生徒会役員共 第6話

とてつもない神回の予感!! ……と思ったら、わりといつも通りだったw




・トリプルブッキングって誰だ!?


CMなんだか本編なんだか分からない、しかもわりと本気モードで作られてるトリプルブッキングのネタ映像から入った今回。


自分はこういう、突拍子もないおふざけ回が大好きで、だから今回はまじで神回認定しようとさえ思ったんだけどな。ちょっと長めに尺をとったアバンタイトルの中だけのものだった。残念。


んで、トリプルブッキングって誰!? とCMでも自らネタにしているが、本当に誰なのだろうww ウィキで見てみたら、同じ原作者の別作品に登場するキャラクターとのことだけど、ということはアバンのアニメーション(とくに初主演映画とその主題歌のCM)は、漫画家のファンからしたら感涙モノだったんじゃないか? 本編より遥かに気合いが入っててカッコよかったし。あるいはその後の怪談バラエティ番組も演出が秀逸で良かった。これだけ遊び心溢れるアニメーションを、もっと本編でも見せて欲しいなぁ。


それにしても無毛超人パイパーン3は噴いたw 下品すぎるだろwww しかもこのアニメ、毛が無いのはきっと男キャラ。まさに誰得。




・本編は相変わらず


相変わらず寒い。寒いけど面白い。やっと楽しみ方が分かってきたなぁ。それにネタの幅もどんどん広がっていって、客観的にもギャグアニメとしての質は上がっている印象だ。というか、生徒会メンバー同士のやりとりがつまらないんだと思うw


笑いの面で言えば畑ランコが出てくると俄然面白くなるし、ラブコメ的には津田と同級生の女子(スズやムツミ)がちょっといい感じ。あるいは生徒会メンバーの描写でも、下ネタ以外の面(修学旅行や海水浴などのイベントに胸を躍らせるシノ会長、とか)がちゃんと描かれると、キャラの良さがきちんと発揮されてすごく面白いし、アニメーションも全然、工夫が違う。ツボを抑えた描写や遊び心のあるデフォルメ表現、ちょっと凝った演出などが見れて非常に見応えがある。そういうシーンが増えたので、作品としてはどんどん脂がのってきている感じ。


それに加えて、思わぬところで思わぬ発想を見せてくれるのが、このアニメの素晴らしいところ。グラビア映像のスライドショーとか^^ 映像演出上の発想力の面白さも見事だし、あるいは声優にヘンな演技をさせるのも巧いというか、面白いことをするなぁ。


この豊かな発想力を存分に発揮してくれることを、今後も楽しみにしておきたい。原作ネタに縛られているような作り方が少しもどかしいが、その合間合間での遊び方をわきまえてきた気がするから、後半戦はもっと楽しませてくれそうだ。




----


それでは、今回は以上です。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえると嬉しいです^^



↓↓↓ブロガー向け アンケート企画実施中↓↓↓

企画の詳細はこちら
※投票の際、コメント欄のほうに任意でブログ名等を入れて頂けると、より参考になって助かります

↓今期アニメで感想の書きやすい作品はどれ?






↓今期アニメで感想の難しい作品はどれ?




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック