みつどもえ 第1話「丸井家!良い子 悪い子 恐ろしい子!!」

ハラガイタイ!!!



いや、こんなに笑ったのは久々だw とんでもない作品が始まりましたね。


ギャグアニメとしての質は非常に高かったし、それをささえる作画・演出は見事の一言。冒頭の乱闘といい、中盤の股間攻撃といい、映像も作劇もじつに濃密で面白かった。映像そんなに頑張らなくても十分面白くなるだろうに、こうやって作画頑張ってるというのはそれだけで好感度大。この映像クオリティが、コントの魅力を数倍に引き立てている。


それにしても今作の強みはやはり、セリフよりも動きで笑わせられる部分だろうな。とくに矢部の股間を狙ってくる三人とのやり取りはコントとして傑作で、もっと長い尺で走りまわらせて欲しかったと思うくらい。もちろんセリフで笑わせるシーンもなくはないのだけれど、まずコントありきというスタンスだろう。こういう作品で、下野紘は水を得た魚のような活躍を見せるなぁw


それと注目すべきは劇伴の使い方か。サブタイ入れるところもそうだけど、ハムスターのチクビをめぐるクラス会議の一幕は、セリフの掛け合いも巧かったがやはりBGMの効果が決定的に大きい。名前がチクビでさえなければ泣けるほど感動的な演出で、それが無駄に壮大なギャップを生んで笑いを取る。見事だったなぁ。




キャラクター的には、今回は主要5人を見せておこうという段階。構図としてはまんま「はなまる幼稚園」なのだけど、今作の場合は5人の周囲をうろちょろしているたくさんのキャラクターが活躍してくれそうで、よりドタバタコントっぽい布陣のようで、期待大。個人的には、斎藤桃子の出番が多そうなのがポイント高い。


これは文句なしに視聴継続。最速局から数日のブランクがあるのが厄介だけど、感想はたぶん、簡易版で書いて行きます。とりあえず今期もいよいよ、脂乗ってきた感じで楽しくなってきた!



----


それでは、今回は以上です。



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえると嬉しいです^^

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック