(仮)宣戦布告!!全てのアニメブロガーよ我にひざまづけ ~おパゲーヌスかく語りき~

おパゲーヌスは、齢17歳になったとき、そのふるさとを去り、山奥へ入った。そこで自らの趣味を愛し、孤独を楽しんで、10年足らずの間、倦むことを知らなかった。しかしついにかれの心の変わるときが来た。― ある朝、おパゲーヌスは暁とともに起ち、次のように太陽に語りかけた。


「大いなる天体よ!もしあなたの光を浴びる者たちがいなかったならば、あなたははたして幸福であろうか?

わたしは分配し、贈りたい。人間の中の賢者たちにふたたびその愚かさを、貧者たちにふたたびおのれの富を悟らせて喜ばせたい。

そのために私は下へ降りて行かねばならない。あなたが夕方、海のかなたに沈み、さらにその下の世界に光明をもたらすように。

照覧あれ! この杯はふたたび空になろうとしている。おパゲーヌスはブロガーになろうと欲している!」



― こうして「妄想詩人の手記」は始まった。


----


おパゲーヌスはひとり山を下って行った。かれは誰にも出会わなかった。しかし森の中に入った時、ひとりの白髪の翁が、ふいにかれの目の前に現れた。翁はおパゲーヌスに向かってこう言った。

「この旅人には見覚えがある。何年か前に、この人はここを通って行った。たしかおパゲーヌスと名乗った。だがこの人は変わった。

あのとき、あなたはあなたの死んだ灰を山に運んでいった。今日は、あなたはあなたの生きた火を谷に運ぼうとするのか? あなたは放火者として受ける罰を恐れないのか?

おパゲーヌスは変わった。おパゲーヌスは目覚めた。あなたはいま、眠っている者たちのところへ行って、何をしようとするのか?」



おパゲーヌスは答えた、「わたしはアニメを愛しているのです」と。

「しかし」と、森の聖者は言った、「なぜわしはこうした森の寂寥のなかに分け入ったのだろう? それは、わしがアニメを愛しすぎた結果ではないのか?

いまわしが愛するのは芸術だ。わしはアニメを愛さない。アニメは、あまりにも不完全すぎる代物のように、わしには思われる。アニメへの愛は、わしを滅ぼすだろう」



おパゲーヌスは答えた。「どうして、愛するなどと言ってしまったのだろう! わたしは読者たちに贈物を与えに行くのです」

「かれらに何も与えることはない」と、森の聖者は言った。「むしろかれらの何物かを引き受けて、それを彼らと一緒に担ってやるがいい。それが彼らに対するなによりの親切だ。もしあなたにその気があるのなら! 

また、どうしても与えたいと言うのなら、施し物以上の物は与えない方がいい。しかも与える前に、乞わせるがいい!」



「いや」と、おパゲーヌスは答えた、「わたしはわずかの施し物などはしません。それほどまでに私は貧しくないのです」

聖者はおパゲーヌスのことばを聞いて笑い、こう言った。「それなら、あなたの宝物を、かれらに受け取らせてみたらいい! かれらはブロガーというものを疑っている。われわれが贈物をするためにモノを書くなどとは、彼らは信じない。彼らはきっと尋ねるだろう。『ハンパ者め!なにをぬかすのか』と。


人間たちのところへ行きなさるな。森の中にとどまるがいい! なぜあなたはわしのように、熊の中の一頭の熊、鳥の中の一羽の鳥であろうとはしないのか?」





「それにしても聖者は、森のなかで何をしておられるのです?」とおパゲーヌスはたずねた。

聖者は答えた。「わしは歌をつくって、それを歌う。歌を歌う時、わしは笑い、泣き、唸り、こうしてわしはわしの神である芸術を讃えるのだ。

ところで、あなたはわれわれになんの贈物をしてくれるのかね?」


この言葉を聞いた時、おパゲーヌスは聖者に一礼して言った。「あなたに差し上げるような何物があるでしょう! 今はあなたから何物も取らないように、わたしをさっそく立ち去らせてください!」

こうしてこの老人と青年とは、さながらふたりの少年が笑うように笑いながら、別れたのであった。


----


しかしおパゲーヌスがひとりになったとき、かれは自分の心に向かってこう言った。

「いやはや、とんでもないことだ! この老いた聖者は、森の中にいて、まだ何も聞いていないのだ。神が死んだということを」













------------




ぶっはーーーー!!



疲れたw なにやってんだ自分www



「失われた何か」のおはぎさん(←自分がブログを始める直接的な契機となった師匠である)からの命令で、

1周年記念に「宣戦布告!!全てのアニメブロガーよ我にひざまづけ」のタイトルで記事を書きなさい


と命令されたので、死ぬ気で書きました。書いたと言うか、分かる人は分かると思いますが、某文学作品のパロディですがwww




ということなのでみなさん、


この記事のタイトルも、本文も、ぜーーんぶ、ただのネタですから!!!



今後も先輩ブロガーの皆さまの胸を借りながら、そして読者の皆様の熱いご支援に支えられながら、あくまで謙虚に、あくまで平和的に、細々と地道にブログ活動を続けてまいる所存でございます。



明日、ちゃんとした記事を投稿しますんで、このネタ記事は全力でスルーしてください。じゃないと死にます、ええ死んでやりますとも!!





にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえると嬉しいです^^


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2010年06月23日 02:20
( ・∀・)ニヤニヤ





(・∀・)ニヤニヤ


ブログ開設一周年おめでとうございますw
2010年06月26日 16:51
こんにちは!一周年おめでとうございます。
ここでツァラトゥストラとは…。いや面白かったですけど。
おパゲーヌス
2010年06月26日 17:12
くそう、恥ずかしいのに、なんで二人ともコッチに反応するんですかw

でもどうもありがとうございます。ブログ界のツァラトゥストラなんてこれっぽっちも目指してないので、今後も暖かくお付き合いください^^

この記事へのトラックバック