帰って来ました

今日(28日)の朝、無事に日本へ帰ってきましたー。



楽しかったですよ! インドネシアww


正直、1週間もアニメとブログから離れるのは苦痛だったんですが(前にもっと長期の旅行行ってた時は、ブログやってなかったので^^)、行く前は嫌だ嫌だと思っていても、さすがに外の知らない世界と触れ合えるというのは素晴らしく刺激的で、アニメのことなんてすっかり忘れて楽しんでいましたwww



あまり詳しくは書きませんが、有名な観光地であるバリ島にはわずかしか滞在せず、ジャワ島東部のあまり外国人観光客が行かないような地域を主に回ったのが、面白かったですね。バリやスラバヤはまだしも、高原都市マランの周辺から遺跡やら火山口を観に行ったり、ジャワ東端のバニュワンギからフェリーでバリに渡ったりした日本人は、なかなかいないんじゃないかと思います。


いちおう写真。

↓10世紀頃の寺院跡らしい
画像



↓野生のチンパンジー
画像


↓ココナツジュースに挑戦。
画像

不味かった!w どうやらバリ島で海際のココナツだかららしい。もっと内陸部で飲めば美味しいらしいです。


↓バティック(ジャワ更紗)の工房。
画像

これは機織りしてますが、布地に蝋で色を付けて行きます。そこは動画で撮ったので、写真は無しw


----


いちおう発展途上国と呼ばれる地域への渡航経験は何度かありますが、インドネシアもなかなかに興味深い国でした。ろくに勉強もせずに行ったのが悔やまれますね。


とくに面白かったのが、各所で日本の気質に近い風土や風俗を感じさせた点。日本の文化の源流は確かに東南アジアに通じるものがあるなぁと思わせる風景を、各所で感じることができました。ただそれでも、日本には東南アジア的な要素とはまるで異なる要素が同時に混在しているのが面白いのですが、それはまた別の話w

しかし段々に連なる水田と、ヤシやバナナの木の向こうに、派手だが神秘的な調和を見せるモスクが点在している風景なんか、とても痺れる光景でしたね。ジャワのインドっぽい伝統的な工匠も良いですが、イスラーム文化の美しさは人類が到達した芸術のひとつの頂点だと、これはウズベキスタンへ行って痛感しました。ジャワ島ではいまでもあちこちにモスクが建っていて、実際に使われたり、どんどん新しく改修されたりしているのが、とても興味深かったです。


----


それから、熱帯地域ということでどんだけ熱いんだと覚悟していましたが、今あっちは乾季ということもあって、日本より余程過ごしやすかったですw というか、一年を通して気温がほとんど変わらなくて、それが20度後半あたりで落ち着いているんだから、夏の日本よりずっと涼しいわけでして。


しかもこの気候だと、1年で4回もお米が収穫できるらしいwww こんな良い風土に生活してたら、そりゃあのんびりニコニコした性格にもなるよなぁ。古代、四大文明はすべて、人が手を加えなければならない土地に誕生しましたが、これだけ自然の恩恵を受ける土地に住んでいたら文明とか国家とかどうでも良いと思っていたに違いないと、古代のインドネシア人の暮らしぶりを想像してみたりするのでした。


----


あと驚いたのはトイレ事情。インドネシアは水が豊富で、トイレにはいつもたっぷりと水が溜めてあって、簡易水洗便座の中はもちろん、その周辺まで常に水洗いされていました。なので、ほとんどのトイレで臭さはまったく感じることなく、足元が水で濡れるのさえ気を付ければ、非常に快適にトイレに入ることができましたね。まぁ女性はまだ大変な面はあるかもしれないけど。あとたいてい、トイレの前には掃除おじさんがいて、1000ルピア(10円)程度のチップを払って入りました。掃除員のいないトイレはあまり見なかったので、お金を払いたくない人は草むらでするのかも?w 観光客のほとんどいない地域でも(現地人の利用するガススタンドのトイレとかでも)そんな感じでした。


ちょっと汚い話ですが、今回の旅行ではちょっと便秘になりました。海外で便秘に見舞われるとはちょっと思ってなくて(下痢なら分かるけど)、慣れたつもりでもまだまだ緊張しながら旅行してるのだなぁと実感。だって、帰りの飛行機でほぼ日本の領海の上に差し掛かった途端、お腹が緩むんだからw 高度1万メートルで国境を見極めるおれの大腸はすげぇと思った。飛行機の中はトイレも混んでたので屁を必至に我慢しながら(それでも時々すかしっ屁でしのぎながら)、成田空港に到着してすぐに、通常時の2~3倍の量を放出しましたよ。


----


まぁそんなこんなで、あとは個人での海外旅行に付き物の、それ自体はしごくありふれていながらしかし、旅行を唯一無二の思い出へと昇華させる類の様々なトラブルに見舞われつつ、無事に日本に帰って来ることができました。基本的には大変面白くて大満足の旅行でしたが、ケチャとコモドドラゴンだけが見たくても見れなかったので、そのためにもう一回渡航したいくらいww あと、スラバヤに行ったり、あるいはジャワ-バリ間を船で移動したりすると、無性に大航海時代オンラインがプレイしたくなったりとかねw 


もしまたチャンスがあれば、インドネシアのもっといろんな地域を見て回りたいですね。あるいはやはり海外旅行って面白いものだと再認識できたので、もっともっと、他の国へも行ってみたいと思える旅行になりました。また機会があれば、ブログの更新サボって行ってくるかもしれませんw が、とりあえずはまずは溜まった1週間分のアニメを消化しながら、ブログの更新をまた頑張っていきたいと思います。




ではでは、またアニメ感想のほうもよろしくお願いいたします。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

F・C・P
2010年07月29日 20:12
お帰りなさい!

ブログの更新が一週間無かったのは寂しかったですが、おパゲーヌスさんが楽しそうでなによりですw

あと、アニメの感想はそんなに急いで書かなくても大丈夫ですよ。自分のペースで頑張って下さい!
2010年07月29日 20:57
 なんだ、結局、記事書いてるじゃないかw

 改めまして、おかえりなさませ。

 文面からすごくインドネシアで充実してきたように思えます。
 日本らしい風土、というのは日本にいては感じることが出来ません。
 海外は行ったことがないので(あるけど記憶にない)、こうして各地独特の雰囲気を感じてみたいと思っています。
 旅行にはどれくらいの費用が掛かったのか知りたいですね。
 これからも旅行の記事を書くときは費用とか時間とかも書いてくれると、もっと楽しさや感じたことを分かりやすく伝わるかと思います。

 気候が不安定な時期ですから、体調を崩されないようお気をつけください。
おパゲーヌス
2010年07月30日 01:06
>F・C・Pさん
どうもありがとうございます! 寂しいとか言われると照れくさくなってしまいますが、嬉しいです。またよろしくお願いしますね。

撮りためた分の感想は、今週放送分とセットで言及することになりそうです。その回にもよりますが。でもまずは見ないことには始まらないので、なんとか時間をこじ開けて追いつきます。

>サイとさん
こ、これくらい、いいじゃないw

そうですね、日本らしいという感覚は日本では分からない。サイとさんにはとくに、ぜひ海外で見聞を広めて欲しいと個人的には思ってます。

費用は、ほとんどが航空チケットとお土産代に消えましたね。インドネシアなんかは物価が安いほうなので、ヨーロッパとかに行くよりはだいぶ融通がきく範囲でしょう。それでも、決して安い金額で済むわけにはいきませんが。今回は親と行ったのでけっこう甘えられた^^
旅行の記事は本腰入れるとたいへん面倒なので、時間が無いとできませんね。たった1週間、それもたいして興味の無い地域に行っただけでも、書くことがありすぎてどうしようもなくなりますから、今回のはあくまで報告です。機会があれば、もっと興味深い旅行記が書けるようにしてみますね。

この記事へのトラックバック