アマガミSS 森島はるか編 最終章「レンアイ」

旅行中で観れなかった分。第5話(新章)がもうじき始まりますが、書くだけ書いておきます。



で、、、


超展開すぎるだろーーーー!!ww



いや、どうせみんな書いてることだろうから(まだ読んでないけど)、いまさら自分がどうこう書くべきものでもないですけどね。あまりに大笑いしたんで、その感動だけでも記しておきたくなったwww


いや、しかしこれで非常に納得というか、この強引さが、短編集のオムニバス形式であるにも関わらず主人公が一人だけっていう無茶な注文に、完璧に応えうる回答だと思ったね。馬鹿みたいな作劇だけど、馬鹿に成り切ってアニメーション化してしまったことに、感服させられた。ごちゃごちゃ考えてんじゃねぇ! これでいいのだ! と、制作者から頭ごなしに言いくるめられてしまった感じだ。見事、見事!w




いちおう考察っぽいことを書いておくと、この「森島はるか編」と銘打たれた一連のエピソードは、シリーズ全体の外観を視聴者に分かりやすく提示しなければならないものだった。その意味において、恋愛ドラマとしての感動や感慨を投げ捨ててまで、まずは全力で「アマガミSS」という列車の通る軌道を敷きつめていったと言える。子供らしい夢見心地のハッピーエンドで強引にまとめたのはエンターテイメントとしては大失敗だったが、後に続く珠玉のドラマのために、森島先輩がその身を投げうって犠牲になってくれたと言っても過言ではない。


またそれに耐えうる唯一のヒロインでもあっただろう。彼女の強烈な個性(とくに悪い意味での電波体質)が、この難事業の一番槍としての役割に完璧に符合した。彼女の無茶苦茶な強引さがあったからこそ、「アマガミSS」という作品はその最初の一歩を踏み出すことができたのは間違いあるまい。彼女でなければ、出会いから恋愛成就までのドラマをたった4話に凝縮し、その中で十二分なエンターテイメント性を提供しつつ、一度ゴールインを果たしたらまたふりだしに戻るという制作上の要請を視聴者に提示する、などという無理難題を実行して見せるなど、到底不可能であった。それを森島はるかというヒロインは、いともたやすく、バリバリの違和感を飛び越えてしまう強引さで突っ走って見せた。ハンニバルのアルプス越えに匹敵する大胆な戦略性と、それを実現する骨太のキャラクター性が、森島はるかには備わっていた。なんという爽快な怪人物であったことか!




恋愛ドラマという視点で見るには、笑えるほど突っ込みどころの多い二人の関係性には、ヒロインの特異な性質が大いに発揮されている。橘くんは彼なりに努力はして見せたが、すくなくともこの4話分のドラマにおいては、彼は完全に女性に振り回されていた赤子であった。この二人の関係にあっては、通常の恋愛以上に、理屈に合った感情の推移を洞察するなど無益なことである。恋の理不尽さを全身で体現してしまった森島先輩はさながら、周囲の空間を破壊的に捻じ曲げて成長を続けるブラックホールのようなものだ。彼女の重力圏に捉われてしまったら、どんなに自分の航路を辿ろうとしてみたところで、彼女を中心にぐるぐるぐるぐると回り続けながら結局は、大きく口をあけた落とし穴の中に墜落してしまう。橘くんの言動にはそうした酩酊と陶酔で満ち満ちているが、我々でさえもその重力の網に捉われてしまってはいないだろうか。少なくとも私はどうやら、彼女の毒にあてられて酔いが回ってきたようだ。


残念ながら森島はるかのエピソードはこれで終結と相成ってしまったが、彼女の残した強烈なインパクトは、今後もずっと残り続けるだろう。そうして我々は、森島先輩だけでなく「アマガミSS」という作品そのものが有する重力の罠に取り込まれ、墜ちて行ってしまうことになりかねない。だが、それもよかろう。最高の迷スタートを切って見せた森島はるか編の後を受けて、まずは棚町薫がどう立ちまわって見せるか。大いに期待したい。




----


それでは、今回は以上です。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえると嬉しいです^^






アマガミSS 1 森島はるか 上巻 [DVD]
ポニーキャニオン

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アマガミSS 1 森島はるか 上巻 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック