可愛かったな。必死で誤魔化してるときの表情の付け方とか。千世の見どころは「にょほほほほほ!」くらいかw いつもどおりウザく劇を盛り上げてくれていて、まぁこのポジションは彼女と家康にしか務まらんでしょうな。


今回一番グッジョブだったのは、何と言っても挿入歌の詞を担当した原作者か。一番笑えたシーンだったw





それと今回は、ブルマ党とスパッツ党が学校を真っ二つに割っていたわけだけど・・・


ジャージが一番萌える。これが真理だっ!


もちろん夏場の半そでTシャツにジャージの長ズボンという組み合わせも良いが、何より長袖長ズボンになる冬の体育とか、最高だと思うんだ。


ブルマやスパッツのように、ヘタに露出を多くしたり体のラインを強調したコスチュームは、あまりに直接的にリビドーを刺激しようと言う意図がありすぎて、逆に萎える。隠してこその萌え、隠されてこその燃えを追求するのが、大和魂あふれる変態紳士の心得だと思うのだが、いかがだろうか。



----


次回は残念ながら、とうとう最終回。佐藤順一監督の手腕に期待しよう。最終話はぜったい遊ぶと思ってた私の予測は大ハズレになったと、見ていいだろう。ちと悔しいw


それでは、今回は以上です。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえると嬉しいです^^



----

<追記>


え、、、これ原作にあるエピソードなの!?


もしこの情報が本当なら、第4話以降、さんざん暴走だとかなんだとか批判されてたのが、まじで意味分かんなくなるぞ・・・w

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2010年06月16日 20:13
確かに今回は原作3巻のエピソードでございます。"ブルマの歌"もしっかり原作にありました。流石に歌詞なんて覚えていないし、スパッツ側には歌は無かったはずですが。
原作の方もはじけてる所は結構ある事はあるんですがね… 4話等はキャラにも妙な所があったりした事もありますけど、今回は原作の範囲内で突き抜けた感じなので、個人的にはどうにも評価に悩みました。
おパゲーヌス
2010年06月16日 22:41
>落武者Aさん
記事のほう拝読しました。・・・歯切れ悪いっすねww

まぁですから、途中の暴走ももしかしたら原作者の意図通りだったのかもしれませんね。それが面白かったかというのが、一番の問題だったと思います。自分は今回のパンツ騒動(もとい、ブルマスパッツ戦争)はあまり面白いとは思えなかったです。だけど、「あぁ、またいつも通りの暴走だなぁ(苦笑」ってところへ、原作にあるエピソードだと窺って、そっちのほうに戸惑いを覚えてしまっていますね。ブレーバーよりは余程面白かったけどサwww

とりあえず次回、今度こそはドラマのほうにも期待させて頂きます。終わってみれば、これでまぁ悪くはなかったかなと、原作既読の落武者さんに思って頂けるような最終回を、やって欲しいですね。楽しみです。
2010年06月17日 00:24
>この雰囲気は思いっきり「いぬかみっ!」な感じですかね。あの作品のおフザけ回も、あまりに下品で笑えなかったからなぁ
ED男の子VerのためだけにCD1枚買うほどアレの暴走回を愛している私への挑戦ですね?(笑)

>それが面白かったかというのが、一番の問題だったと思います。
まさしくそれが問題です。面白ければ勝ちなのですが・・・(咲回はお気に入り)
今回は割と濃密な内容(おふざけ部分を勘定に入れての話ですが)をうまく詰め込んであったので、このレベルを維持できれば充分期待できそうです。ええと監督は幾原邦彦の師匠筋にあたる人なのでしょうか?(相変わらずモノ知らずなのでググってみた)
これは期待できそうです。

ああ、ちなみに私はブルマ・スパッツ・ショートパンツ・タンクトップ・Tシャツ・体操着・ジャージどれでもオッケイなので死角はありませんw。でも学校指定っぽいダサめのデザインに限ります。最近のおしゃれなスポーツウェアはフェチ心に響かないので。(誰も聞いていない)
おパゲーヌス
2010年06月17日 02:41
>はるるさん
男の子ver 買ったんだwww さすがだなぁw
自分は下ネタが嫌いですので、「いぬかみ」の一部のギャグはどうしても賛同できない部分がありました。逆にあの作品は、玉井☆豪が意外と純朴な心根の持ち主かもしれないということに気付かされる作品で、玉井氏をちょっと高く評価してしまうきっかけになりました。

>学校指定っぽいダサめのデザインに限ります
激しく同意ですね。着る人間にもよりますがw

この記事へのトラックバック