WORKING!! 第12話「なぜか!?の決戦前夜。種島の恩返し」

ぽぷらが可愛い。超絶可愛い。こんなに可愛かったとわっっっっっ!!




・1話以来のぽぷらの魅力


今作の第1話を見た時に、「あぁ、ぽぷらってなんて可愛いんだろう!」って思った人間は、恐らく自分だけではあるまい。今作を視聴している全世界の男性諸君が、ぽぷらの魅力にメロメロにされたと固く信じている。


しかしどういうことだろう! 近頃は伊波まひるのボコデレにすっかり心を奪われ、山田のウザかわゆさに魂を抜かれたあげく、なずなの、希代の悪女への萌芽を感じさせる献身的な妹キャラに罠だと知りつつ突っ込んだりしてみたりして、もうすっかり、今作の真の主役が誰かということをすっかり忘れていた・・・。


今回つくづく認識させられた。「WORKING!!」をもっとも象徴するキャラクターは、種島ぽぷら以外にありえないっ!


そもそも第1話を見た段階で、一番強烈な個性を放っていたのは確かにぽぷらだった。ただ彼女の不幸は、彼女自身がラブコメの主役になり得なかったことで、作品がラブコメの魅力を中心に据えて動き出した頃から、どうしたってぽぷらの出番が少なくなってしまった。しかし、出番さえあれば、こんなに輝かしい魅力を発揮するキャラクターだったのだ! すっかり忘れていたよwww


強引なセリフ回し、縮まったり背伸びしたりと縦横無尽に動き回る演技、要所要所ですごい存在感を放つデフォルメ顔、そして終始付きまとう”ちょろちょろ”感。たぶん一日中見ていても飽きないだろうなぁ。最高のぽぷら回だった。




・担当違い


佐藤の口からはからずも、女性キャラをイジる(もしくはイジられる)担当が、男性スタッフのそれぞれに割り当てられているのだと明言されたのは噴いたw いまさらだけど、でもこうやって改めて明言されると、感慨深いものがあるなぁ。


とくにここのシーン、佐藤が自分のことを、八千代担当だと言えないのが泣けてくるね。本当は八千代をイジったりイジられたりしながら甘酸っぱい恋を育みたいのだろうに、そこで溜まったストレスをちんちくりん相手に発散しなければならないというのが、健気すぎる。


あと、箸でふにふにされたくて相馬に突っかかる山田には和まされる。いいキャラしてるなぁw 山田は自分が強引に劇をひっかきまわすのもいいんだけど、今回のぽぷらみたいに、強引に暴走しているキャラをサポートする立ち位置でもすごく面白かった。




・もちろん伊波の魅力も健在


今回は、テレビの中のぽぷらと伊波に向かって、なんど「可愛いなぁ~」と口に出して呟いたことか。ぽぷらの魅力が爆発したからといって、まったく影にならないどころか、一層の光彩を放っていた伊波には感服。


まぁでも今回は、伊波母が出てきたのが最大の収穫だったけどね!www


二次元における天然系熟女キャラは、どうしてこうも破壊力抜群なのだろうか。そういえば小鳥遊一枝も、ちょっと天然っぽい描写がありました。こちらのギャップもまた、素晴らしい威力。彼女たち熟女組の描写は、もっとたくさん見せて欲しかった。




----


次回はいよいよ、小鳥遊の命日!? 早くも13話を迎えてしまうのが残念でならず、前にも書いたけど、長く長く楽しみたい作品だった。思えばアルバイトを描いたこの作品も、モラトリアムをテーマにした作品だったのかもしれない・・・。




それでは、今回は以上です。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえると嬉しいです^^



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
かわいい

この記事へのコメント

狐邑
2010年06月25日 00:32
伊波さんのターン!!と思っていたら、ぽぷらがメイン食べてしまったような気がします。山田は脇役みたいに誰かの後ろにいるばかりで目立ってくれないので、とある科学みたいに山田メインのアニメでも出来ないかと願わずにはいられない。そんな回でした^-^
最終話は伊波さんがどこまでデレるのか楽しみですが、何気に良作だと思ってるんで2クールやってくれてもいいんじゃないかなぁ、って思ってたりしますw
おパゲーヌス
2010年06月25日 03:11
>狐邑さん
2クールどころか、1年通してやってくれてもいいくらいですね。

いままではむしろ、伊波がぽぷらの出番を食ってた面が強かった気もします。原作との兼ね合いは分かりませんが、明らかにキャラの出番が不均一ですからね。その点今回は、かなりヒロインキャラの出番がバラけてた感じに見えました。

山田メインのスピンオフ・・・見てみたいw
ニック ワース
2013年04月22日 13:39
伊波母も年齢不詳天然熟女キャラだというなら
クラナドの早苗さんと並ぶだろうに

この記事へのトラックバック